CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「君が降る日」島本理生 | main | 「なん者ひなた丸ねことんの術」斉藤洋 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
シービスケット
ゲイリー・ロス,ローラ・ヒレンブランド
(2005-07-06)

JUGEMテーマ:映画


原題: SEABISCUIT
製作年度: 2003年
監督: ゲイリー・ロス
上映時間: 141分
出演: トビー・マグワイア, ジェフ・ブリッジス, クリス・クーパー, エリザベス・バンクス, ウィリアム・H・メイシー

1929年10月、アメリカは株の大暴落で大恐慌時代に陥った。それまで自動車ディーラーとして成功を収めていたハワードは、皮肉にも最愛の息子を交通事故で亡くし、妻にも去られてしまった。そんな彼は1933年、運命的に出会った女性マーセラと結婚。そして、乗馬の愛好家である彼女に影響を受け、競馬の世界に傾倒していく。やがて彼は、馬に人一倍愛情を注ぐ元カウボーイ、スミスを調教師として雇う。スミスは“シービスケット”と呼ばれる小柄で気性の荒いサラブレッドの潜在能力に目を付け、ハワードにその馬を購入するよう進言する。そして、誰もが手を焼くその馬の騎手に、気が強くて喧嘩っ早い男レッドを起用するのだった。
原作はローラ・ヒレンブランドのベストセラー・ノンフィクション小説『シービスケット あるアメリカ競走馬の伝説』だそうです。シービスケット、実在する馬だったんですね。

息子を亡くしたチャールズ。大恐慌で両親と離れて暮らさなければいけなくなったレッド。怪我をして殺される運命の馬を手当てする調教師のスミス。3人のそれぞれの人生がとびとびで語られ、チャールズが競馬馬を持とうと思ったときに出合った3人とシービスケット。お互いに対する愛や馬に対する愛がいっぱいつまった映画でした。

特にレッドとシービスケットがレース中に交わす会話。二人とも足を怪我してしまい、散歩をする様子などが素敵でした。

レッド役は「スパイダーマン」のトビー・マグワイア。彼と言えばスパイダーマンなので、他の映画に出てるとは!と驚きました。

スミス役のクリス・クーパーも色んな映画に出ていて印象的な顔。
| 見る:洋画(さ行) | 22:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:06 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/1704
トラックバック