CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「肝、焼ける」朝倉かすみ | main | ガトーショコラバナーヌ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「小春日和」野中柊
小春日和
野中 柊

逗子に住む小学校2年生の双子、小春と日和。映画好きの母親の影響でタップダンスを習い始め、CM出演のチャンスをつかむ。

最初に「ふたりがふたごだということを気にしないで生きていけるように」とあるので、双子が似ているだけに辛い思いをする物語なのかと思いましたが、そうじゃなかった。堅実な父、ミーハーな母。いつもボーイフレンドの所に行ってる祖母とそのボーイフレンド。新しく生まれてくる弟。子供である事の幸せや不安。家族のそれぞれの立場。タップを始めてからの出来事が丁寧に書かれてます。まさに小春日和の一日って感じです。


双子が77年の早生まれ。私より1年先輩なんです。だから小学生のときの懐かしい雰囲気が出てるかって思ったんだけど、出てくる歌手が「ザ・ピーナッツ」。私にとっては、ただの化粧の濃い双子のおばさんってイメージだったので(とはいっても、解散当時は34歳で今の私より年下)なんだか共感する部分が少なかったです。

小学生のときに、いつも一緒でどんな事でも分かち合える人がいたら心強そうです。「双子だったらよかったのになぁ」とどうにもならない事を考えてみる。本の影響なのか心が子供に戻ってます。
| 本:な行(野中柊) | 19:19 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 19:19 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/19
トラックバック
野中柊【小春日和】
双子のタレントって可愛いよね。 三倉茉奈・佳奈とか、斉藤慶太・祥太とか。マナカナは1986年生まれで大学生。慶太・祥太は1985年生まれで、こちらも大学生だって。 もちろん双子といっても一人ずつ別の人格だし、マナカ
| ぱんどら日記 | 2006/06/27 1:51 PM |