CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「1Q84 BOOK 2」村上春樹 | main | 「やさぐれるには、まだ早い!」豊島ミホ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「リライブ」小路幸也
小路 幸也
新潮社
(2009-12-22)

JUGEMテーマ:読書


人生史上、一番後悔している最悪の選択。その瞬間からもう一度生き直すことができます――死の直前、そんな魅力的な提案をされたら、どこからやり直したいですか。最高の恋を失った日? それとも、夢をあきらめたあの瞬間? 再びチャンスが与えられれば「より良い人生」を生きられるのか。〈バク〉が誘う〈二度目の人生〉の物語。

命の灯火が今まさに消えようとしている時に聞こえる声。思い出をあげるかわりに、ある時点からもう一度人生をやり直すことが出来るというもの。それぞれ「取り戻したいものはあるか?」「やり直したい恋はあるか?」「選ばなかった人生を生きる」「やりのこした仕事をきちんと終える」など、話はバリエーション豊かです。

死に際に「もう一度人生をやり直せる」って言われたら、私はどの時点に戻るかなあ。そんな事考えながら読みました。でも、戻りたい場所はないし、やり直したい事もないかな。今のところ。

それぞれ、人生をやり直してもう一度死に際にバクと出会うのですが、その後にもう一ひねり、関係者が登場します。それが最初わかりにくかった。やり直しをする人は偶然選ばれた訳じゃないのにね。

「輝子の恋」
取り戻したいものはありませんか?とバクは言った。
12歳の時に父がなくなり、母と二人で祖母のやっていた下宿屋をやる事になった。大学生がみんな卒業して少しした時にやってきた若宮さん。2階の三部屋全て貸し切りたいという若宮さんと二人で芝居を観に行った。それから暫くして若宮さんの友人・柿沢さんがやってきた。

「最後から二番目の恋」
やり直したい恋はありませんか?とバクは言った。
ベッドの上にいる琴美は私の人生で一番の親友で、私の母。琴美と初めて会ったのは小学校5年の時だった。

「彼女が来た」
選ばなかった人生を生きることが出来るとバクは言った。
誕生日の前日に彼女に振られたケンジはライブハウスで照明のバイトをしている。今日は真吾の始めてのソロライブ。彼女の麻里香ちゃんもやってきた。ライブが終わり、飲み会の終わりによく寄るコーヒーハウスで麻里香ちゃんを待っていた。

「J」
死ぬほど後悔した日に戻ってやり直しが出来るとバクは言った。
それはジョン・レノンが死んだ日だ。

「生きること」
やり残した仕事をやり遂げる時間をくれるとバクは言った。
近所のお弁当屋で知り合った医者の三坂さん。そのお弁当屋の真琴さんが三坂さんの為に料理を教えてくれると言う。

「あらざるもの」
ことばを取り戻したくはありませんかとバクは言った。
墓守のはちろう。彼に話しかける学者の息子。寺の和尚がはちろうに話す夢の話。

「すばらしきせかい」
もう一度戻ってみたい幸福な瞬間はありますか?とバクは言った。
公園でお兄ちゃんに歌を歌ってあげた。お兄ちゃんは泣いた。3年生の時急に倒れた。移植をしなければ生きられないらしい。暴走族の若者が病院にやってきて、病気のお嬢さんの為に何かしたいという。
| 本:さ行(小路幸也) | 22:19 | comments(4) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 22:19 | - | - |
コメント
こんにちは。
ちょっと分かりづらかったですよね。自分で選んでやり直したはずが、実はそうではなかったりとか。
「生きること」では、三坂さんと真琴さん、前の人生ではどうなってたんでしょうね。
| じゃじゃまま | 2010/04/08 12:34 PM |
じゃじゃままさん、こんばんは。
そうなんですよね。
最後の一ひねりが難しかった。

「生きること」前の人生では三坂さんは真琴さんのことを好きだったんでしたっけ?依頼したのは真琴さんなんでしたよね?
| なな | 2010/04/08 7:23 PM |
ななさんへ
ああ、この間読んだばかりなのに・・・(汗)
真琴さんと三坂さんは、実は子どもができてしまって、真琴さんは黙って消えて一人で子ども産んだんですよね?
前と二度目ではなにがどんな風に違うのか、ちょっと分かりづらかったです。

というか、浮気していた三坂さんにも、真琴さんにも驚いてしまって・・・。
| じゃじゃまま | 2010/04/12 9:36 PM |
じゃじゃままさん、こんばんは。
う〜ん(汗)
なんだか気になってきました。
もう一度読んでみようかな。

この物語、依頼者が別にいたりと二重構造で
難しかったですよね。
| なな | 2010/04/12 10:12 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
リライブ 小路幸也著。
≪★★☆≫ もう一度人生をやり直せたら。後悔しているあの出来事に・・・幸せなあの瞬間に・・・もう一度戻れたら。 命が消えようとしているその瞬間、バクという不思議な存在が現れ、もう一度人生を、願った瞬間からやり直せる、その代わり、やり直す前の人生の思い出
| じゃじゃままブックレビュー | 2010/04/08 12:31 PM |