CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「男の子の条件」鶴見正夫 | main | 「君が降る日」島本理生 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「三人姉妹」大島真寿美
三人姉妹
三人姉妹
大島 真寿美
JUGEMテーマ:読書


大学を出ても就職せず、ミニシアターでバイトしながら仲間と映画作りをしている水絵は三人姉妹の末っ子。長女の亜矢は結婚して子供が一人、次女の真矢は不倫を脱してバリバリキャリア志向。お互いの恋愛事情もバレていて、時には昔話をサカナにお酒を呑んだり……。三姉妹のゆるやかな毎日を瑞々しく描き心温まる長編小説。


福池家の三姉妹。上から亜矢・真矢・水絵。亜矢と真矢は1学年違いで双子のようであるのに対し、少し年の離れた水絵はペット的な存在。亜矢は失恋の後、見合いをしまくり、見事に結婚して今や地方の資産家の家の専業主婦で男の子の母親。真矢はキャリア・ウーマン指向で、不倫恋愛の過去があった様子。三女の水絵は大学を卒業した後就職もせず、単館系映画館でバイトしつつ大学時代の映研仲間と自主製作映画作りに励んでいるという状況。

三姉妹のあれこれを水絵の視点で語ります。
私は弟しかいないし、夫にも弟、子供も息子が二人と「姉妹」って言うのがどういうのかがいまひとつわからないのですが、こんなに秘密がなくて、喧嘩したり、言い合いしたり、すべてお見通しだったりするもんなんでしょうかね。

水絵は大学の後輩右京くんと付き合っているのか、いないのか。メールを打っても半日、一日後にあっさりとした返事をよこすだけの右京くん。本当に私のことが好きなのか?と不安になる。読んでる方は「そりゃ〜ダメだよ」って思うんだけどね。

脇役の雪子さんと澤さんがかっこいい女でした。

亜矢の嫁ぎ先の小姑・雪子さんは30過ぎて親の経営する自動車学校の事務をしていて、夜になるとポルシェをかっ飛ばす。澤さんは大学院生。映研仲間が主演女優にしたいとストーカーまがいの行動を取り、右京くんとクリスマスに怪しい行動を取ったことから水絵と右京くんの距離が離れます。そんな時水絵のバイト先にやってきた澤さん。右京くんとはなんでもないけど、迷惑かけたからと謝る澤さんに「右京くんが監督の映画の主演をやるよう」に言う水絵。右京くんの頼りない監督態度にスタッフはどんどん離れていくけど、澤さんは毎日キチンと出席してるのです。そんな彼女をもっと知りたい!
| 本:あ行(大島真寿美) | 21:17 | comments(6) | trackbacks(3) |
スポンサーサイト
| - | 21:17 | - | - |
コメント
私も三人姉妹より、脇役の雪子さんをもっと読んでみたいと思いました。

姉妹って気ごころしれていていい時もありますが、辛辣なこともありますね(笑)。
| かつき | 2009/06/05 5:21 PM |
かつきさん、こんにちは。
雪子さん、一癖も二癖もありそうで興味深いですよね。
姉妹、何でも言い合えて羨ましいですが
容赦なさそうですよね。グサグサ来ること平気でいいそう(笑)
| なな | 2009/06/06 11:16 AM |
こんばんは。
長女、次女、三女と三姉妹の気質になるほどと思いました。
そして女ばかりが集まるとうるさそう(笑)
雪子さんは、彼女だけでまるまる一冊の本になりそうでした。
| しんちゃん | 2009/06/11 6:02 PM |
しんちゃん、こんばんは。
長女、真ん中は真ん中の、そして末っ子らしさが出てましたね。
女は二人でもうるさいですからね。
3人いたら誰が話すかでバトルになりそう。
雪子さん、本になったらいいのに。
気になる存在です。
| なな | 2009/06/11 8:50 PM |
雪子さんが、水絵には結構素の顔を見せてくれてたのがなんだか嬉しかったです。
大島さんの作品って、ヒロインが、ありきたりな恋愛を、物語の終盤に向けて成就するんじゃなくて、破局に向かわせてて、そのくせ妙な達成感があるんですよ。それが結構好きなんですよね。
| じゃじゃまま | 2009/06/20 10:50 PM |
じゃじゃままさん、こんばんは。
雪子さん、水絵にはホンネをぶつけてましたね。

そうか〜恋愛うまく行かないですね。
でも、それでよかったって言うのか
ステップアップできたって思えるのがいいですね。
| なな | 2009/06/21 8:39 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
『三人姉妹』 大島真寿美
末っ子の福池水絵から描く三人姉妹の物語。少し年の離れた長女の亜矢は地方のセレブマダム。しかし閉鎖的な土地柄と嫁ぎ先にうんざりしていて離婚騒動に発展。そのすぐ下の姉、真矢はキャリアウーマン。おおらかでちゃっかりもの。水絵は映画に夢中のフリーター。映画館
| 猛読醉書 | 2009/06/05 5:21 PM |
「三人姉妹」大島真寿美
三人姉妹(2009/04)大島 真寿美商品詳細を見る 大学を卒業しても就職せず、就活もせず、単館映画館のバイトで小遣い稼ぎをしつつ大学時代から続...
| しんちゃんの買い物帳 | 2009/06/11 6:01 PM |
三人姉妹 大島真寿美著。
≪★★★≫ 大島氏の書くヒロインって、こんな感じ。 どこにでもいる女の子で、特別容姿端麗でもなく、どちらかというとみんなと同じに出来ない不器用な感じの女の子。 水絵も、大学卒業後、フリーターで映研にOGとして参加しながら、見にシアターでバイトしてる女の
| じゃじゃままブックレビュー | 2009/06/20 10:42 PM |