CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「船に乗れ!2 独奏」藤谷治 | main | 「ボックニャック団長のぼうけん」斉藤洋 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
コーラス
JUGEMテーマ:映画


原題: LES CHORISTES/CHORISTS
製作年度: 2004年
監督: クリストフ・バラティエ
上映時間: 97分
出演: ジェラール・ジュニョ, フランソワ・ベルレアン, ジャン=バティスト・モニエ

世界的指揮者のピエール・モランジュは母の葬儀のため帰郷した際、子ども時代の友人ペピノから一冊の日記を手渡される。それは彼の当時の音楽教師クレマン・マチューが遺した形見だった。1949年、フランスの片田舎。“池の底”という寄宿舎に新たに赴任してきたマチュー。そこでは、親をなくした子どもや、素行に問題ある子どもたちが集団生活をしていた。子どもたちは心に問題を抱え、校長はそんな彼らに容赦ない体罰を繰り返していた。マチューは子どもたちに本来の純粋さ、素直さを取り戻してもらおうと、“合唱団”の結成を決意する。やがてマチューは、学校一の問題児ピエール・モランジュが素晴らしい歌声の持ち主であることを知るのだった…。
フランス映画って苦手意識が強いのですが、これは大丈夫だった。

問題児ばかりが集まる寄宿校「池の底」に赴任してきたマチュー先生。悪さをする生徒ばかりなんだけど、一番問題なのは校長先生って感じです。体罰はあたりまえだし、犯人が名乗り出ない時には罰として無実の子を生け贄に…あんまりです。

そんな中で生徒と寝食を共にするマチュー先生は子供たちの鼻歌耳にし、一度は諦めた音楽への情熱を持ち直し、子供たちに合唱を教えていく。そんな中、一番の問題児・モランジュが素晴らしい声の持ち主である事を知る。モランジュの上を行く問題児がやってきて、人騒動起こしたり、その子供が原因で火事を起こしてしまったりして、とうとう解雇されてしまうマチューですが、最後に校長にいった言葉にはスカッとしました。そして「見送ってはいけない」と言われていた子供たちが飛ばした髪飛行機。(いくつかの紙飛行機は拾っては読むのですが、ほとんどはそのままにして立ち去ってしまうマチューにはちょっと違和感を感じました。なぜ、全部拾わない!子供の気持ちを無駄にしちゃいけないじゃない!!!)

マチュー先生のくりくりしためとずんぐりむっくりな体型がかわいらしい。モランジュの母親がとても素敵な女性で、面会に来た時には大慌てでちょっぴりおめかし。まぁ、予想通りモランジュの母親の視界には入ってないっていうのもマチューらしくてよしでした。

子どもの頃のペピノのかわいらしいこと!どうやら大人のモランジュ役ジャック・ペランの息子さんだそうです。
| 見る:洋画(か行) | 20:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 20:52 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/1905
トラックバック