CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「殺気!」雫井脩介 | main | 「かわいいおばけゴロの冒険<3>ゴロのネットサーフィン」ブリッタ・シュバルツ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
世界最速のインディアン
JUGEMテーマ:映画


THE WORLD'S FASTEST INDIAN
製作年度: 2005年
監督: ロジャー・ドナルドソン
上映時間: 127分
出演: アンソニー・ホプキンス, クリス・ローファード, アーロン・マーフィー, クリス・ウィリアムズ, ダイアン・ラッド

ニュージーランド南端の小さな町で小さな家に一人暮らしのバートは今日も暗いうちから起きてバイクを轟かせる。少し近所迷惑なこのバイクは、1920年型インディアン・スカウト。彼の夢はこのインディアン号でライダーの聖地、アメリカ・ユタ州のボンヌヴィル塩平原で行われる大会で世界記録に挑戦すること。60歳を過ぎ、年金暮らしの彼には夢のような話だが、このまま夢で終わらせたくない、と決心を固めたバートはインディアン号とともにユタ州へ向かう―。
愛車“インディアン・スカウト”を40年以上もかけて改良を続け、63歳にしてニュージーランドからはるばるアメリカへ渡り、世界最速記録を打ち立てた伝説のライダー、バート・マンローの感動の実話を映画化だそうです。

物置小屋みたいな粗末な家に一人で住み、年金暮らしで生活は苦しい。心臓は狭心症の発作を起こすからいつも薬を手放せないし、トイレも近い。体はボロボロなのに少年の心を持ったバート。隣に住む少年よりよっぽど少年っぽいのです。

そのバートが今が夢を叶える最後のチャンスだと一念発起し、ライダーの聖地、米ユタ州のボンヌヴィルで行われるスピード大会に向かう。船ではコックとして働き、モーテルで働く人、中古屋のオーナー、通りかかった人などに自ら声をかけては助けてもらい、とうとうボンヌヴィルに到着する。出合った人、それぞれがマンローの魅力に取り付かれ、気がついたら手伝っているから不思議。ボンヌヴィルでは大会の登録は終わっていたのに、少しずつ回りの人たちを味方につけ、とうとうレースに参加してしまう。

困った時にはニコニコとしながら人にたよるマンロー。見ている私まで笑顔になってしまいます。素敵な映画でした。
| 見る:洋画(さ行) | 22:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:04 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/1890
トラックバック