CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「疾風ガール」誉田哲也 | main | 「にんきもののねがい」森絵都 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
パコと魔法の絵本
JUGEMテーマ:映画


製作年度: 2008年
監督: 中島哲也
上映時間: 105分
出演:役所広司、アヤカ・ウィルソン、妻夫木聡、土屋アンナ、阿部サダヲ、加瀬亮、小池栄子、劇団ひとり、山内圭哉 龍門寺、國村隼、上川隆也


変わり者が集まるとある病院。そこは、大人の俳優に脱皮出来なかった元有名子役や消防車に轢かれた消防士といった患者のみならず、医師や看護師までもどこか変な人たちばかり。中でも大貫の偏屈ぶりは筋金入り。“お前が私を知っているだけで腹が立つ”と傍若無人な振る舞いで病院中の嫌われ者。毎日同じ絵本を読んでいる無邪気な少女パコに対しても容赦なし。そんな大貫は、ある時些細な誤解からパコを引っぱたいてしまう。ところが翌日、何事もなかったようにケロっとしているパコ。実は、彼女は交通事故の後遺症で記憶が1日しかもたないのだった。しかもその事故で両親を失ったことも知らず、毎朝枕元にある絵本をママからの誕生日プレゼントと思い込んでいた。そのことを知り、さすがに反省した大貫が、ふとパコのほっぺに触れた瞬間、“おじさん、昨日もパコのほっぺに触ったよね?”。昨日のことを覚えていないはずのパコが、よりによって大貫のことを覚えていた。ついに大貫の心に大きな変化が生じ、彼はパコのために何かをしてあげたいと思い始めるのだったが…。
大満足!を読んでいたので、物語のあらすじはわかってました。映像がきれい。色使いやセットがすごく凝っていて見ていてあきません。

俳優さんはそれぞれピッタリ嵌ってます。阿部サダヲはいつものように面白いし、土屋アンナはいつもどおりのどすの利いた声で。小池栄子がナイスでした。「○○だわさ!」って暫く私の中で流行りそう。國村隼のジュディー・オング「魅せられて」も何度やられても笑っちゃいました。

劇団ひとりと妻夫木聡はちょっと存在感薄かった。妻夫木聡なんて顔が良くわからなくて、途中で一度ネットで配役を調べちゃいました。

ずっと笑っていられます。そしてタマ子が室町に告白するところはジーンときます。

パコちゃんの洋服やベットカバーのモチーフがかわいらしかったです。



| 見る(邦画) | 21:07 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 21:07 | - | - |
コメント
これはいい年齢をして、映画館で涙をぼろぼろ流しながら観た映画でした。あざとく泣かせる・・ってわかっていながら、泣かされちゃうんだからダメですね。でも、ギャグと「ほろっ」がすっごくバランスのよい映画だと思います。
日本映画、元気だな。
| すの | 2009/06/17 10:27 PM |
すのさんは映画館で観たんですね。
笑いと涙のバランスよかったですね。
もう一度観てもいいかなっておもう映画です。
| なな | 2009/06/18 10:29 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック