CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「雪だるまの雪子ちゃん」江国香織 | main | 「サンタをたすけたくじら」ロジャー・デュボアザン >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「算数宇宙の冒険 アリスメトリック!」川端裕人
川端 裕人
実業之日本社
(2009-11-20)

JUGEMテーマ:読書


東京郊外の桃山町は、不思議の起こる町として知られていた。小学6年生の千葉空良と同級生の河邑ユーキ、紺野アランの3人組はワンダー3を結成。算額絵馬で知られる百山神社など、町の神秘をさぐることになった。それを機に起きる偶然の暗合―高等数学が得意な謎の転校生、担任の先生からもちかけられた算数宇宙杯への出場。空良たちはさらに、素数の性質、ゼータ関数の定義を経て、ファンタジックな世界へといざなわれていく…。

横書きで途中に数式がいっぱい出てくる。ゼータ関数だのオイラー関だの、もう全然わからなくて気がつくと夢の中…そんなことを繰り返してました。とりあえず、主人公の空良やユーキたちがどうなるのか?そこら辺だけに商店を絞って最後まで読みました。

小学六年生のソラは算数が得意で不思議なものが大好きな同級生のユーキに振り回されて、帰国子女のアランと3人で町内の不思議なものめぐりをしていた。けっきょくどれも見つからないまま10月を迎えたある日、謎の転校生・那由と3人は算数宇宙杯という数学大会に参加することになる。図書準備室は素数日の素数時間に算数小部屋となり、4人は算数宇宙杯の勉強をする。一番のライバルは椿森中の有栖姉妹ミトさんとリカさん。そして迎えた大晦日、じっちゃんが見つけ出した綺羅寿司を食べた空良たちは突然複素平面世界に飛ばされてしまった。
算数宇宙杯の遺題は「ゼータ関数の自明でない零点の実数部は、すべて1/2である。」空良じゃないけど、何がなんだか全然わからない。那由が空良に「数式を鑑賞するだけでいい」って言うけど、鑑賞すら出来ない感じ。

この本では数学とは宇宙の調和の乱れと戦うための武器。そんな感じです。数学が好きなユーキは周りが数だらけの世界に取り込まれそうになりますが、自分も数になり数だらけの世界で計算し続けてた。すごく幸せだったって。数学脳の持ち主、いるんでしょうね。

じっちゃんの天下一鮨の寿司はどれも美味しそうでした。主人公は小6だし、冒険話だからなのか本の背表紙に「ティーンズ」って書いてあります。たぶん、私の市でいうYAのジャンルだと思うんだけど、中学生は読んで理解できるのかな?リーマン予想を読んで、自分も…って思う子いるのかな。複素平面の世界はちょっとゲームのダンジョンって感じはしました。

特設サイトがありました。読んでみたけど、数字は頭にしみこんでこない(涙)
| 本:か行(川端裕人) | 21:20 | comments(2) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 21:20 | - | - |
コメント
これはもう全然、理解できませんでした。お手上げでした・・(苦笑)
ただ、数式の部分を除くと、どこかで聞いたような設定の詰め込みだけ。同じ雰囲気を持つ、「せちやん」に感じた寂莫感は伝わってこないので、ちょっと評価は低いです。
| すの | 2010/03/19 7:41 AM |
すのさん、こんばんは。
お手上げでしたね。本当に。
「せちやん」未読なんです。
そちらを読んでみますね。
| なな | 2010/03/19 9:41 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/1941
トラックバック
「算数宇宙の冒険−アリスメトリック!−」川端裕人
「算数宇宙の冒険−アリスメトリック!−」川端裕人(2009)☆☆☆★★[2010020] ※[913]、国内、現代、小説、数学、少年少女、数学、桃山町 桃山町は東京23区の端に位置する“都心の田舎”。弓の形に山肌をそぎ落とした弓削山がある。主人公は「天下一寿司」の孫息
| 図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜 | 2010/03/19 7:37 AM |