CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「新参者」東野圭吾 | main | 「みじかい眠りにつく前に 2 昼下がりに読みたい10の話」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「西の魔女が死んだ」梨木果歩
JUGEMテーマ:読書


中学に進んでまもなく、どうしても学校へ足が向かなくなった少女まいは、季節が初夏へと移り変るひと月あまりを、西の魔女のもとで過した。西の魔女ことママのママ、つまり大好きなおばあちゃんから、まいは魔女の手ほどきを受けるのだが、魔女修行の肝心かなめは、何でも自分で決める、ということだった。喜びも希望も、もちろん幸せも…。その後のまいの物語「渡りの一日」併録。

一度読んだことがあったうえに映画も見ました。文庫本に入ってる「渡りの一日」が読みたくて借りました。

「おばあちゃん、大好き」「アイ・ノウ」はすごく印象的だったのですが、今回は眠る時に「ナイ、ナイ、スウィーティー」って言うのがかわいらしいなって思いました。映画を見たので、映画のキャスティングで人が動く。おばあちゃんの声もあの俳優さんの声になってます。

「渡りの一日」
秋も深まりつつある日曜日、まいはショウコと杖指山にサシバの渡りを見に行く約束をしていた。ところがショウコは約束の時間になっても寝ていた。渡りは諦め、ショウコの母親にもらった展覧会に行くことに。その途中、自転車に乗るクラスメイトとぶつかりそうになった。彼は競技場でサッカーをする兄にユニフォームを届けるところだったのだが、足を挫いてしまったというのだ。ショウコは「届けよう」と言う。

新しい学校でまいにショウコという友達が出来たことは「西の魔女が死んだ」で知ってました。元警察官のお母さんがいつも茶の間にお菓子を用意しているような家。まいはちょっと羨ましがってる。

サシバの渡りを見に行く約束をしていたのに、ショウコはわざと約束をすっぽかした感じです。というのもショウコは「かねてから、まいが決めたことは必ずやり通すので、いつも不思議がっていた。まるで、魔法をかけたように、事態がまいの側に好転していく」と思っているのです。まいったら魔女の修行をちゃんと積んでいるんだってちょっと安心。

そしてショウコに邪魔されながらも、結局まいの決めたことに向って物事はちゃんと進んでいくのです。
| 本:な行(梨木香歩) | 20:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 20:21 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/1896
トラックバック