CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「BとIとRとD」酒井駒子 | main | 「キャンセルされた街の案内」吉田修一 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「左京区七夕通東入ル」瀧羽麻子
JUGEMテーマ:読書


京都での学生生活も四年目を迎えた七夕の夜、わたしは数学科のキテレツな彼と出会った。どうしてこのひとなんだろうと思う。客観的に見て、異性にもてはやされるタイプとはいえそうにない。目を引くような美男ではないし、話がものすごく面白いわけでも、ことさらに気がきくわけでもないのに―。わたしは恋に落ちている。まっさかさまに、落ちている。

著者の瀧羽さん、京大卒業なんですね。この物語の舞台は京都大学なんだ。読んでから気がつきました。なるほど、主人公・花の就職先が商社な理由がわかりました。

京都での学生生活も4年目で就職も決まった花は、7月7日に近くのミッション系の女子大に通う帰国子女の友人・アリサから、合コンに誘われた。三条木屋町の店にひとり遅れてやってきた男子は、同じ大学の理学部数学科の学生・龍彦。その場にそぐわない龍彦の存在が気になった花。町で偶然出合った龍彦に「タコパ」い誘われ、学生寮へ招かれる。龍彦の友人達と一緒に今まで経験してきたのとはちょっと違うキャンパスライフを送ることになった花だったが…
花はオシャレで自分の欲求に素直な女の子。バイトするのは店長の存在そのものが素敵な古着屋。前期の試験も終わり、後は卒論を残すだけ。そんな時に理学部数学科という自分とは全く違ったジャンルの勉強をして、違う世界で暮らす龍彦と出会い、彼のことがすごく気になる。ものすごくゆっくりとしたペースで進む二人の仲。ところが、龍彦と花の間には数学という大きな壁がある。

龍彦がすむ学生寮で友人と行うたこ焼きパーティーで龍彦の友人と出会う。爆薬の研究をしているヤマネと遺伝子の研究をしているアンドウ。龍彦は一度数学の事を考えると食事を取ることも忘れてしまう。竜彦の先輩だという女性に「普通の人にはついていけない」といわれた。連絡が来ない龍彦の部屋を訪ねた花はパソコンを前にレポートを書いている龍彦に2時間も放置されます。私の存在ってなんだろう?と悩む花。先輩の言った「普通の人にはついていけない」の言葉の意味がわかります。アリサの彼・修治が研究するのは大腸菌。アリサも大腸菌に負けてはならぬ、自分も修治の大腸菌のような「これ」と思えるものをもたなければいけないんじゃないかって悩んでいます。なんだか理系の男子ってそういう印象ありますよね。

私が一番好きだったのは花の友人・剛。いつも花を助けてくれる剛がクラブで行われたクリスマスパーティーのときにした花への告白!もう、もう、どうして剛を選ばないんだろうって、腹がたちました。剛、本当にいい子っぽいよ。
| 本:た行(豊島ミホ) | 21:06 | comments(6) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | 21:06 | - | - |
コメント
お久しぶりです。
なんか普通でした。京大生ってすごく変。
そんな印象を与える強烈な作家が二人いて^^;

まったく話変わるけど、似鳥鶏さんって知ってますか?
既刊シリーズ三冊のうち、まだ一冊しか読めていません。
でも米澤さんの学園ものよりおもしろく読めちゃいました。
今のところ文庫作家ですが、単行本で一気に化けそうです。
たぶん、ななさんも気に入る作家だと思いました。
お暇なときに、ぜひ。

| しんちゃん | 2009/09/30 11:18 PM |
しんちゃん、こんばんは。
もう、すっかり大丈夫ですか?

京大生、たしかにヘン。
あの寮生達は男汁出ていそうでしたよね。

似鳥鶏さん、初めて知りました。
なんて読むんだろう。
図書館で調べたら1冊だけ所蔵してました。
さっそく借りてきます。
ありがとう。
| なな | 2009/10/01 8:36 PM |
追記です。
似鳥 鶏(にたどり けい)さんです。
既刊はすべてシリーズ作です。順番にはご注意を。

「理由あって冬に出る」→「さよならの次にくる〈卒業式編〉」→「さよならの次にくる〈新学期編〉」

めっちゃ元気ですよ!
| しんちゃん | 2009/10/02 10:13 PM |
しんちゃん、ありがとうございます。
借りてきました。
「理由あって冬に出る」でした。
シリーズ物なんですね。
| なな | 2009/10/04 8:59 PM |
★ こんばんわ

京都で学生生活を過ごすのはとても楽しそうで素敵な話でした。私も剛君がはじめから気になっていました。
最後は剛君かなと想像しながら読んでいたのですが、そうはなりませんでした。
| やまけん(肩の力を抜いて) | 2010/02/19 12:33 AM |
やまけんさん、こんばんは。
剛君、いいこでしたよね。
付き合わなくて残念でした。
| なな | 2010/02/19 10:05 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/1841
トラックバック
「左京区七夕通東入ル」瀧羽麻子
左京区七夕通東入ル(2009/07/23)瀧羽 麻子商品詳細を見る 七月七日にわたしたちは出会った。京都での学生生活も四年目。合コン、どう? 帰国子...
| しんちゃんの買い物帳 | 2009/09/30 11:21 PM |
・「左京区七夕通東入ル」瀧羽麻子
50歳半ばのおじさんが、この小説を読んで余韻に浸っているとは、声に出しては言えない。ブログのおかげでその想いを語ることができる。 山崎ナオコーラ、津村記久子、青山七恵など日常生活をとても上手く描く若い作家たちはいるが、その作品の読後は一体何の話だった
| 肩の力を抜いて | 2010/02/19 12:28 AM |