CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< トモダチコレクション | main | 「ステップ」重松清 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「夏の水の半魚人」前田司郎
JUGEMテーマ:読書


小学生だって、考えて遊んで闘ってた…。小学校5年生の夏。子どもでも大人でもない、男でも女でもないあの時期を、「力みゼロ、の演劇界の鬼才」前田司郎が描く、リアルな響きの「エデンの園」@五反田。 第22回 三島由紀夫賞受賞。

酒井駒子さんの挿画に惹かれて借りました。だから画像は大きめで。

前田司郎さん、初読みです。amazonの紹介「力みゼロ、の演劇界の鬼才」って。五反田団という劇団を主宰、演出・脚本・俳優までこなし、テレビドラマの脚本も執筆する方だそうです。

お祭りに行ったり、塾があったり、怖い上級生がいたりとありそうな話です。が、なんてったって一つの文章が長すぎる。まるで息子の日記を読んでいるかのような気持ちになりました。あっそれが狙いなのか?!

少し前の5年生の日常。ただ、それだけです。
ちびまるこちゃんを面白いというクラスメートがいるけど、魚彦は「サザエさんに悪いと思ってみていない」って。その感覚がわかる!って思いました。私もちびまるこちゃんは気になったけど、サザエさんを見なきゃ申し訳ないわって気持ちになってました。
| 本:ま行(その他の作家) | 20:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 20:56 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック