CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「らせん」鈴木光司 | main | 「にんきもののひけつ」森絵都 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ランドリー
JUGEMテーマ:映画


原題: LAUNDRY
製作年度: 2001年
監督: 森淳一
上映時間: 126分
出演: 窪塚洋介, 小雪, 内藤剛志, 田鍋謙一郎

幼い頃、頭部に傷を負い、脳に障害を残す青年テル。彼は祖母の経営するコインランドリーで洗濯物を盗まれないように見張り続ける。そこにはさまざまな人が毎日やって来てはまた帰っていく。彼にとってはこのコインランドリーだけが世界のすべてだった。ある日、そこに水絵という女性がやってくる。テルは彼女が置き忘れた洗濯物を届けてあげたことから言葉を交わすようになる。しかし、水絵は突然故郷へと帰ってしまった。最後にここにやって来たときに忘れたワンピースを残して。ついにテルは、それを彼女に届けるために初めて外の世界へと足を踏み出すのだが…


テルののんびりした語りで淡々と進んでいく物語。

水絵が家に戻り、今は妹の部屋となってしまった部屋に居候する時に、好きな男の子の話でクスクスと笑いあうシーンや水絵が警察に捕まり、雨の中泣きながらランドリーのあったところまでいくテルなど、印象深いシーンはたくさんあるのですが…

テルの住んでいた町と水絵の実家。そしてハトを飛ばす仕事をしているサリーのところ。その3つの場所は近いのだろうか?テルの能力で水絵が捕まった後、泣きながら元ランドリーの場所にいけるかしら?とか、出所した水絵はなぜテルが元住んでいたタンクのある町をバスで通ったのか?とか。そんな事が気になっちゃう映画でした。

割とどうでもいい事なんだろうけど、私が映画を観る時にはどうしても「時間の矛盾」や「距離の矛盾」が気になってしまうのです。邦画はそこら辺がいい加減な映画が多いのです。
| 見る(邦画) | 21:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 21:00 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック