CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「リテイク・シックスティーン」豊島ミホ | main | 「風待ちのひと」伊吹有喜 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
サイドウェイ
---
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
(2008-11-19)

JUGEMテーマ:映画


原題: SIDEWAYS
製作年度: 2004年
監督: アレクサンダー・ペイン
上映時間: 130分
出演: ポール・ジアマッティ, トーマス・ヘイデン・チャーチ, ヴァージニア・マドセン, サンドラ・オー

カリフォルニア州サンディエゴに住む、小説家志望の中年教師マイルスは、2年前の離婚のショックからいまだに立ち直れないでいる。ようやく書き上がった小説も、正式に出版されるか否か出版社の返事待ち状態だ。でも、そんなダメ男マイルスも、ことワインに関してはオタクといえるほどの深い知識と愛情を持っていた。マイルスには、大学時代からの悪友ジャックがいる。ジャックはだいぶ落ちぶれたとはいえ、かつてはテレビ・ドラマにレギュラー出演していた人気タレントで、それを武器に女性を口説き落とす名うてのプレイボーイ。恋愛には全く不器用なマイルスとは真逆の存在だ。ところが、そんなジャックもとうとう年貢の納め時、不動産屋の娘と結婚することになった。そこで二人は、ジャックの結婚とマイルスの小説の完成を祝して、結婚式前の1週間、ワイン・ツアーと洒落込むことにした。ワインやゴルフ三昧の気ままな男二人旅。マイルスは、人生の憂さをワインに夢中になることで紛らわせようとしている。そんなマイルスが旅の途中で出会う、ワイン好きの魅力的な女性マヤ。さまざまな事件を通して、旅はいつしかマイルスが自分自身を見つめ直す旅へと変わっていく。そして、人生のピークを過ぎたダメ男にも訪れる、ささやかな希望の光──。
生真面目なマイルスといい加減なジャック、二人の旅。最初からマイルスが大切に取っておいたスパークリングワインをポンとあけてしまうジャックと、この旅大丈夫なのかな?って不安になります。で、その不安は見事的中するのです。女の子とばかり考えているジャック。土曜日には結婚するというのに、ワイナリーの女性・ステファニーと意気投合しステファニーの娘にまで会い「これは運命だ」と言ってしまう。ステファニーに週末に結婚することがバレ、メットで顔を連打され鼻が折れるが、またもやレストランで女性をナンパし、女性の家から真っ裸でホテルに帰ってくるんだから。本当にどうしようもないです。

マイルスはいつも行くワイン・レストランのウエイトレス・マヤに気がありながらもなかなか一歩が踏み出せない。元妻のことを吹っ切れていなくて、ジャックに「今度結婚式に元妻が来るが、再婚をしている」といわれた時の情けない顔ったら!!!ジャックのかわりに人妻の家にお財布を取りに行くのも、鼻を怪我したジャックのいいわけにと車を壊されても「しかたないなぁ」って顔で付き合ってあげるんだから、本当にお人よしの生真面目な人です。

最後には婚約者が大切だと思い知るジャック。元妻が妊娠していることを知って、ちゃんとお別れをし、マヤからの手紙を受け取るマイルス。これからの二人の人生が素敵だといいなと思わせるラストでした。

去年、日本でリメイクした「サイドウェイズ」どうなんだろう???ジャックが全裸だったり、人妻の夫が全裸で走ってきたりしたけど、そういうのはないんだろうなぁ。

ステファニー役のサンドラ・オー、どこかでみたことがあるって思ってたら「トスカーナの休日」で主人公の友人役をやっている人でした。
| 見る:洋画(さ行) | 20:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 20:53 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/1997
トラックバック