CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< スクール・オブ・ロック | main | 「中学んとき」久保寺健彦 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「フリーター、家を買う。」有川浩
JUGEMテーマ:読書


「母さん死ぬな—」へなちょこ25歳がいざ一念発起!?崩壊しかかった家族の再生と「カッコ悪すぎな俺」の成長を描く、勇気と希望の結晶。

最初は有川さんらしくない主人公にあれ?と戸惑いましたが、途中から色々な出来事を一つずつ一生懸命にクリアーしていく主人公に、あぁやっぱり有川さんの物語だって安心しました。読み返してみると、最初と最後じゃ別人のようにかわった誠治。面白かったです。

堪え性がなくて自分に甘い。せっかく就職した会社を馴染めないと3ヶ月で退職し、その後フリーターになった誠治。ところがこらえ性がなく自分に甘い誠治はアルバイトをしても気に入らないことがあるとすぐにやめてしまう。そんな生活を続けて約1年。ある日、母親が重度のうつ病になってしまった。原因のはこの家に引っ越してきてからずっと近所からイジメを受けてきたストレス。名古屋に嫁いだ姉が実家に戻ってきた時には母親は精神をひどく病んでいた。誠治以上に自分の事だけがかわいい父親は母の病気のことを受け入れようとしない。「今の家にいる限り病状はよくならない」という医師の言葉に、どこかに二世帯住宅を建てるためと、昼間は母の面倒を見ながら、夜に土方の仕事、そして就職活動をする誠治の物語。

最初の主人公のいい加減さ、そして母親が心の病気だとわかったときの父親の態度。腹がたって仕方なかったです。特に父親!本当に「自分が一番大好き」って感じにムカムカしました。が、こういうオヤジいそうだよなぁ。いつでも正しい姉・亜矢子の言うことには逆らえないのはわかってるんだけど、父親の威厳みたいなものが邪魔をして素直になれない。

誠治も気に入らないことがあるとすぐにバイトを辞めてしまう様な男子でしたが、母親の病気が重いことを知り、しかもそれが20年来続いていた近所からのイジメが原因で、誠治は母親が守っていてくれたおかげでイジメをイジメと気がつかずに暮らして来れたんだと反省します。それからの誠治の行動がすごかった。昼間は母親の面度を見て、夜は土方の仕事で100万貯めようと頑張る。土方の人たちとも仲良くなり、母親の病気のこと、身勝手な父親奈ことを話す。土方のおじさんたちは「学はないけど」と言いながらも、やっぱりいいことを言うのです。お金もたまり、バイトをしながらの就職活動。第二新卒、フリーターの就職の難しさなどが良く書かれています。土方のおじさんたちにアドバイスをもらい、父親に就職活動のコツを聞く誠治。履歴書の書き方、面接での受け答え、採用する側が見るところなど、「自分大好き」な父親もやっぱり一人前の社会人なんだなぁって。

就職の面接の時に母親がパニックを起こした事、その後その会社から電話がかかってきたときには本当にうれしくなりました。その会社を断りバイト先で正社員として働き始めた誠治。最初の仕事は社員の採用。募集のチラシには「新卒お断り!」ダメだった自分をふるいにかけるための色々なチェックポイント。そして採用した「おおいなるバカ・豊川」と「監督志望のそばかす女・千葉」この二人とのあれこれもおもしろいし、千葉が出て来た事によって、有川さんお得意の「あま〜い」感じが出てきて、ニヤニヤ。「母親が精神的にやられたけど、俺がバカだったせいもあって間に合わなかった」という誠治に「絶対にお母さんのこと、間に合ってます!」っていう千葉の言葉が素敵でした。

「【after hours】傍観する元フリーター」は千葉狙いだった豊川の視点で書かれた誠治と千葉の恋愛話です。誠治がネコ騒動の時にあれこれ言う千葉の口を封じるためにキスをするのですが、そんな大胆な行動をとったわりにそれからが本当に慎重。そんな生真面目すぎて不器用な二人のすごくゆっくりとした恋愛がまたいいのです。
| 本:あ行(有川浩) | 22:14 | comments(10) | trackbacks(6) |
スポンサーサイト
| - | 22:14 | - | - |
コメント
こんにちは。TBさせていただきました。
始めは有川さんっぽくなかったですが、うつ病や就職活動など、取り上げている内容がとてもリアルで、食い入るように読んでました。
誠治は最初はダメな子だったけど、心の中はとても真面目でいい子なんですよね。
お母さんがああなってしまったのは自分のせいだと想って一生懸命動いている姿は素敵でした。
私も十分「間に合った」と思います。
| 苗坊 | 2009/11/23 3:52 PM |
苗坊さん、こんばんは。

最初は有川さんらしくない主人公にびっくりしましたが
でも、お母さんの現状を知ってからの成長ぶり素敵でしたね。
誠治、いい子です。
| なな | 2009/11/23 9:20 PM |
ネットのエントリーより郵送とか面接で悪口を言わないとか、これから就活の息子,砲泙気砲圓辰燭蠅瞭睛討任靴拭
これは読ませなくちゃ!

ラストにも希望がみえて良かったです。
誠治みたいな親思いの息子、うらやましいなぁ〜
| たまま | 2009/11/24 9:06 AM |
たままさん、こんばんは。

そうか〜上の息子さん就職活動なんですね。
これは読むべきですね。
私なんて就活にまったく関係ない年齢なのに
なぜかやる気になりましたもん(笑)

誠治みたいな息子、いいですよね。
なってくれたらいいけど
私自身が病気になるほど思いつめる前に
投げ出しちゃうような気がします。
| なな | 2009/11/24 10:11 PM |
ななさん、こんばんは。
途中までは有川さん作品だってことを忘れるくらい、読んでいても辛くて応援しても声が届かないのがもどかしい感じでした〜。でも最後はお得意のあま〜いのも登場でほっとしましたね。
番外編もとても良かったですね〜!
| Spica | 2009/12/09 11:27 PM |
Spicaさん、こんばんは。
本当に最初の頃の主人公は嫌なやつで
有川さんの本って事が信じられないようなスタート。
でも、途中からはいつもの感じがでていたし
なかなか距離が縮まらないもどかしさなんかもあって
最後は「はぁ、やっぱり面白かった」って大満足でした。
| なな | 2009/12/10 8:48 PM |
こんにちわ。
やっと読めましたぁ〜。
確かに、冒頭、有川さんらしくなかったかもしれませんが
それが気にならない程、物語に惹きこまれました。
誠治の成長ぶりが読んでいて応援したくなった程でした。
千葉さんとの後日談も良かったですね。
| ゆき | 2010/01/10 9:57 AM |
ゆきさん、こんいちは。
本当に前半はあれ?って思うけど
そんな誠治がどんどんといい子になっていって
頑張ってる姿が素敵です。
後日談は有川さんらしい甘さがあって
やっぱり有川さんはこれがなきゃねって
大満足の1冊でした。
| なな | 2010/01/11 10:18 AM |
テーマは暗いのに、有川さんだから明るさと軽さがありましたね。
近所のいじめなんて、実際有川さんなにかあったの?って思ってしまったくらい怖かったです。
子どもを使ってのいじめなんて、卑怯にもほどがある!!!駄目親父もムカムカきましたね〜。
亜矢子の登場に拍手喝采!(笑)

バイト先のガテン系のおじさんたちもすごくいい人たちだし、二つの会社で揺れ動いてる時、どっちかな?ってドキドキしました。私もガテン系の人間なので、嬉しかった♪(笑)

心が弱いからって最初言うじゃないですか。でも弱かったら、二十年も一人で耐えられないですよね、本当に。(涙)とてもいい再生物語でしたね。
| じゃじゃまま | 2010/05/19 11:26 AM |
じゃじゃままさん、おはようございます。

ご近所さん、本当に怖かったですね。
そして頑張りすぎて電池が切れてしまったお母さんも怖かった。

全く自分に自信が持てなかった誠治の再生
そして家族の再生の物語。
本当にいい話でしたよね。
| なな | 2010/05/20 8:23 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
フリーター、家を買う 有川浩
フリーター、家を買う。クチコミを見る 大学を卒業して就職したは良いものの、「ここは俺の居場所じゃない」と三ヶ月ほどで辞めてしまった武誠治は、以後再就職も出来ずにだらだらとフリーター生活を送っていた。しかし、母がうつ病になってしまったことを知り、姉から
| 苗坊の徒然日記 | 2009/11/23 3:07 PM |
有川 浩 「フリーター、家を買う。」
フリーター、家を買う。(2009/08)有川 浩商品詳細を見る 内容(「BOOK」データベースより) 「母さん死ぬな―」へなちょこ25歳がいざ一念発起!?崩...
| ホシノ図書館 (本と映画の部屋) | 2009/12/09 11:27 PM |
フリーター、家を買う。
******************************************************** 大学を卒業して就職したは良いものの、「ここは俺の居場所じゃない」と 三ヶ月ほどで辞めてしまっ...
| 気楽に♪気ままに♪のんびりと♪  | 2010/01/10 9:57 AM |
「フリーター、家を買う。」有川浩
有川浩の「フリーター、家を買う。」を読みました。 主人公の武誠治は、そこそこの私大を卒業して、そこそこの会社に就職したけれども、何...
| 心に残る本 | 2010/01/28 10:38 PM |
フリーター、家を買う。 有川浩著。
≪★★★★☆≫ 家族を守るため、近所のいじめに耐えてきた母が精神を病んでしまった。 町を出る気持ちのない無理解な父、母親の病状に気づかずグータラ生活を続けてきた息子誠治。 そんな誠治が、一念発起。母親を今度は自分が守るため、身勝手な父や世にも恐ろしい実
| じゃじゃままブックレビュー | 2010/05/19 11:20 AM |
本 「フリーター、家を買う。」
不景気がやっと底打ちしたと言われていますが、企業の求人についてはまだまだ厳しいと
| はらやんの映画徒然草 | 2010/10/11 9:43 AM |