CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< スカート推進週間! | main | 続くものなのです >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「魔王」伊坂幸太郎
魔王
魔王
伊坂 幸太郎


両親を交通事故で亡くした兄弟「魔王」が兄安藤の物語で「呼吸」が弟潤也の事を妻の詩織が語る。

へぇー。今まで読んだのとは全然違う感じ。人の政治に対する無関心さ、そしてネットやテレビなどの情報の信憑性の有無、そして一度一つの方向に向かってしまった群集の恐ろしさなんかを考えてしまいました。「今の大人がかっこよければ、(若者は)誇りに思う。」には潤也と詩織と同じように「そうかもしれない」って思いました。私はかっこいい大人じゃないなぁ。

いつも何かを考えてる兄、安藤。ことあるごとに「考えろ、考えろマグガイバー」と子供の頃見た「冒険野郎マクガイバー」のセリフを自分に言い聞かせてる。自分に腹話術の能力があるかもと思ったときにも色んな方向から検証する。それに対して弟、潤也は何も考えずに直感で行動する。兄が死んでから詩織とのじゃんけんに負けたことがないことに気がついて、詩織と二人競馬をしに行く時も、ただ行き当たりばったりに実験をする。そんな対照的な兄弟二人の仲がいいのが好ましい。夢の中で「兄が犬の側に駆け寄って眠るように眠る兄の死を『人の死に方が書いてある本』で見た」潤也。兄が自分を残してどこかに行ってしまう事がすごく心配。一方兄は、心臓が苦しくなった時などに自分が青空を飛ぶ鳥で、地上から弟が双眼鏡で自分を見てる姿を見る。そんな兄弟。

最近、一つの本の中で短編が少しずつリンクしてるものをたくさん見かけるけど、伊坂さんは他の本とリンクしてるから面白い。今回は彼ですね。前回の本読んでいてよかった。

なんだか続きが気になる。潤也君は「お金は力だ」って言ってますが、その大金をもってどうするつもりなんだろう?なんとなく中途半端な終わり方のようですが、これでも雑誌「エソラ」に載ったものに加筆したようです。続きはないのが残念です。

「魔王」
犬養と言う若者の心を捉える政治家が現れて「五年後に景気が回復していなかったら私の首を切ればいい」と言い切る。おかしいと思う安藤。そんな彼に不思議な力が備わった。腹話術だ。相手に意識を集中させると、自分が心の中で思ったことを相手が言う。ダムの決壊を止められるのか。

「呼吸」
安藤がなくなって5年後。結婚をして仙台に移り住んだ潤也と詩織。犬養は首相になった。テレビも新聞もない家で暮らす二人。憲法改定の国民投票が行われる事になり、潤也の様子がおかしい。洪水が起きた時にそれでも水に流されないで立ち尽くす1本の木になりたい。そんな風に思う潤也。
| 本:あ行(伊坂幸太郎) | 22:40 | comments(11) | trackbacks(6) |
スポンサーサイト
| - | 22:40 | - | - |
コメント
ななさん、こんにちは。
自分で考え、行動することを提起する作品でしたね。
「魔王」には続きがあるものと思っていました。
しかし調べてみたらこれで完結みたいで残念です。

ブログリストに登録させていただきました。
相互リンクしていただいてもよろしいでしょうか?。

| 藍色 | 2006/05/11 11:58 AM |
藍色さん、こばんは。

その後の弟の動向が気になります。
何を目指しているんでしょうね。

ブログリスト登録ありがとうございます。
私も登録させていただきます。
| なな | 2006/05/11 9:55 PM |
ななさん、リスト登録ありがとうございます。
ふつつかものですが、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

伊坂幸太郎は人気がありすぎて図書館でずっと予約待ちです(涙)。
「砂漠」も「週末のフール」も「陽気なギャング」もまだ読んでいないのは、先の楽しみと考えて待っています。
| | 2006/05/12 1:05 PM |
すいません、上記は私です(恥)。
| 藍色 | 2006/05/12 1:07 PM |
藍色さん、こちらこそ末永く宜しくお願いします。

石田さんの新刊は出たと同時に図書館に予約しないと、半年は待つことになりますからね。(って好きなんだから買えばいいんでしょうけど、本を置くスペースがないんです)
だけど、全部読んじゃうとつまらないので、ゆっくりと楽しむのもいいと思います。
そんな私、最初のほうの数冊まだ読んでいないのです。
| なな | 2006/05/12 10:21 PM |
今日は。久しぶりです。魔王の感想をTBします。ちょっと辛口になりました。期待が大きかったからかもしれません。
| saheizi-inokori | 2006/05/25 1:59 PM |
saheizi-inokoriさん、こんばんは。

わかります。私もこれはちょっと苦手。
恥ずかしながら「魔王」を知らないのです。

| なな | 2006/05/25 9:59 PM |
こんばんは。

来年の夏ごろに続編が出るようですね。
50年後の潤也だそうです。

読むときにこの本の記憶があるかが心配です。
| しんちゃん | 2007/12/18 8:28 PM |
しんちゃん、こんばんは。
来年の夏に続編!50年後の潤也!?
「読む前に再読!」でしょうね、確実に…
| なな | 2007/12/18 9:37 PM |
重いテーマでした。
今の社会で良いとは思わないけれど、どう変えればいいのか私もわからないです。
でもファシズムは嫌かな‥綺麗に整列したスイカの種見たら、私も鳥肌立つと思うし。

50年後の続編ですか!
潤也は洪水の中の1本の木になってるのかな?
| たまま | 2008/09/11 8:59 AM |
こんばんは。
重いテーマでしたよね。
伊坂さんの本の中で一番重かったかも。
そういえば来月か再来月に出るんですよね。
もう一度読んでおかないと忘れていそうです。
| なな | 2008/09/11 10:14 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/178
トラックバック
魔王、伊坂幸太郎
装幀は松田行正。小説現代特別編集「エソラ」2004年12月・第一号、2005年7月・第二号掲載。表題作と「呼吸」からなる連作中編集。 表題作魔王:パソコンシステム会社の
| 粋な提案 | 2006/05/11 11:59 AM |
試作品?もう少しですね 伊坂幸太郎「魔王」(講談社)
「オーデユボンの祈り」が印象に残っている作家。もう一作、どれを読もうかと思って表題や手頃な厚さ(薄さ)にひかれて買いました。 残念!仕損じです。なんだか、面白く面白く、どうしたら読者が喜んでくれるか、もっと言えば売れるかと考えすぎだ。だからといっ
| 梟通信〜ホンの戯言 | 2006/05/25 2:01 PM |
「魔王」伊坂幸太郎
魔王発売元: 講談社価格: ¥ 1,300発売日: 2005/10/20おすすめ度 posted with Socialtunes at 2006/05/26 例えば、私は伊坂幸太郎の本を読んで面白いと思っている。 でも本当に「私」は面白いと思ってるのか? 読書ブログを始めてから、いろんな人のいろんな感想を
| 本を読む女。改訂版 | 2006/05/30 11:59 PM |
魔王
この作品の中で強く頭に残る言葉として「諸君はこの颯爽たる諸君の未来圏から吹いて来る透明な清潔な風を感じないのか」という三行からなる文でしょう。 これは宮沢賢治の作品の一文なのですがこの一文をテーマというか題材にして魔王は創られています。 虚無や無関心
| 本を読もう | 2007/03/27 7:24 PM |
「魔王」伊坂幸太郎
魔王伊坂 幸太郎 (2005/10/20)講談社 この商品の詳細を見る 「魔王」と「呼吸」の姉妹篇二作を収録。 「魔王」 子供の頃に両親を交通事故で亡くし、安藤は弟の潤也とその彼女の詩織ち...
| しんちゃんの買い物帳 | 2007/12/18 8:24 PM |
考えろ 考えろ
小説「魔王」を読みました。 著書 伊坂 幸太郎 特殊能力、ファシズム、考えろ メッセージ性の高い作品といえます ちょっと 今までの類とは違う、伊坂作品といえますね とはいえ 台詞などらしさはありましたが とはいえ 好み...
| 笑う学生の生活 | 2010/11/30 1:05 AM |