CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< インクレディブル・ハルク | main | 「雉猫心中」井上荒野 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「絲的サバイバル」絲山秋子
絲的サバイバル
絲的サバイバル
絲山 秋子
JUGEMテーマ:読書


今度の「絲的」はアウトドア。40歳の挑戦 品川ナンバーのスポーツカーで、「1月1回1人キャンプ」の目標を掲げ、野外で過ごす作家の発見とタタカイの記録。『絲的メイソウ』に続く、エッセイ集。

あぁ、面白かった。七輪、テント、マキを車に積んで一人キャンプ。夜はお酒を飲みつつ、ヘッドランプの灯でエッセイを書く。絲山さん、やっぱり男前です。

夫はボーイスカウトの経験もありで、ホームセンターに行くとキャンプコーナーをじっくり見てます。ダッチオーブンなんてすごく欲しそうにしてる。きっと絲山さんが大嫌いな道具がぴっちり揃ってるキャンパーになりそう。だけど、私は絶対に、絶対に、絶対にいや!!!虫は結構平気なんだけど、蚊がいや。そして何よりもキャンプから帰ってきたら、道具なんかを片付けるのは私の役目だろうなぁって思うとね。

主に群馬のキャンプ場だけど、友達の家の駐車場だったり、神奈川県だったり、講談社の道場前っていうのもありました。キャンプ拒否の私ですが、海でのキャンプは気持ち良さそうって思いました。しないけど。

普通にエッセイのときもあれば、インタビュー形式の時もある。一番面白かったのは三保の松原へ行った「親愛なるステファニー」でした。そして一番怖かったのは神流川の「無題」絲山さんの「ここにこのままいたら間違いなく発狂する」っていう気持ちがすごく良く伝わってきました。私なんてどこにいてもきっとこんな風に怖くなって撤収だろうなぁ。

キャンプなのでアウトドア料理にお酒。最近お酒はほとんど飲まないのですが、絲山さんの文章に影響され読みながらお酒飲んじゃいました。

イラストが又素敵なのでした。
| 本:あ行(絲山秋子) | 21:45 | comments(2) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 21:45 | - | - |
コメント
絲山さんのエッセイはおもしろいですよね!
今回も面白くて男前でした。

ななさんもキャンプ嫌だったんですね。
そういえばキャンプは帰ってからの片付けも大変です。
洗ったり干したりしまったり・・。
それを考えると、いっそう足が遠のきます。
そして何かが出るかもなんて思ったら・・絶対無理。。
| june | 2009/06/13 9:41 PM |
juneさん、こんばんは。
本当に男前ですよね。毎回惚れ惚れします。

キャンプ、嫌です。
どう考えても後片付けは私の役目になりそうですもん。
絶対に、絶対に、絶対に行きません!
| なな | 2009/06/15 9:54 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/1698
トラックバック
「絲的サバイバル 」絲山秋子
絲的サバイバルクチコミを見る 絲サバのことは、「北緯14度」にも載っていて、ずっと読みたいと思ってたんです。イトヤマさんは小説も好きだけど、エッセイもすごく好き。 基本的に惚れ惚れするくらい男前でかっこいい。でもドキッとするほど女の一面があったり
| 本のある生活 | 2009/06/13 9:41 PM |