CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「オイアウエ漂流記」荻原浩 | main | 「どうぶつえんのいっしゅうかん」斉藤洋 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「ねずみ石」大崎梢
JUGEMテーマ:読書


祭りの夜には、ねずみ石をさがせ。かなう願いは、ひとつだけ―。中学一年生のサトには、四年前のお祭りの記憶がない。恒例の子供向けイベント「ねずみ石さがし」の最中に、道に迷って朝まで行方しれずだったのだ。同じ夜、村ではひとつの惨殺事件が起こっていて、今でも未解決のまま。交錯する少年たちの想いが、眠っていたサトの記憶に触れたとき、事件は再び動き始める。瑞々しい青春推理長編の最新作。

本屋さん周りの話しではなく、中学生が主人公の物語。

中学1年生のサトはクラスメイトのサトに住んでいる神支村の祭りについて教えて欲しいといわれる。神支村の祭りには子供相手の余興のようなものがある。ねずみ石と呼ばれる「子」が書いてある7つの石を子供たちが探す。石を見つけたら願いを一つ託す。ねずみ石を探せるのは小学生まで。4年前、小学校3年生だったサトは、夜にこっそりねずみ石を探しに行き、迷子になってしまい次の日の朝発見された。サトはその夜の記憶がない。そして同じ夜、村の外れに住んでいた高校生の理恵とその母親が殺され、未だに犯人が発見されていない。セイと歩いていたサトはその事件を追っている刑事に声をかけられた。まだ事件について調べているらしい。

セイはその事件に興味があるらしい。殺された高校生・理恵はサトにとても優しかった。サトはタマさんという理恵の同級生にも事件のあった夜の自分の行動について聞かれた。幼馴染の修ちゃんのお兄さん・繁樹が理恵殺しの重要参考人としてあがっているらしい。そして事件について調べていたタマさんが殺された。それを発見したのは、タマさんと待ち合わせしていたセイとセイに呼ばれて駆けつけたサトと修ちゃんだった。

4年前の事件当日のサトの記憶に何が隠されているのか。思い出せという人、思い出すなという人、記憶を失っていたことを誰にもいうなという人、サトは誰を信じていいのかがわからないまま、どんどん巻き込まれていく。
田舎のお祭りを楽しむ大人。そんな大人たちに巻き込まれて手伝わされる子供たち。だけど、子供たちにもちゃんとお楽しみがある。そんな神支村の祭り、いいなぁ。

主人公のサトとクラスメイトで中学から仲良くなったセイ。そして2歳年上の幼馴染・修ちゃん。サトが修ちゃんと仲良しな事をセイがヤキモチや入ていたりして。中学生ってそんなものなの?

色々な事件が起こり、あぁそろそろ犯人が見えてくるのかなって思ったところで用事があって読書中断。その間も色々と考えていたんだけど、ふっとひらめいた!(ネタバレしてます昨日、1年生の次男が宿題として国語の教科書を音読していたんです。「クジラぐも」と言う話。その時に「まわれ右」を次男が「まわれ…いし?」と読み間違えた。まさに同じじゃないの。)まったくタイミングぴったりで笑ってしまいました。
| 本:あ行(大崎梢) | 20:31 | comments(4) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | 20:31 | - | - |
コメント
もう年末ですね〜〜。
早い!!!今年もあとわずかですが、また来年もよろしくお願いします〜。
私は、中学生の男子の会話が、こんな感じなのかな〜って、ちょっと女子っぽいですよね。書き手が女性だからなのかな。

それにしてもこの手の話は、素人大暴走ですよね。(笑)
| じゃじゃまま | 2009/12/29 11:00 PM |
じゃじゃままさん、あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくおねがいします。

たしかに中学生男子にしたら女っぽい会話かも。
そして素人大暴走!ちょっと、ちょっと、そこでやめておけばって何度も思ってました。
でも、暴走しなければ物語は進まないしねぇ(笑)
| なな | 2010/01/02 9:18 PM |
こんばんわ。TBさせていただきました。
大崎さん、本関係以外の作品も上手いなぁと思ってきました。
と、失礼な発言を^^;
そうか、サトとセイの会話、何だか違和感があるなぁと思ったら、女の子っぽいのですね。納得です。
事件はいろんな傷を残したものでしたけど、少年達は前向きに生きていってほしいなぁと思いました。
| 苗坊 | 2010/03/05 12:12 AM |
苗坊さん、こんばんは。

そういえば、最近本屋関係を読んでいないような気がします。
でも、面白いのでいいのです。

こうなったらイヤだなって思う通りのラストで
セイはかわいそうでしたね。

| なな | 2010/03/06 7:44 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/1862
トラックバック
ねずみ石 大崎梢著。
≪★★☆≫ サトの住む村では、祭りの日は子供たちがねずみ石を探す。願い事が一つだけ叶うとされている石だ。 4年前の祭りの日、ねずみ石を探していたはずのサト。そして、その祭りの日に、村では母娘の惨殺事件が起きていた。 サトにはその夜の記憶がない。 なにかを
| じゃじゃままブックレビュー | 2009/12/29 10:55 PM |
ねずみ石 大崎梢
ねずみ石クチコミを見る 祭りの夜には、ねずみ石をさがせ。かなう願いは、ひとつだけ―。 中学一年生のサトこと土井諭大には、四年前のお祭りの記憶がない。 恒例の子供向けイベント「ねずみ石さがし」の最中に、道に迷って朝まで行方しれずだったのだ。 同じ夜、村
| 苗坊の徒然日記 | 2010/03/05 12:07 AM |