CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「三人姉妹」大島真寿美 | main | シービスケット >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「君が降る日」島本理生
島本 理生
幻冬舎
¥ 1,365
(2009-03)

JUGEMテーマ:読書


恋人・降一を事故で亡くした志保。彼の母親が営む店を手伝う彼女の前に現れたのは、その事故の原因をつくった五十嵐だった。彼の存在を受け入れられない志保だったが、同じ悲しみを抱える者同士、少しずつ二人の距離が近づいていく…。「君が降る日」他、二編収録。

島本さんの作品、いいなぁ。好きです。主人公が痛々しいのです。恋人が死んだ、恋人にこっぴどく振られた、友達なのか恋人なのかの距離。自分に起こったら辛い設定ですが、物語の中に入り込んで主人公になりきって苦しんじゃいます。

「君が降る日」は恋人・降一が突然交通事故で死んでしまった。事故を起こしたのは友人の五十嵐。降一は父親がいなくて、母親が喫茶店を経営し、弟と3人暮らしだった。骨折だけだった五十嵐は降一の母親がやっている喫茶店に手伝いに来る。降一が亡くなってから心が止まってしまった志保。

主人公の志保は降一の不在になれる事がなく、喪失感を感じたまま立ち止まっています。事故を起こした五十嵐さんを見れば降一を思い出し「なぜ?」と心の中で責める日々。しかし少し一緒にいるうちに、同じ悲しみを背負っているからなのか少しずつ気になる存在になっていく。

このまま付き合ってしまうのか?なんて思っていたら、五十嵐は仕事で博多配属に。日々は流れていくけど、五十嵐といれば降一の想い出を共有出来る。そんな理由で博多に行った五十嵐に会いに行く志保。やめればいいのにって思ってしまいました。

生前・降一が「二人は会わせたくない」って言ってた志保と五十嵐ですが、やっぱり惹かれあう。だけど、絶対に降一の存在が間にあるのです。こんな風に出会ってなかったら、もしかしたら志保は降一か五十嵐か…って悩んでいたのかなって考えてしまいました。それにしても、五十嵐の抱えているものが重過ぎる。体を重ねて感じられる寂しさってどんなものなんだろう。想像できません。
「冬の動物園」
長く付き合っていた恋人に突然振られて何も出来ずにいるOL・美穂。その美穂に親しげに声をかけてきたのは、同じ英会話塾に通う高校生の森谷君。

これが一番好きでした。森屋君がかわいいのです。天真爛漫で、高校生なのに大人なのです。こんな恋、羨ましいぞ!

「野ばら」
雪の日に傘に入れてあげた祐に両親がいなくてお兄さんと二人暮らしをしていることは噂で聞いていた。2年になり同じクラスになった祐と佳乃は同級生から友達になった。クラスメイトは二人が付き合っていると思っていたが、友達だった。

男女間の友情。これは難しいものですよね。同性だって「好き」って思える人じゃないと友達にはなれない。友達として好きと異性として好きの差ってそんなにないような気がする。恋愛感情なくいられることが自慢にもなるけど、相手に好きな人が出来た時にはすごくショックを受けたりして。二人の気持ちのすれ違いにヤキモキしました。祐が谷川俊太郎の詩の事を口にした時に佳乃がすぐに読んでいたら何か違った結果になっていたかしら。
| 本:さ行(島本理生) | 21:04 | comments(5) | trackbacks(3) |
スポンサーサイト
| - | 21:04 | - | - |
コメント
ななさん、こんばんは♪
TBさせていただきました。
この作品いいですよね。
個人的には『ナラタージュ』以降で一番良かったかなと思っております。

表題作はふたりの心の傷が深すぎて、ちょっと着地点がつけにくかったような気がします。
あまりにも切なすぎますよね。

私は最後の「野ばら」が一番印象的でした。
これもどうにもならないようなことなんだけど、気持がわかるという点では読者のほとんどの方が経験されてることじゃないかなと思ったりしました。

本作のような路線でずっと寡作でも書いていってほしいですね。
島本さんの作品を読むとなんとなくホッとしますわ(笑)
| トラキチ | 2009/06/02 9:52 PM |
ななさんと同じく自分も「冬の動物園」に一票。
インフル問題で、大阪人は動くなという気配を感じました。
それが関係あるのか、閉塞感ある作品は息苦しかったです。
| しんちゃん | 2009/06/03 10:30 PM |
◇トラキチさんへ

「君が降る日」は一緒にいれば間に必ず降一が存在してしまって。こんな形じゃなく出会っていたら…と思いました。

「野ばら」は気持ちのすれ違いが残念でした。同じ時期に思っていれば…ねぇ。


◇しんちゃんへ
「冬の動物園」の男の子の天真爛漫さ、読んでいて幸せな気持ちになれますよね。
そうか〜大阪人って言うだけで「インフル」って連想されてしまう事もあったのですね。たまたまなのにね。
| なな | 2009/06/04 12:58 PM |
私もヒロイン達に感情移入して読みました。
どれも瑞々しくて心に沁みるような話でしたね。

私も「冬の動物園」が良かったな〜
年下好きなのでまず設定がツボ(笑)

| たまま | 2009/06/09 8:55 AM |
たままさん、こんばんは。
入り込んじゃいますよね。
女性ってこの手の設定に弱いような気がします。
年下の彼、いいだろうなぁとは思いますが
逆の立場、将来息子が10歳くらい年上の女性と付き合っていたら…って想像すると「ムムム」って思います(笑)
| なな | 2009/06/09 9:50 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/1701
トラックバック
『君が降る日』 島本理生 (幻冬舎)
<本作は“痛いけれども心地よい”島本ワールドのエッセンスが詰まった作品集である。自分の進むべき道をひたすら着実に進んでいる島本さん。結婚されて幸せそうですね。今後もずっと純真でかつ瑞々しい作品を書き続けて欲しい。> 初出papyrus。 3編の中編からな
| 続 活字中毒日記 | 2009/06/02 9:46 PM |
「君が降る日」島本理生
君が降る日(2009/03)島本 理生商品詳細を見る 表題作の中編「君が降る日」、「冬の動物園」「野ばら」の短編二編を収録。 表題作「君が降る日...
| しんちゃんの買い物帳 | 2009/06/02 10:40 PM |
君が降る日/島本理生
JUGEMテーマ:読書 読書期間:2009/5/15〜2009/5/16 [幻冬舎HPより] 恋人・降一を事故で亡くした志保。彼の母が営む店を手伝う彼女の前に現れたのは、その死の原因をつくった五十嵐だった。ベストセラー『ナラタージュ』の著者が贈る、切なくも儚い恋愛小説。
| hibidoku〜日々、読書〜 | 2009/06/20 5:31 PM |