CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< ボルベール<帰郷> | main | 「ジョーカー・ゲーム」柳広司 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「海の底」有川浩
評価:
有川 浩
角川グループパブリッシング
¥ 740
(2009-04-25)

JUGEMテーマ:読書


四月。桜祭りでわく横須賀米軍基地を赤い巨大な甲殻類が襲った! 次々と人が食われる中、潜水艦へ逃げ込んだ自衛官と少年少女の運命は!? ジャンルの垣根を飛び越えたスーパーエンタテインメント! 番外編「海の底・前夜祭」も収録。

「海の底・前夜祭」が読みたくて借りたのですが、「海の底」も再読しちゃいました。内容知っててもやっぱり面白い。

今回は外で起こってることはサクサクと読み流し、潜水艦の内部、特に夏木と望のあれこれに注目して読みました。へへへ。お互い意識していることにすら気がつかないんだけど、冬原が指摘して意識させるんです。意識しても、だけどそれでも不器用な二人。あーん、もう!って。その後のことを知ってるからこそ、見ている(読んでる)私には歯がゆくてね…

望に月に一度の有事が起こり、だけど潜水艦には男性しか乗らないから必要なものが手に入らない。救助が出来るような状況じゃなかったけど、望の必要なものをちゃんと外部に頼んでくれた二人。そしてその袋の中の「がんばって!」のメッセージ。私がもらったわけじゃないのに、すごく嬉しくなりました。
「海の底・前夜祭」
緊張感あふれる、「きりしお」占拠作戦。夜中部下に調達させた武器を持ち、潜水艦に進入する隊員達。指揮を執るのは冬原。そしてその襲撃作戦を防御するのが夏木。

緊迫感溢れる始まりで、鉄砲を撃って死亡させたり、潜水艦を破壊したりとどうなっちゃってるの???と思うわけです。ところが、読み進めていくと「破壊」「死亡」も張り紙。そして最後にはどっちが先だったかを言い争う夏木と冬原。夏木・冬原を中心に「停泊中の潜水艦を武装ゲリラから防衛できるかどうか」について議論をしていたが、実際に「自主訓練」をやってしまったってわけでした。

結局、艦長に腕立て伏せ200回と1週間の外出禁止を言い渡される訳です。そして「海の底」の始まりにつながっていくのです。しかし、艦長ったらいい上司です。「遊んだ後は片付ける、子供でも出来ることだよな?ん?」って厳しく言い渡した後、二人がいなくなってから「いま日本で有事が起こったとすれば、海自の実習の中で一番使い物になるのはうちの悪ガキどもだ」なんていってます。次の日、まさにそんな事が起こっちゃうんですから。そしてこんないい上司だからこそ、あの二人の悲しみがある訳ですよ。
| 本:あ行(有川浩) | 21:15 | comments(4) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 21:15 | - | - |
コメント
「前夜祭」なるものがあるんですか!?
私は「海の底」みたいなB級映画好きなので、映画化されたらちょっと嬉しいんですけど、ないですね。(笑)

艦長のこと思うと、前夜祭切なくなっちゃいますね。
(読んでないですけど)
| じゃじゃまま | 2009/10/29 10:10 AM |
じゃじゃままさん、こんばんは。
文庫本の後ろについてる、ほんの短い文章なんですけど
艦長の二人に対する気持ち、そしてその次の日…って考えると切なくなります。
「エビボクサー」って映画ご存知ですか?
巨大エビが出てくるんだけど、レガリスを想像しました。
| なな | 2009/10/29 8:59 PM |
ななさん、こんばんは。

私は『海の底』はまだ一度読んだだけなのですが、再読する時は、ななさんのように夏木と望のあれこれに注目して読むというのはいいかもしれませんね^^
じれったくて少女漫画のような二人の恋にキュンときました。
| みらくる | 2009/10/29 11:54 PM |
みらくるさん、こんにちは。

レガリスがどうなっちゃうのかとか知ってるので
潜水艦の内部の様子ばかりを追いかけて
最後を知ってるのに二人の行動一つずつにニヤニヤしたりして。
楽しめちゃいますよ。
みらくるさんもぜひぜひ。
| なな | 2009/10/31 2:48 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
海の底/有川浩
有川浩の図書館戦争シリーズが文庫化されたら是非読んでみたいと思っているので、とりあえず文庫化を待つ間、有川浩作品の入門として、文庫...
| 読書メモ。 | 2009/10/29 11:55 PM |