CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 僕の彼女を紹介します | main | 象の背中 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「カナリヤは眠れない」近藤史恵

カナリヤは眠れない (ノン・ポシェット)
近藤 史恵
JUGEMテーマ:読書


変わり者の整体師合田力は、“身体の声を聞く”能力に長けている。助手を務める屈託のない美人姉妹も、一皮剥くと何がしかの依存症に罹っていた。新婚七カ月目の墨田茜を初めて看たとき、力は底知れぬ暗い影を感じた。ひょんなことからそこ通うことになった雑誌編集者・小松崎は、若い女性の買い物依存についての記事を書くことになり…

図書館でたまたま手にした本。出たのが1999年と10年前。ちょっと登場人物の洋服なんかに古臭さはありますが、でも全然気にならない。すごく面白かったです。整体師シリーズとして3冊出ているようですね。他のも読まなきゃ!

墨田茜は、独身時代にカードを使いすぎて借金が返せなくなり、両親が土地を売って返した。田舎で見合いをして結婚。夫となった人はレストランを数件経営するお金持ち。夫のために手の込んだ料理を作り、合い鍵を持っていて突然やっている義母に耐える生活。ところが、夫から渡されたカードでまた買い物を始めてしまった。

入稿あけの編集者・小松崎雄大は首に激痛を感じていた。次の記事「若い女性の買い物依存症」の調査のためにデパートを覗きに行こうと思っていた小松崎は若い女の人とぶつかる。激痛に声をあげる小松崎は女性が働いているという接骨院に連れて行かれた。

女性・歩が働いてるのは古い雑居ビルの屋上に建っているプレハブの「合田接骨院」変わり者だけど「身体の声を聞く」事が出来る合田力先生と、セックス依存症の姉・恵と摂食障害の妹・歩が助手として働いている。

茜と小松崎が交互に語るのですが、小松崎は主に合田接骨院の人達のかかわりで働いている人達それぞれの性格などを語ります。「身体の声を聞く」合田先生に見てもらいたい。

そして茜の語り。追い込まれていく茜の心理が細やかに描かれていています。無駄遣いをしちゃいけないのはわかっているんだけど、だけど…って自分を正当化してしまう気持ち。そして彼女を取り囲む静かな悪意。万引きをしようとしていた和樹を助け、仲良くなり「自分の事をいたわって上げてください」という合田のアドバイスに耳を傾け、自分を取り戻せてよかった。

小松崎と歩の今後も気になるところです。
| 本:か行(その他の作家) | 21:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 21:45 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック