CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「老人賭博」松尾スズキ | main | 「ちりかんすずらん」安達千夏 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「トワイライト」ステファニー・メイヤー
ステファニー メイヤー
ヴィレッジブックス
(2008-04-19)

ステファニー メイヤー
ヴィレッジブックス
(2008-04-19)

JUGEMテーマ:読書


「きみは自分のことがぜんぜん見えていない。きみはこれまで会った誰とも違うんだ」ハチミツ色の瞳、シルクのような声、彫刻のような横顔…雨と霧の街フォークスで出会った美少年エドワードは、他とは違う空気をまとっていた。なぜかベラだけをにらみつけ、避けようとするエドワード。そこには、彼にしかわからない秘密が隠されていた。土地に伝わる“冷人族”の伝説、狼を守り神とするインディアンの掟…。禁断の恋におちたベラとエドワードの切なく甘い運命が動きはじめる。

上巻を読んだのが12月。続きが気になって、気になって。やっと手元に届きました。映画化されているし、「究極のヴァンパイア・ロマンス」なんて書いてあるから美少年エドワードがヴァンパイアなんだって事は知っていて読み始めたのですが、上巻はベラと同じ空気を吸うのもイヤって態度のエドワードに惹かれるベラ。二人の関係がまどろっこしかったです。

母親の再婚を機に、父が暮らす雨が降ってばかりの小さな田舎町に引っ越すことになったベラ。緊張して学校に行ったベラがランチルームで見かけた美少年・美少女の集団。彼らは田舎町には似合わない美貌のカレン一家だった。エドワードとは理科の授業が一緒で、しかも席は隣同士。ベラが席に着いた途端に顔をゆがめ、ベラを避けるエドワード。でも、なぜかベラはエドワードの事が気になる。雪の日、危うく自動車の下敷きになるところを、異常な速さで助けてくれたエドワード。話しかけてくれたかと思ったら、次の瞬間には氷のようにつめたい顔をするエドワード。ベラはエドワードにどんどん惹かれていく。
運動神経が苦手なベラ。太陽がさんさんと輝くフェニックスから父親の住む雨と霧の町、フォークスに引っ越します。警察署長の父と二人暮らし。そんなベラが好きになるのがエドワード。美形の兄弟と暮らす彼はベラを避けるのですが、ある日ベラは車に轢かれそうになったところを間一髪エドワードに助けられる。でも、ベラの心には疑問がいっぱい「なぜあんなに離れたところにいたのに、一瞬のうちに私の所に来たの?」「エドワードより車のほうがへこんでいるのはなぜ?」

惹かれあいながらもなかなか近づけない二人。ベラが暴漢に襲われそうになった後、色々な事を語ります。そして二人で森の奥へハイキングに行って色々と語り合うのです。エドワードにとってベラのにおいはすごく魅力的だって事。大好きだから守らなければと思いながらもベラのにおいは吸血鬼のエドワードにとってはたまらないご馳走のにおい。本能に負けてしまうのではと戦っているのです。そこら辺のジレンマが面白いです。

ベラは初めて好きになった人がヴァンパイアであろうと、触れられれば幸せ。たとえ自分の命を奪われたってかまわない。そんな勢いです。

下巻の後半は二人のラブラブムードから一転、ベラを狩ろうとする狂暴なヴァンパイアからベラを守ろうとするカレン一家。ドキドキしながら読みました。

この先も楽しみ。
| 本:海外の作家 | 22:56 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:56 | - | - |
コメント
ななさ〜ん!!
私は「トワイライト」は映画から入って、いまやすっかりトワイライターです。(笑)
原作は第2章から入ったんですけど、映画と原作のベラではほんの少しキャラが違っていて(私の中ではですが)、ん?と思いましたが、いいですよね〜〜〜。
女子のハートを掴みまくっています。(笑)
| じゃじゃまま | 2010/02/02 10:11 PM |
じゃじゃままさん、こんばんは。
じゃじゃままさんは映画から入ったんですね。
私は映画(パート2かな?)の予告を見て気になったのです。
とりあえず、先に原作を読んでそれから映画を観たいなって思ってます。
甘くて甘くて、羨ましくなります。
私のハートもがっちり掴みまくってます(笑)
| なな | 2010/02/03 10:39 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック