CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「雨ふる本屋」日向理恵子 | main | 包帯クラブ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「パラドックス13」東野圭吾
JUGEMテーマ:読書


13時13分からの13秒間、地球は“P‐13現象”に襲われるという。何が起こるか、論理数学的に予測不可能。その瞬間―目前に想像を絶する過酷な世界が出現した。なぜ我々だけがここにいるのか。生き延びるにはどうしたらいいのか。いまこの世界の数学的矛盾を読み解かなければならない。


P-13という現象が起きるが起きると予想される3月13日13時13秒にはじっとしていろというよく分からない対策を立てる日本政府。パニックが起きるといけないので、その現象の事は人々には知らせていない。そんな中で強盗殺人犯を張り込んでいる警視庁、捜査一課の苦が誠哉と同じ犯人を追う所轄の巡査で誠哉の弟・冬樹。誠哉が打たれ、銃口が自分に向けられ火がふき出したと思った途端、運転していたはずの犯人がいなくなっていた。辺りの車の運転手がいなくなり、車は衝突。逃げ込んだ建物は無人。うつっているテレビの中にも誰もいない。いったい何が起こったのか。ビルに座る小さな女の子・ミオとその母親・白木栄美子を発見し、その後すし屋で寿司を食べている新藤太一とであった。その時ラジオから「ラジオから声が聞こえた。生存者はいますか。これを聞いた人は、東京駅まで来てください。」という放送が流れた。東京駅へ行ってみると兄の誠哉、技術屋のサラリーマン・小峰義之その上司で専務の戸田正勝。女子高生の中原明日香。山西繁雄、春子という老夫婦。富田菜々美と言う看護師がいた。地震や洪水が起こる東京で協力しながら総理官邸を目指す12人は途中で河瀬というヤクザと出会う。


ちょっと昔にあったドラマ「漂流教室」を思い出しました。突然迷い込んでしまったのは、今までの世界で当たり前だった事が全く通用しない世界。火事が起きても消防車は来ない。電気が通ってないから夜になれば暗くなり、水道がないのでトイレの水も困る。その上、地震が起こり、雨が降り続いて濁流が流れ、水を吸った土地はスポンジのようにゆるくなっている。理解も出来ない世界に迷い込んでしまい、どうにもならない現実を前に、どうやって生き抜くのか。どうやって死んでいくのか。
夢中になりました。生き延びるために、今まで自分がもっていた価値観や世間体などは捨てなければいけない。善悪でさえ、13人でルールを決めていくしかない。足手まといになった人をどうするのか?ヤクザを仲間に入れるべきなのかどうか?限りある食べ物を盗んだ人をどうするのか?

先を見越してきっちりと行動する誠哉と人情に流される冬樹。出来のいい兄とその兄を見ながら育ってきた弟。二人のやり取りは面白かったです。ただ、誠哉の「イブ」発言にはひきました…

消えてしまった人たち、消えてしまった記憶がちょっと悲しい。
| 本:は行(東野圭吾) | 22:10 | comments(15) | trackbacks(9) |
スポンサーサイト
| - | 22:10 | - | - |
コメント
私も「漂流教室」を思ってたよ!でも、ドラマ版じゃなくて、映画版。
止まらないタイプの本だったね。
| ゆうき | 2009/07/13 10:32 AM |
ゆうき、やっぱり!
でも、私映画の「漂流教室」は知らないわ。
先が気になって一気読みだったよ。
| なな | 2009/07/13 9:07 PM |
究極のサバイバル世界にどうなっちゃうの〜?と夢中で読みました。
終わり方が思っていたよりあっさりで、なんとなく不満です。

インフルエンザも怖いですよね。
うちも修学旅行延期になりました。一応9月に行くようですが‥
| たまま | 2009/07/14 9:10 AM |
たままさん、こんばんは。

先が気になる物語でした。
最後はサクサクと終わりましたね。
いい人は残り、悪い人は死ぬって感じもありました。

インフルエンザ、怖いです。
たままさんの息子さんのところも延期ですか。
うちの近所の中学は延期になって日曜日から行ってました。
「季節がかわって、又服を買わされちゃった」と
女の子の親が嘆いてました。
| なな | 2009/07/14 9:13 PM |
ななさん、こんにちは☆
また、たて続けにすいません^^
一気に引き込まれて面白く読みました。読んでいる最中は面白かったのだけれど、全部読み終わってみると、う〜ん、、他の東野作品と比較すると特に・・・かな・・・なんてつい思ってしまうのでした。

私もイブ発言には、うわぁ・・・って思いました。
この小説で一番印象に残ってる部分かもしれません(^^ゞ
| latifa | 2009/08/16 6:02 PM |
latifaさん、こんばんは。
コメントとTBうれしいです。ありがとうございます。

先が気になって、ひきこまれる物語ですよね。
読んだ後にはそれほど残らないんだけど…

「イブ」発言、驚きますよね。
誠哉の責任感が強いからこその発言なんだろうけど…
見方がかわっちゃう一言でした。
| なな | 2009/08/16 9:48 PM |
こんばんは。
私もイブ発言はかなりひきました。
それまで完璧すぎるぐらい出来た誠哉だったからなおさら。
やっぱり女性には不評なシーンでしたね。
| masako | 2009/10/09 3:41 AM |
masakoさん、こんばんは。
誠哉、先の先まで見通してる人だったので
「イブ」発言は言いそうではありますが
男の身勝手って感じはしましたよね。
| なな | 2009/10/09 8:50 PM |
僕は誠哉のイブ発言は、あの極限状態の中では間違った発言ではなかったと思います。
子孫を残して世界を繁栄させていくのは冬樹たち残された人達でしかできないわけで、むしろ女性陣が別行動をとろうとしたことの方が悪いと思いました。
こんなこと思うのは僕が男だからですかね?
ただわざわざあの場面で言うのは間違っていると思いましたが
| 高校生 | 2009/10/19 1:02 AM |
高校生さん、こんばんは。

そう、たしかに間違っていないのです。
しっかりしている誠哉だからこその発言なんだとは思うのです。
だけど、やっぱりどうも割り切れない。
わかってるけど、でも…って考えるのは女性だからなのでしょうかね。
| なな | 2009/10/19 8:59 PM |
私も【漂流教室】思い出しました〜。映画の方ですけど。
兄の方はどう考えてもあの瞬間ああだったわけで、戻った時どうなるのかな〜ってちょっと期待してたんですけど、終盤に近づくにつれ、そうなるか〜って。
結構ヤクザの河瀬、好きだったんですけどね。(爆)
| じゃじゃまま | 2009/11/13 10:34 PM |
じゃじゃままさん、こんばんは。

兄はあの瞬間「アレ」でしたもんね。
弟だって「そう」でしたし。
戻れた人、戻れなかった人の差って本当に些細な事でした。



| なな | 2009/11/14 11:40 PM |
こんにちは。こちらにも失礼いたします。
面白かったのですが、読み終えた後にもやもや感が残りました。
消えてしまった人たち、消えてしまった記憶。
私もそれが悲しいと思ったからかもしれません。
誠治のイブ発言は、遠い未来を考えたら必要だと思いますが、冬樹の言うとおり、物事には順序がありますよね。
私もあの場面は引きました。
| 苗坊 | 2010/09/23 9:54 AM |
苗坊さん、こんばんは。

すごい世界に入り込んだと思ったら
唐突に現在に戻されて…しかも全員じゃなくて。
最後の出会いの裏にある色々を考えたら哀しくなります。
| なな | 2010/09/23 9:31 PM |
こんにちは。RYOJIです。
面白くて一気に読んでしまいました。
この先どうなるんだろう?っていうハラハラ感が良かったです。今までの東野さんにはない作品だと思いました。
誠哉の「イブ」発言はあれはあれで正論なのかもしれませんが、あの極限状態では到底受け入れられるものではないと思いました。今まで普通に暮らしてた人ならなおさらです。
誰もが誠哉のように強くはないですよね。
難しい問題だと思います…。
| RYOJI | 2011/07/29 5:34 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/1754
トラックバック
パラドックス13
  「パラドックス13」 東野圭吾 2009年 474頁 のんびり読書の私が、新刊を読めちゃうなんて! ありがたいです。ありがとうね!Iさん!   3月13日金曜日 13時13分13坊秒からの13秒間。   すきまの世界に入り込んでしまった13人。   火事、地震、大
| わすれるまえに | 2009/07/13 10:22 AM |
【パラドックス13】 東野圭吾 著
ひょっとしたら、彼らには月が2つ見えてたのかもしれない…でも、ずっと雨だったから、月は見えなかったかもしれない  まずは来訪記念のポチッ[:ひらめき:] [:next:] blogRanking[:右斜め上:]【あらすじ】13時13分からの13秒間、地球は“P‐13現象”に襲
| じゅずじの旦那 | 2009/08/11 12:52 PM |
「パラドックス13」東野圭吾 感想
どうなるんだ?って一気に読んだものの、あまり人物掘り下げが少なくて、なんだかパニックものの映画を見た時のと似た様な後味・・・。読んでいる最中はとても面白く読ませてもらったんだけれど、
| ポコアポコヤ | 2009/08/16 6:00 PM |
東野圭吾 『パラドックス13』
パラドックス13/東野 圭吾 ¥1,785 Amazon.co.jp 13時13分からの13秒間、地球は“P−13現象”に襲われるという。何が起こるか、論理数学的に予測不可能。その瞬間、目前に想像を絶する過酷な世界が出現した! 崩壊した東京で繰り広げられる究極の
| 映画な日々。読書な日々。 | 2009/10/09 3:37 AM |
パラドックス13 東野圭吾著。
≪★★☆≫ 首相の大月は、宇宙航空研究開発機構から到底理解できない報告をされる。事は、アメリカ、ホワイトハウスにも報告されている。 3月13日午後1時13分13秒。地球の運命の時。 情報は各トップだけ、混乱を避けるため国民には知らされない。運命の瞬間、
| じゃじゃままブックレビュー | 2009/11/13 10:32 PM |
東野圭吾『パラドックス13』
パラドックス13東野 圭吾毎日新聞社このアイテムの詳細を見る 今回は、東野圭吾『パラドックス13』を紹介します。13時13分からの13秒間、地球は“P‐13現象”に襲われるという。その現象によって、破壊されていく東京に残されたのはわずか13人。どうやって生き残ろうと
| itchy1976の日記 | 2010/03/07 6:47 PM |
パラドックス13 東野圭吾
パラドックス13著者:東野 圭吾販売元:毎日新聞社発売日:2009-04-15おすすめ度:クチコミを見る 「世界が変われば善悪も変わる。 人殺しが善になることもある。 これはそういうお話です」東野圭吾 運命の13秒。人々はどこへ消えたのか? 13時13分、突如、想像を絶
| 苗坊の徒然日記 | 2010/09/23 9:51 AM |
◎読書記録◎ 「パラドックス13」 東野圭吾 
「世界が変われば善悪も変わる。人殺しが善になることもある。これはそういうお話です」 東野圭吾
| The 近況報告!〜今度は多摩川のほとりから | 2011/01/24 11:20 PM |
パラドックス13
東野圭吾さんの「パラドックス13」の感想です。P-13という超常現象によって、久我冬樹、誠哉らは無人で廃墟と化した大都市・東京を彷徨い歩く。かつてない天変地異が襲いかかる中、彼らが生き残る術はあるのか―。...
| 東野圭吾さんのファンブログ | 2011/07/29 5:34 PM |