CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「brother sun 早坂家のこと」小路幸也 | main | 「トウシューズはピンクだけ」レスリー・メイヤー >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「女中譚」中島京子
中島 京子
朝日新聞出版
(2009-08-07)

JUGEMテーマ:読書


昭和初期の林芙美子、吉屋信子、永井荷風による女中小説があの『FUTON』の気鋭作家によって現代に甦る。失業男とカフェメイドの悪だくみ、麹町の洋館で独逸帰りのお嬢様につかえる女中、麻布の変人文士先生をお世話しながら舞踏練習所に通った踊り子……。レトロでリアルな時代風俗を背景に、うらぶれた老婆が女中奉公のウラオモテを懐かしく物語る連作小説集。


それぞれの物語の後に「A tribute to...」って書いてあるから、何かへのトリビュートなんだとは思ったのですが、そうか〜こうなると元の話も気になるところです。林芙美子の「女中の手紙」吉屋信子の「たまの話」永井荷風の「女中のはなし」一応タイトルも書いておこう。


秋葉原のメイドカフェに通う老女すみが、隣り合わせた客やメイドさんたちに語る昭和初期の自分の過去の話。


最初に話すのがすみが女給をしていた時に出合った女中の話だという。昔メイドといったら女中の事じゃなくて亀戸の私娼窟のことだったとか。「女給」「女中」「メイド」なんかの言葉が混ぜこぜになっちゃって、どれがどの仕事なのか混乱しました。


日本が戦争に向っていく頃の物語。現在のすみはメイドカフェに居座り、隣に座る人に昔話を聞かせている。閉店になると同じアパートに住むメイドカフェで働くりなっちがすみさんを家につれて帰る。玄関をあけ、玄関でコートを脱ぎ、セーターとスカート、ひどく厚手の灰色のタイツも脱ぎながら進み、束ねてソファの背にひっかけ、床に脱ぎ捨てられたネグリジェを頭かひっかぶると、ベッドにもぐりこむ。なんだかすみさん、すごいのです。
「ヒモの手紙」
新宿のダイヤという店で女給をしていた時に現れた一人の男・信作。胡散臭い信作は金州で千代という女を騙し、当座の金に困り千代を1ヶ年百二拾円で下宿屋の女中に売ったらしい。千代からお金を引っ張ろうと手紙を書く信作の変わりに手紙を書く。

「すみの話」
医者・伊牟田の家に女中として入ったのは昭和十年。独逸帰りの夫人とお嬢様・萬里子の世話をするのがせいの仕事。萬里子は以前いたたまという女中がいいといい、気に入らないことがあるとすみをつねった。お嬢様のピアノリサイタルのとき、みすぼらしい格好をした女性を見かけたが、それが嫁に行ったタマだと知った。

「文士の話」
麻布に住む文士の家に行った時のこと。先生は昼に起きて来て、夜は出かける。自由にしていてもいいというので、舞踏練習所に踊りを習いにいくようになったすみ。ある晩、先生が外出しなかったが練習所に行った。帰ってきてココアを飲みながら先生と話をした。

秋葉原で人が撥ねられ、刺され、大騒ぎの中でアスファルトの上にうずくまるすみ。これはあの事件なんでしょうね。
| 本:な行(中島京子) | 20:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 20:53 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/1867
トラックバック