CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「LIFE なんでもない日、おめでとう!のごはん。」飯島奈美 | main | ビヨンドtheシー 夢見るように歌えば >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「かのこちゃんとマドレーヌ夫人」万城目学
JUGEMテーマ:読書


かのこちゃんは小学一年生の元気な女の子。マドレーヌ夫人は外国語を話す優雅な猫。その毎日は、思いがけない出来事の連続で、不思議や驚きに充ち満ちている。

なんだかとても素敵な物語でした。

小学1年生のかのこちゃんと、彼女の家で暮らすアカトラの猫・マドレーヌ夫人、二人の視点で語られる物語。猫のマドレーヌ夫人はあるゲリラ雷雨の日ふらりとかのこちゃんの家に舞い込み、飼い犬の玄三郎と“夫婦”になり、一家の世話にります。かのこちゃんが小学校に入学し、季節は巡って夏休みを迎え、やがて“ふんけーの友”と認め合ったかけがえのない友人や犬の玄三郎、マドレーヌ夫人との関係にも変化が…。
外国語を話すマドレーヌ夫人。外国語って何語?って思ったらネコにとっての外国語は他の動物、ここでは犬の言葉を理解するってことなんです。でも、マドレーヌ夫人が理解できるのは夫の玄三郎の言葉だけ。

指しゃぶりがやめられなかったかのこちゃんですが、マドレーヌ夫人に指のにおいをかがせたところ「ふげ」と声をあげのけぞったあと、親指に噛み付いた。そしてかのこちゃんの頭の中でなにかが「ポコン」と音を立てるのです。お父さんがいっていた「知恵が啓かれた」瞬間だったしく、それからのかのこちゃんの好奇心は外へと向けられた。かのこちゃんは難しい言葉でヘンな響きを持つものが好きなのです。「やおら」や「とかく」などなど。そしてお父さんに教えてもらった「フンケー(刎頚)の友」すずちゃんと小学校で出会うのです。このすずちゃん、最初に見たときには机に肘を突いて両方の親指を鼻に突っ込み残りの手をヒラヒラとさせているような変わり者。(思わずやってみちゃいました!)

でんきがかりのかのこちゃんに「人間に電気が流れたらどうなるか、知ってるか?」ってきいたまつもとこうた。答えに困るかのこちゃん。そこにすずちゃんの一声「ビリビリって音がして、骨が見えるのよ」と。下校時に電気がビリビリ流れたようすをやってみるまつもとこうたとかのこちゃんが実に小学生らしくて、想像してはニヤニヤ。

友達になりたいと思うかのこちゃんですが、なぜかすずちゃんからは避けられている。ところが、トイレにまつわるあることをきっかけに仲良くなるのです。このあることが実に小学生らしくてくだらなくて笑える。お茶会をしようと、かのこちゃんの家のお祖母ちゃんの茶室で「ござる」をつけた言葉で会話するかのこちゃんとすずちゃん。本当にかわいらしい。

マドレーヌ夫人と玄三郎の夫婦は実に素敵です。雷が苦手なのに、マドレーヌ夫人に犬小屋を譲り自分は雨に打たれたり。玄三郎がいよいよって時の二人の会話は本当に素敵です。

玄三郎は年を取っているのでドッグフードが食べにくい。それでもその味が好きだ。忘れられないのは肉の赤身だという話をマドレーヌにする。そして猫又の話を聞いたマドレーヌが昼寝から目が覚めると自分の尻尾が二またに分かれている。その後、プールの話や夏祭りの話はかのこちゃん、マドレーヌ二人の視点で同じものを見ることが出来て楽しかったです。

かのこちゃんが学校で名前の由来を聞いてきなさいといわれます(うちの子供たちは2年生でそんな授業があります)お父さんに聞いてみると、じつは…え〜〜〜!お父さんったらあの人なの?!?!って驚きます。そういえば、彼あの本のときに一度も名前が出てきてなかったよなぁ。
| 本:ま行(万城目学) | 20:51 | comments(4) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | 20:51 | - | - |
コメント
ななさん、こんにちは!
とっても素敵なお話でしたね〜。
そうそう、かのこちゃんのお父さんってやっぱりあの人ですよね、、。
なんだかそれがすっごくうれしくて、わかった瞬間テンション上がりました。
万城目さんのご本、大好きです。
| 真紅 | 2010/03/11 10:08 PM |
真紅さん、こんばんは。

すごく素敵な空気の流れる本でした。
お父さん、あの人ですよね。
うわ〜父親になったのか〜と
音信不通だった知り合いに
会ったような気になりましたね。
| なな | 2010/03/13 8:53 PM |
こんばんわ^^
とっても素敵でした!
かのこちゃんもマドレーヌ夫人もとても素敵。
癒されました〜。
久しぶりに良い本を読んだ〜って言う気持ちになりました^^
かのこちゃんのお父さんはビックリでした。
あの人ですよね。
由来を聞いたときに目を見開いてしまいました^^
| 苗坊 | 2010/05/13 9:17 PM |
苗坊さん、こんにちは。

本当に素敵な物語でしたよね。
後々まで余韻が残る、忘れられない本になりました。

かのこちゃんのお父さん!彼ですよね〜
| なな | 2010/05/15 11:30 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/2017
トラックバック
乳歯と永久歯のあいだ〜『かのこちゃんとマドレーヌ夫人』
 かのこちゃんは、小学一年生の女の子。マドレーヌ夫人は、外国語=犬の言葉 を話すアカトラの猫。夏祭りが終わるまでの、出会いと別れの...
| 真紅のthinkingdays | 2010/03/11 10:04 PM |
かのこちゃんとマドレーヌ夫人 万城目学
かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (ちくまプリマー新書)クチコミを見る オススメ! かのこちゃんは小学一年生の元気な女の子。マドレーヌ夫人は外国語を話す優雅な猫。その毎日は、思いがけない出来事の連続で、不思議や驚きに充ち満ちている。 この本好き!です。
| 苗坊の徒然日記 | 2010/05/13 9:03 PM |