CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「さよならの次にくる<卒業式編>」似鳥鶏 | main | 「1Q84 BOOK 2」村上春樹 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
華麗なる恋の舞台で
JUGEMテーマ:映画


原題: BEING JULIA
製作年度: 2004年
監督: イシュトヴァン・サボー
上映時間: 104分
出演: アネット・ベニング;ジェレミー・アイアンズ;マイケル・ガンボン;ブルース・グリーンウッド

1938年のロンドン。人気女優のジュリアは公私ともに幸せだった。興行主の夫は敏腕、息子のロジャーも好青年に成長。舞台の評判も上々だ。しかし、同じような毎日に嫌気がさしていたジュリアは、刺激を求め、自分に近づいてきた息子と同じ年くらいの美青年トムと激しい恋に落ちた。だが蜜月の日々は続かなかった。トムに若い女優の恋人ができたのだ。加えてその恋人に頼まれ、トムはジュリアに彼女を新作舞台に出演させてほしいと言う。意外にもジュリアはうなづくが、その胸中にはある計画があった。
原作は、サマセット・モームの「劇場」だそうです。それほど期待せずみたんだけど、すごく面白かった。

息子くらい若いアメリカ人男性トムと恋に落ちるジュリア。それまで単調だった日々が急にばら色に。演技はひかり、お化粧ののりもいい。パワーがみなぎってます。そんな日々は長くは続かず、トムは新人女優のエイヴィスと恋仲に。挙句の果てにジュリアの新作のオーディションを受けさせて欲しいとさえ言い出します。失恋に深く傷ついたジュリアは母親の元で休暇をとります。

そしてジュリアの心の中がどうなってるのかわからないまま、休暇は終わりリハーサルが始まる。色々な場面でエイヴィスを持ち上げるジュリア。そして初日…大人で大女優のジュリアはエイヴィスを、そして観ているトムをこてんぱにやっつけます。女優としてきっちりとかたをつけたジュリア。さすがです。

ジュリアの夫もなかなかのツワモノ。ジュリアがトムと深い仲になっていると聞いてもそれほど動じない。エイヴィスのオーディションをして、ジュリアが休養を取っている間にはエイヴィスとなにやらあったらしい。初舞台前にエイヴィスと契約をかわし、ジュリアにこてんぱにやられ悔しがって「おりる」というエイヴィエスに「契約はしたよ。これからもよろしく」と平然と言ってのけちゃうんです。夫婦仲より舞台の成功、奥さんの女優としての成功が大切ってことかしら。

チャールズ卿役のブルース・グリーンウッド。ちょこっと役が多いけど、すごく好みの顔した俳優さんです。
| 見る:洋画(か行) | 22:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:23 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/1973
トラックバック