CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「ホペイロの憂鬱」井上尚登 | main | 「絲的サバイバル」絲山秋子 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
インクレディブル・ハルク
インクレディブル・ハルク
インクレディブル・ハルク

JUGEMテーマ:映画


原題: THE INCREDIBLE HULK
製作年度: 2008年
監督: ルイ・レテリエ
上映時間: 112分
出演: ウィリアム・ハート, リヴ・タイラー, エドワード・ノートン, ティム・ロス

科学者のブルース・バナーは、恋人ベティの父、ロス将軍の命令を受けて人体への放射線抵抗を研究していた。ところがその研究実験中に事故が発生、多量のガンマ線を浴びたブルースは、怒りを感じて心拍数が200を越えると約2.7メートルもの巨大な緑色のモンスター=ハルクに変身する特殊体質となってしまう。それ以来、彼を利用しようとする軍の追跡を逃れ、ブラジルに身を隠して治療薬開発と細胞の解明に専念するブルース。しかし、ふとした出来事からブルースの居場所が割れてしまい、ロス将軍によって送り込まれた特殊部隊員ブロンスキーらに包囲されてしまう。だがその時ブルースはハルクへと変身、部隊を一蹴し、間一髪のとこで逃亡に成功するのだったが…。
2003年に「ハルク」って映画があったんですね。それは見逃してます。

ハルクになった時の破壊力ったらすごいです。自分でも何してるのかわからなくなっちゃうって事なんだよね。ハルクにならないように心拍数を抑える技を武道家に教えてもらったり(その人の胸のへっこみ方がすごかった)アメリカにいる研究者と連絡を取って治療方法を探したりと「治りたい」って思ってるブルース。

ブルースはいやだと思っているのにその力をつけたいと思い、自ら志願してしまうのが軍人ブロンスキー。怪人アボミネーションになりハルクと戦います。

恋人ベティ役のリブ・タイラー。あいかわらずきれいですが、ちょっと太った?

変身して服がボロボロになってしまうからと、ストレッチ素材のパンツを探すブルース。そこら辺にいるお知りの大きなおばさんにパンツを合わせてみて「これでよし」って顔なのが笑えました。そして乱暴なタクシー運転手に向かってキレちゃうベティに心拍数を抑える方法を教えようか?と言うシーンも面白かった。

最後にロス将軍の所に男の人がきて何やら言って…続編なのって思ったんだけど、出ていたのが「アイアンマン」のロバート・ダウニー・Jr。何かあるのかしら。
| 見る:洋画(あ行) | 20:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 20:20 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/1693
トラックバック