CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 崖の上のポニョ | main | 「かのこちゃんとマドレーヌ夫人」万城目学 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「LIFE なんでもない日、おめでとう!のごはん。」飯島奈美
飯島 奈美,重松 清,谷川 俊太郎,よしもとばなな,糸井 重里
東京糸井重里事務所
(2009-03-12)

JUGEMテーマ:読書


「かもめ食堂」のフードスタイリスト飯島奈美がおくる、ほんとうにおいしい22のレシピ。

アマゾンの飯島さんの経歴に「パスコの「パスコの「超熟」、味の素の「ほんだし」、 日清食品「チキンラーメン」のCMなど、 広告を中心に活動をつづけるかたわら、2005年の映画『かもめ食堂』への参加をきっかけに『東京タワー~オカンとボクと、時々、オトン~』、 『めがね』など映画の料理も手がけている。」とありました。いまさらながらにちょっと前の「超熟」のCMが「かもめ食堂」ぽかった意味がわかりました。

「LIFE2」の方を先に読んで(見て…というのかしらね)いたのですが、こっちの方が断然いい!なんてったって作りたい料理がいっぱい載ってます。

まずは「おとうさんのナポリタン」です。大学街の喫茶店で食べた懐かしい味を、おとうさんになった主人公が、子どもたちに食べさせるために作る。そんなシチュエーションを想定したそうです。茹で上がったスペゲッティーをわざとザルにあげて置いてのばしてしまうだなんて、面白いです。夫に作ってもらおうかしら。

後は豚汁の豚肉を厚切りバラ肉にするところが素晴らしいと思った。
出てくる料理は
・ナポリタン
・バタートーストとハムエッグ
・おいなりさん
・からあげ
・ホットケーキ
・サンドイッチ
・ハンバーグ
・ミートソース
・カレー
・プリン
・しょうが焼き
・オムライス
・てんぷら
・おはぎ
・おむすび
・サバ味噌
・炊き込みごはん
・ロールキャベツ
・豚汁
・グラタン
・親子丼

エッセイは
「ホットケーキと私」谷川俊太郎
理想のホットケーキに出会ったことがないという谷川さんのエッセイ。蜂蜜をかけるのは邪道。果実のジャムを用いるなどは論外と言い切る谷川さん、流石です。ホットケーキが食べたくなります。

「カレーライスとカルマ」よしもとばなな
近所のこだわりのインドカレー屋さんのマスターが亡くなることが続いた話。なんともよしもとさんらしい!

「おはぎ守りとして。」糸井重里
この世に残しておきたい食べ物を、残しておくべき順番にあげろと言われたら、定番の物は誰かがあげているだろうから…おはぎをあげたい。

おはぎねぇ。そうか。私のおばあちゃんのおはぎはものすごく大きくて、小食だった子どもの頃の私にはとても苦手な食べ物でした。

「ロールキャベツ」重松清
お袋の味はロールキャベツだったという重松さんが、大人になり帰省した時に食べるロールキャべツ。

エッセイでもやっぱり重松さんはシミジミするんだなぁ。
| 本:その他(料理の本) | 21:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 21:32 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/2020
トラックバック