CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< ウエディング宣言 | main | 「スノウ・ティアーズ」梨屋アリエ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「静子の日常」井上荒野
井上 荒野
中央公論新社
(2009-07)

JUGEMテーマ:読書


何かが過剰で、何かが足りないこの世の中今日も出くわす“ばかげた”事象を宇陀川静子・七十五歳は見過ごさない。

井上さんにしたら結構あかるく真っ当な家族の物語だなぁって思ったら、初出が読売新聞社ウェブサイトyorimoだそうです。なるほど。

長年連れ添った夫を亡くし、息子夫婦と同居することになった 75歳になる静子の日常。息子の愛一郎、嫁の薫子、孫のるか、4人の視点から物語が語られるのですが、静子さんを中心に素敵な空気が流れてます。不倫やら、中傷やらっていうのも出てくるんだけど、なんだかほのぼのしている。
フィットネスクラブではちょっとした人気者。新聞配達のお兄さんからパソコンを習い、浮気しているらしい息子の浮気現場に偶然を装って居合わせたり、孫の恋愛の手助けをしたり。粋なおばあちゃんなのです。

桐野さんの「IN」を読んだ時、夫の浮気って言うのはいくつになっても許せないものなのだなぁって思ったんだけど、静子さんもやっぱり亡くなった夫の婚外恋愛のことを思い出し「本当に仕方のない人だったわね」って思いながらも、それらを悪くない思い出かもって考えたりするのです。嫁の薫子も夫・愛一郎の気持ちがちょっと外に向っているのをなんとなくわかってはいるけど、何かする訳でもない。電話だったり、今ではメールだったり、何かぴんとくるものがあるんですよね。母親によって浮気をやめさせられた愛一郎。出会い系サイトに向っていた情熱がお取り寄せサイトに方向転換。あまりにも単純で笑えます。そして静子もるかもいない休日、ビールを飲む薫子にお茶で付き合う下戸の愛一郎。そうだよ、こうやって夫婦っておさまるところに収まり、妻は夫が死んだ後に「そういえば40歳の頃…」って夫の浮気を思い出すんだ。自分の未来が見えた気がします。

そんな風に夫の浮気にこだわっている静子さんですが、自分にも30年来の片想いの相手大五郎がいるのです。老人ホームに住んでいる大五郎さんを訪ねるときは着物。クリスマスに交わした二人の会話が切なくて素敵です。そして大五郎から届いた「くるな」とかかれた葉書。なんだかずしりと重いです。

息子達の教育方針には口を出さないっていう静子さんと薫子さんの嫁姑関係はものすごく羨ましいし、孫のるかと静子さんが一緒にいる姿もすごく微笑ましい。なんだかとっても素敵な物語でした。


印象に残った言葉が静子がバスツアーに行った時に思う「女ったらしは役に立つ。」という言葉。こういう発想が出来る静子さん、本当に素敵です。そしてるかが「好きになった相手の事をいつでも考えてると、米袋ひとつ、ダンベルひとつ分くらいの重さが増えるが、その相手と気まずくなると、単純に一人に戻ったというよりも、激しく一人になったようなきがうすr。増えた分が減ったというより、それよりもっと身が削られているみたい」って言う部分。確かにそうだよなって思いました。
| 本:あ行(井上荒野) | 21:47 | comments(4) | trackbacks(3) |
スポンサーサイト
| - | 21:47 | - | - |
コメント
初めまして。

以前お邪魔をした記憶があるのですが、今ひとつ自信がないので、初対面のご挨拶をさせていただきました。

『静子の日常』について書かれたブログはまだ少ないので、寂しく思っていたところ、ななさんの記事を見つけ、立ち寄らせていただきました。

静子さんのような年齢の重ね方、ステキだと思います。
まだ若かりし頃の煩悩が抜け切れていないのが、かえって静子さんを魅力的にしているのではないか、などと読みながら思いました。
もっとも、ぼくは男性ですので、目標とするのは茗荷谷さんですが。

TBさせていただきます。
| touch3442 | 2009/09/13 8:04 PM |
touch3442さん、はじめまして。
たぶん、始めましてだと思います。

静子さんの生きる姿勢が素敵です。
色々と考えぬいて、そして行動する。
だけど飄々としている感じ。
こんな素敵な年の重ね方したいです。
touch3442さんは「目指せ茗荷谷さん」なんですね。
彼も素敵な年配者でしたね。
| なな | 2009/09/13 9:44 PM |
TBさせていただきます。
ななさんのレビューを読んで、もう一度読み返したくなりました。
そういえば、最近、そろそろ五十歳の私の兄がなんだかお取り寄せにはまっているという話をお盆で帰省した折に耳にしていたことを思い出しました。・・・。
| 時折 | 2009/09/22 8:30 PM |
時折さん、こんばんは。
静子さんの魅力的な事!
素敵な物語でしたよね。

お兄さん、お取り寄せにはまっていらっしゃるんですね。
私は一度もしたことないですけど
「あたり」があるとやめられなくなりそうですね。

私はテーブルの上に「長時間座らないでください」とか
「水の中に入らないでください」だとか
色々な注意書きに目がいくようになりました。
ポストイットははれませんが(笑)
| なな | 2009/09/23 8:16 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/1826
トラックバック
『静子の日常』井上荒野著(中央公論新社)
 突拍子もない話ではあるが、ぼくが今、女子高校生であったとしたら、どんなおばあちゃんが欲しいと思うだろう。これまでに読んだ本の中から理想のおばあちゃん像を探すと、梨木香歩さんの『西の魔女が死んだ』のおばあちゃんはかなり点数が高い。ただ、あの方はちょっ
| 生きることにも心急き、感ずることも急がるる… | 2009/09/13 8:05 PM |
井上荒野『静子の日常』
75歳、静子の冒険。 内容(「BOOK」データベースより) 何かが過剰で、何かが足りないこの世の中今日も出くわす“ばかげた”事象を宇陀川静子・七十五歳は見過ごさない―チャーミングで痛快!直木賞作家の最新長篇小説。 この小説における最重要人物・静子は75歳で、
| 時折書房 | 2009/09/22 8:32 PM |
「静子の日常」井上荒野
75歳の女性が主人公。 さらさらと読めた。    【送料無料】静子の日常 [ 井上荒野 ]価格:560円(税込、送料別) 高齢にもかかわらず水泳を始める静子。新しいことに挑戦し続ける姿勢がすごい。 どこの世界に75で水泳を始め、バタフライを25メートル泳ぎ切る女
| りゅうちゃん別館 | 2012/10/07 9:23 AM |