CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「流れ星におねがい」森絵都 | main | マイケル・ジャクソン THIS IS IT >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「ダブル・ジョーカー」柳広司
柳 広司
角川書店(角川グループパブリッシング)
(2009-08-25)

JUGEMテーマ:読書


結城中佐率いる“D機関”の暗躍の陰で、もう一つの秘密諜報組織“風機関”が設立された。だが、同じカードは二枚も要らない。どちらかがスペアだ。D機関の追い落としを謀る風機関に対して、結城中佐が放った驚愕の一手とは―。表題作「ダブル・ジョーカー」ほか、“魔術師”のコードネームで伝説となったスパイ時代の結城を描く「柩」など、5編を収録。吉川英治文学新人賞&日本推理作家協会賞W受賞の超話題作『ジョーカー・ゲーム』シリーズ第2弾、早くも登場。

「ジョーカー・ゲーム」の続編。長い事図書館の予約待ちしてました。今回も面白い!

前回同様、スパイになるための訓練が面白いです。スリからスリの手口を教わったり、ジゴロを捕まえてきて女の落とし方をならったり。スパイとして他国に潜入している時には退路は常に二つ。アスピリンを床にわざと落としておいたり、書類の上にタルカムパウダーを撒いておいたりと侵入者への対策。常に目立たぬよう「薄い印象」でいるために死んだ後の方が存在感がある事など。へぇ〜って思うことが沢山ありました。

続編はあるのかしら。最後の物語で真珠湾攻撃のニュースが入ってきます。そしてスパイはもう必要とされないというような事が書かれてました。もっと読みたいなぁ。

「ダブル・ジョーカー」
大日本帝国陸軍内の新たな諜報機関、風戸率いる通称・風機関が作られた。「ダブル・ジョーカーはいらない」そんな風に言われた風戸。どちらかは不要だということだ。元英国大使館員だった男を監視するという任務を風機関、D機関それぞれが任された。食うか食われるかの争い…

風戸のエリート意識丸出しの「軍人」的な行動が最初から気になるのですが、やっぱり裏目に出るのです。旅館の女中にさえ見破られてしまうのですから、本当に情けないです。

「蠅の王」
陸軍軍医の脇坂はモスクワのスパイ。スパイ・ハンターが慰問団の中に紛れ込んでいるとの情報が届いた。暗号名「笑わぬ男」は誰なのか、その正体を突き止めようとする脇坂。

漫才を聞きながら、笑わない男を捜す脇坂。自分を捕まえようとするスパイ・ハンターは誰なのか?脇坂が考え出したモスクワとの連絡方法。そこら辺からばれてしまった訳ですね。

「仏印作戦」
フランス領インドシナこと仏印のハノイに派遣された通信士・高林の仕事は陸軍が描いた日本語の通信文を暗号電文にかえ、それを仏印の郵便電信局に持って行き仏印の施設を使って日本に送る。郵便電信局に届いた日本からの暗号電文を持ち帰り、日本語に直す事。ハイチに来て1ヶ月、ダンスホールからの帰り道に何者かに襲われた。その時たまたま襲った相手を尾行していた永瀬という男が助けてくれた。永瀬は通常の暗号を打電した後に極秘暗号を打電して欲しいと言う。

暗号電文だとしても、仏印の施設を使って暗号を送り暗号を受けるなんて…大胆というのかしら。大馬鹿ですよね。襲われた高林がハッと気がつく瞬間にドキリとしました。

「柩」
ベルリン郊外で起きた列車事故を見ていた野次馬の中にスパイが持っているマッチを持っていた男がいた。その男は事故の外国人犠牲者真木から奪ったものだという。ヴォルフ大佐は部下を集め、真木の住居を家宅捜索した。一見何もないように見える真木の住居だが色々なところに侵入者の形跡が残るような仕掛けがしてあった。ヴォルフ大佐のは22年前の大戦の時であった日本のスパイ“魔術師”を思い出した。

魔術師と呼ばれた結城の若い頃の物語。やっぱり結城は只者ではないんですね。

「ブラックバード」
アメリカ西海岸のロサンゼルス。バードウォッチングを楽しむ日本人・仲根が目撃した出来事。そして仲根は地元警察官に「怪しい」と捕まってしまう。地元有力者である義父が来てくれたおかげで釈放された仲根。彼はD機関の人間で今回はダブル・カバー(二重経歴)を持ちアメリカ西海岸を任された。そして普段は決して行われないスパイ同士の接触、東海岸の情報担当官との意見交換をする事が仕事の一つだった。その男は仲根の腹違いの兄だった。その偶然が…

バードウォッチングが何を意味するのか、兄である蓮水が持って来た情報は仲根が組織した日系人情報網の中にモグラ(ダブルスパイ)がいると言う事。前半部分のバードウォッチングはそういうことだったのかってわかった時にはワクワクしました。
| 本:や行(その他の作家) | 21:29 | comments(4) | trackbacks(5) |
スポンサーサイト
| - | 21:29 | - | - |
コメント
こんばんは。

予約待ちすごいですよね。私も昨日ようやく順番が回ってきて、近いうちに取りに行く予定です。
だからななさんの感想も今は薄目でしか見られません^^;
読んだら感想TBさせてくださいね。
| croco | 2010/03/01 1:46 AM |
crocoさん、こんばんは。
crocoさんのところでも長い予約待ちなんですね。

面白かったです。
時々続編ってあれ?って事がありますが
そんな事は全然ないんです。

楽しんでくださいね♪
| なな | 2010/03/01 8:32 PM |
ブラックバードの最後の展開がよく分かりません
仲根に真珠湾攻撃の連絡が来なかったのは何故?
蓮水の身に何が?
仲根が気付いた自分のミスとは?
結城中佐の思惑は?


とにかく、どなたかブラックバードについて詳しく解説していただけませんか?
| キノコ | 2010/12/23 5:11 PM |
キノコさん、おはようございます。
ごめんなさい…うろ覚えです。
| なな | 2010/12/27 7:11 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/2021
トラックバック
『ダブル・ジョーカー』柳広司
スパイ達の暗躍を描く、シリーズ第二弾。 ダブル・ジョーカー(2009/08/25)柳 広司商品詳細を見る 前作『ジョーカー・ゲーム』の感想はこちら。 ...
| crococorc | 2010/03/11 5:39 PM |
スパイ小説 第2弾
小説「ダブル・ジョーカー」を読みました。 著書は 柳 広司 「ジョーカー・ゲーム」の第2弾 とはいえ 前作を見てなくても大丈夫かと スパイ話の5つの短編 基本は「ジョーカー・ゲーム」と同じ構成で とはいえ 今回は他の視点からの D機関スパイの活躍 どの話もそ
| 笑う学生の生活 | 2011/02/23 8:47 PM |
柳広司『ダブル・ジョーカー』
ダブル・ジョーカー柳 広司角川書店(角川グループパブリッシング) 今回は、柳広司『ダブル・ジョーカー』を紹介します。前作の『ジョーカー・ゲーム』の続編になるのかな。前作を読まなくても、本作品は楽しめるのではないですかね。最後の章以外は他の人から見たD機関
| itchy1976の日記 | 2011/06/07 8:11 PM |
「ダブル・ジョーカー」柳広司
「ダブル・ジョーカー」は「ジョーカー・ゲーム」の続編。 日本のスパイが世界各国で活躍する。    【送料無料】ダブル・ジョーカー価格:1,575円(税込、送料別) 日本に誕生した、スパイ養成組織。それがD機関。 本作品では、ライバルの「風機関」誕生から真珠湾
| りゅうちゃん別館 | 2011/09/16 5:31 PM |
「ダブル・ジョーカー」 柳 広司
旧日本陸軍のスパイ養成所・D機関を舞台にした「ジョーカー・ゲーム」の続編「ダブル・ジョーカー」今回もまた、手に汗握る展開にワクワクしながら読んでいました。いよいよ大戦の影が近づく昭和10年代の世界を舞台に、D機関のメンバーたちが活躍します。 「ダブル・
| 日々の書付 | 2012/09/19 11:35 PM |