CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「6TEEN」石田衣良 | main | 「船に乗れ!2 独奏」藤谷治 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「床屋さんへちょっと」山本幸久
JUGEMテーマ:読書


宍倉勲は二十代半ばで父が興した会社を引き継いだが、十五年後に敢えなく倒産させてしまった。罪悪感をぬぐえないまま再就職し定年まで働き、もうすぐ「人生の定年」も迎えようとしている。だが、そんな勲の働く姿こそが、娘の香を「会社」の面白さに目覚めさせて―「仕事」によって繋がった父と娘を、時間をさかのぼって描く連作長編。


製菓会社の二代目社長だった宍倉勲は父親の興した会社を守れず倒産させてしまった。その後勤めた繊維会社も定年退職している。娘の香が一人息子の孫を連れて実家に戻ってきている。孫の勇と連れて墓地を観に行くところから物語りは始まります。それから、義息との旅、繊維会社での海外工場視察、娘の家出など、日々がどんどん遡っていく。

最初の章で会社をつぶしてしまうくらい能力がないのかしら、お墓を無理やりかわされそうになり孫に助けられるくらい押しが弱いのかしら、と思ってしまいますが、過去に遡るうちに勲の人柄がわかり、人には向き不向きもあるんだなって思えます。

「床屋さん」がどの話にも出てくる。勲が社長時代にひいきにし、今や香も勇まで利用することになった床屋さん。会社で会議に出席する女子社員が気合を入れるために床屋で顔ぞりをしてもらう。テクノカット発祥の地に出かけた勲夫婦が二人でテクノカットにした事を最終章で知ったときには笑っちゃいました。

子どもの頃、香が父親の会社見学に行った時に泣き出してしまい、「おい、泣くな。笑え。笑ってくれ」「笑えって言われても笑えないよ」「今日、いちばんおかしかったことを思い出せ」の会話。神妙な面持ちで今日一番おかしかったことを思い出す香がにんまりと笑う。そんな親子の姿がすごく素敵でした。そして大人になってもそんな父親の言葉を実行している香が微笑ましかった。
「桜」
昔、製菓会社の社長だった頃、工場があった場所に出来た霊園にお墓を観に行く日、1週間前から実家に帰ってきてる娘の子・勇がついてきた。昔通っていた床屋へ行ってみた。

「鋤き鋏」
製菓会社の社員だった槇の息子の結婚式に呼ばれ北陸の町へ。なぜか2週間前に香が連れてきた布田と一緒だ。布田は勲のことを「お義父さん」と呼ぶ。

「マスターと呼ばれた男」
会社の海外工場視察に出向いた勲。工場を案内してくれた羽田と言う男は父親を思い出させた。娘から海外電話があり、お店を開きたいのでお金を貸して欲しいといわれた。

「丈夫な藁」
仕事の資料を読みながらうたた寝をしていたら香に起こされた。17歳の香は「結婚したら仕事をやめなきゃいけないのか。そんな絶望的な事を聞かされたら勉強する気がなくなる」と言った。取引先に結婚をしながら仕事をしている女性がいた。入社四年目の女性が会議に出たいと言う。

「テクノカットの里」
中二の香が家出をした。夫婦二人で北陸の町へ迎えに行くが、雪で途中の駅で降りる羽目に。駅前に「テクノカット発祥の地」と書いてあるその土地のホテルで食事をしようと思った。

「ひさしぶりの日」
小4の娘が夏休みの宿題で父親の職場を取材するという。

「万能ナイフ」
父親が亡くなり、製菓会社を継いだ勲は彼なりに一生懸命やっていこうと思っているが、どうしても前社長の影響が大きい。宣伝部の海原が提案したオマケつきのアイス販売にも父親の代からいる社員は猛反対をする。

「床屋さんへちょっと」
父・勲がなくなり1年。香は信頼していた部下に使える社員と顧客を取られた。ある日シシクラ製菓のナメタリーナを復活させたいという人が現れた。彼はシシクラ製菓で働いていた男の息子で、幼い頃の香のことも知っていると言う。

最終章で勲が亡くなった事を知ったときには、すごく大切な人を亡くしてしまったような寂しさを感じました。勲さん、生真面目で一生懸命で素敵な人でした。
| 本:や行(山本幸久) | 20:19 | comments(5) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | 20:19 | - | - |
コメント
良い本でした。
たいへん上手にまとめられているので、本の内容が思い出されました。確かに、子供のころ、床屋さんが革の帯にかみそりを滑らしているのを不思議に思ったものです。
トラックバック、リンクもさせてもらっています。
ありがとうございました。
| t-saito | 2009/11/09 12:43 AM |
ところどころくすくす笑えて、読後は心に沁みる素敵な話でした。

勲も香も始めはさえないけれど、話が進むごとに良いところが見えてきて、最終章は私も悲しかったです。
お葬式、20人が200人になったのも納得。
勲さんの人柄ですね。
| たまま | 2009/11/09 9:04 AM |
◇t−saitoさんへ

コメントとTB、そしてリンクまでありがとうございました。
いい本でしたね。
最終章を読んだ時に「あぁ、勲さん…」と
大切な人を亡くしてしまったような気持ちになりました。
床屋さん、息子を連れて行って始めて入りました。
髭剃り前の泡やら、かみそり研ぎなど興味津々でした。

◇たままさんへ

勲さん、素敵でしたね。
奥さんもなかなかのものでした。
お葬式の人数は私も「やっぱりね〜」って思いました。
| なな | 2009/11/09 8:33 PM |
最終章で、まさか勲さんが亡くなっているとは!ぽっかり穴があいたような気持ちになりました。
お母さんと香、決してクヨクヨしてないけど、寂しさが伝わってきます。

それにしても墓地のセールスマン、勇はどうしてあんなに毛嫌いしてたんでしょう?(笑)
| じゃじゃまま | 2009/12/11 2:30 PM |
じゃじゃままさん、こんばんは。

勲さんが亡くなった喪失感といったら!
ちょっとした時に勲さんを思い出す奥さんと香の気持ちが
よくわかりました。

勇、セールスマンがおじいちゃんをいじめてるって思ってたのかな?
でも結局あそこにお墓買ってましたよね。
| なな | 2009/12/16 8:38 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/1903
トラックバック
床屋さんへちょっと◆山本 幸久
『床屋さんへちょっと』 (単行本) 山本 幸久 (著) 価格: ¥ 1,575
| T-SAITO 読書日記 | 2009/11/09 12:44 AM |
床屋さんへちょっと 山本幸久著。
≪★★★☆≫ 宍倉勲は、父から受け継いだ製菓会社を倒産させてしまった後、繊維会社に再就職し、定年まで勤め上げた。 隠居生活を送っている勲たち夫婦の元へ、一人娘の香が孫を連れて実家に戻ってきた。 そこから勲と香、家族の物語は始まる。そして章を追うごとに過
| じゃじゃままブックレビュー | 2009/12/11 2:45 PM |