CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「トワイライト 2」ステファニー・メイヤー | main | 崖の上のポニョ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「つくも神さん、お茶ください」畠中恵
JUGEMテーマ:読書


戯作者の日々、是好日なり!人生初のエッセイ、日本ファンタジーノベル大賞優秀賞“受賞の言葉”。愛する本や映画、音楽のこと。お江戸散歩に中国爆食珍道中。修業時代の苦労話、亡き師匠の思い出、創作秘話。あっと驚く意外な趣味。さらに、ここでしか読めないスペシャル書き下ろし随筆を5編収録。

一番最初に第13回ファンタジーノベル大賞受賞の言葉が書いてあります。「小説新潮」2001年9月号だそう。私の初畠中さんは「とっても不幸な幸運」でそれから「しゃばけ」シリーズを文庫が出たら読むって決めて(意味はないけどなんとなく)ポツポツ読んでいます。

漫画家を目指し、漫画家アシスタント、書店員、漫画家に。都筑道夫の小説講座に通って作家を目指し作家さんになった。40歳を過ぎてからのデビューだったと書いてありました。

江戸言葉で語られていたりして、なんとも畠中さんらしいエッセイでした。

一番面白かったのは「孔子の故郷・曲阜で孔府宴と西太后の朝食を喰らう」です。中国爆食ツアーに参加した時の事が書かれているのですが、孔子の子孫、孔家に伝わる宴席料理「孔府宴」と「西太后の朝食」を食べる全部で百二十品目以上の料理が夜・朝・夜と3回の食事で出されるというもの。すごいです。出席者は食べて呑んで、その合間に屋台に出かけてさらに食べて呑んで。美味しいんでしょうね。読んでいるだけでおなかいっぱいでした。
| 本:は行(畠中恵) | 21:11 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 21:11 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/2018
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2014/08/06 5:05 PM |