CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「ババールとサンタクロース」 ジャン・ド・ブリュノフ | main | 「午前零時のサンドリヨン」相沢沙呼 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「よろこびの歌」宮下奈都
宮下 奈都
実業之日本社
(2009-10-17)

JUGEMテーマ:読書


御木元玲は著名なヴァイオリニストを母に持ち、声楽を志していたが、受かると思い込んでいた音大附属高校の受験に失敗、新設女子高の普通科に進む。挫折感から同級生との交わりを拒み、母親へのコンプレックスからも抜け出せない玲。しかし、校内合唱コンクールを機に、頑なだった玲の心に変化が生まれる…。あきらめ、孤独、嫉妬…見えない未来に惑う少女たちの願いが重なりあったとき、希望の調べが高らかに奏でられる―いま最も注目すべき作家が鮮烈に描く。

新刊が楽しみな宮下さんの本。1話目は「Re−born」で読んでました。続きがあるといいなぁって思ってたんだけど、こんな風に続いていたんですね。うれしい。

女子高校生って色々あります。(とは言っても、友達の子どもをみていると、女の子は5年生くらいから色々とあるんだなぁ。女が始まってるんだなぁって思いますが)人には言えない重荷を抱えた主人公達。モヤモヤしたものを抱えながら、表面上はなんでもない風を装ったり、無関心をよそおったりしています。そんな子たちが合唱をすることによって、少しずつ近づき、自分が何者なのか、どうしたいのか、そんな事を見つけていく前向きな物語。

ちょっと視点を変えただけで、同級生の顔が違って見える。昨日までの景色が違って見えてくる。自分が変われば、相手が自分を見る目も変わって、そして又自分が変わる。なんだかいいなぁ。こういうの。
「よろこびの歌」
音大付属に受かるはずだった玲は専攻するはずの声楽のテストで落とされ、ここにいる。私は洗濯機の中、きれいな服に紛れ込んだ汚れた服。2年生の合唱コンで指揮者に選ばれた。

「カレーうどん」
雨の日でもカッパを着て自転車で1時間かけて学校に通う千夏。両親は小さなうどん屋をやっていて、千夏も学校から帰ったら手伝っている。裕福とはいえない家庭の事情を考え、自転車通学をしている。世の中は知らないところで振り分けられている。

「癸院
16歳にして余生を過ごす早希。中学時代、自分の全てだったソフトボール。ところが肘を故障して選手生命は立たれたのだ。

部活をしている姿を見ていた早希を見つけ、上手に声をかけたボーズっていい先生。

「サンダーロード」
史香は子どもの頃から霊が見える。2年になり担任が音楽の浅原になったら、音楽室のピアノの上におじいさんが座っている。3学期、浅原がみんなにもう一度合唱コンのときの歌を歌ってみないかと言った。

違う学校の三谷君。彼ってばすごくいい子です。

「バームクーヘン」
佳子はバレンタインデーに告白した大森に家に呼ばれ地下の核シェルターを見せられた。許せなかった。それから地下がどうも気になって、手がけている絵にも気持ちがこもらない。

「夏なんだな」
学級委員のひかるの6歳年上の姉きらりはいつでもきれいで春そのもの。そんなきらりをみていると、いつかくる秋や冬が心配になり、春に恐怖さえ感じている。

「千年メダル」
2年生もそろそろ終わろうとしている。合唱コンの後、マラソン大会でみんなから歌をプレゼントされ、その後同じ歌をクラスのみんなで練習し始めた。そして玲の歌に対する気持ちがかわってきた。
| 本:ま行(その他の作家) | 21:55 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 21:55 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
よろこびの歌  宮下奈都
よろこびの歌/宮下 奈都 宮下奈都 実業之日本社 2009 STORY: 音大附属高校の受験に失敗した玲は、音楽科のない新設私立女子高に入学。すさんだ気持ちのまま毎日を送っていたが、友人と触れあううちに玲に変化が…。 感想:  音大附属高校の受験に失敗
| 読書・映画・ドラマetc覚書(アメブロ版) | 2010/03/14 6:03 PM |