CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< カンフー・パンダ | main | 「船に乗れ!1 合奏と協奏」藤谷治 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「ブロードアレイ・ミュージアム」小路幸也
ブロードアレイ・ミュージアム
ブロードアレイ・ミュージアム
小路 幸也
JUGEMテーマ:読書


1920年代のニューヨーク。裏通りのブロードアレイ・ミュージアムに赴任した青年エディを迎えたのは、ワケありな収蔵品と奇妙なキュレーターたち。美女メイベル、巨漢ブッチ、寡黙なモースに伊達男バーンスタイン。そして物に触れるだけで、未来の悲劇を読み取ってしまう少女フェイ。その悲劇を阻止すべくメンバーが動き出す……。

20年代のアメリカ・NYが舞台の物語。日本人が一人も登場しないんだけど、なんとなく「東京バンドワゴン」の空気があります。みんながそれぞれ自分が出きる事を精一杯やって事件を解決するの。

新人キュレーターのエドワード・ウィルミントンが派遣されたのは、賑やかなブロードウェイから1本筋を外れた小路にある「ブロードアレイ・ミュージアム」珍しい収蔵品はあるが、入場者は原則予約客と注文客だけという不思議なミュージアム。5階建ての各階に先輩キュレーターのメイベル、ブッチ、バーンスタイン、モースがいて、それぞれ何か過去にありそう。5階担当となったエディにも人に言えない事情がある。そして屋上に住み、エレベーターガールを務める少女・フェイ。謎のオーナー、E・G。

物に触れただけで映画を観る様にそのものに関わる未来の悲劇を観てしまうフェイの「触りたい病」彼女の口からその悲劇を聞いてしまうと、どんなに努力しても事件を防ぐことは出来ない上に、さらにひどい悲劇を生んでしまうので、BAMの面々はフェイの観た事件を推理して未然に事件を防ごうと飛び回ります。

それぞれの過去、なにか訳ありのフェイ、そしてエディーの事情などが連作形式で語られます。人の名前がカタカナだし、さらに<フェローシャス>フッカーだの<エキスパンド>リリィ、<ワジャバック>ダンだのややこしい。でも、そんなのは気にならなくなります。フェイの正体、エディが隠していることが気になって「リンドバーグの帽子」まで一気読みでした。
「サッチモのコルネット」
フェイが触って固まってしまったのはコルネット。それは2日前にルパート劇場から飛び降りたトランペット吹き<チェリーブロッサム>ギルのものだった。悲劇をとめる為に動き出す4人。エディはフェイと留守番。次の日バーンスタインさんを訪ねてきた女性ヘレンはバーンスタインさんの奥さんの妹だという。

「ラリックのガラス細工」
<フェローシャス>フックがラリックの<天使の羽を持つクィーン>を見つけたと連絡が入った。フェイと一緒に荷物を引き取りに行ったエディ。フックからの手紙を読み固まってしまったフェイ。その手紙にはお尋ね者のフックは病気で死にそうな母親を心配し、一目会いたいと書いてあった。ところが、母親が一緒に住んでいるフックの妹は警察官と結婚している。

「ベーブ・ルースのボール」
ブッチと一緒に野球を観に行ったフェイはベーブ・ルースが打ったホームランボールで固まってしまった。ブッチとベーブ・ルースは幼なじみで、球場にはもう一人の幼なじみモースが偶然来ていて、ホームランボールをキャッチしたのだった。

「シャネルの0番」
今日の客はNYに新しく出来た<フレンチ百貨店>のオーナー・ヴェルナー・フレンチ。シャネルの香水を作ったデレク・コンラッドが遺した最後の作品No.0を届けたメイベル、フェイとエディ。お礼としてもらったオリジナル香水を手にした途端固まったフェイ。そしてヴェルナー・フレンチとメイベルの因縁。

「リンドバーグの帽子」
写真展を観に行ったエディはミーシャという女性とある写真の前で話した。そして次の日、男の子の赤ちゃんがBAMの前におかれていた。赤ちゃんの寝ていた籠の下から出てきた杖のヘッド。運命の日まであと3日だというBAMの面々。フェイの過去が明らかになる。
| 本:さ行(小路幸也) | 21:06 | comments(8) | trackbacks(3) |
スポンサーサイト
| - | 21:06 | - | - |
コメント
頭がかたい人なのでカタカナに混乱しました。
BAMの面々はギリギリだけど、外野がからむと??です。
それにしてもフェイの正体は引っ張りましたね。
うすうす分かっているのに(笑)
| しんちゃん | 2009/05/01 5:58 PM |
しんちゃん、そうなんです。
名前の前につく言葉にも意味があるんだろうけど
気にしてると誰が誰だかわからなくなってくる(汗)
フェイの正体、本当にひっぱりましたね。
| なな | 2009/05/02 5:36 AM |
どうも小路さんのハートウォーミング小説を評価できないのですが、本書はちょっとお手軽に過ぎたのではないでしょうか?
謎もきちんと解決されていないし・・。
| すの | 2009/05/04 9:04 AM |
すのさん、おはようございます。
そうか〜「面白かった」で済ませてしまった自分を反省。
| なな | 2009/05/05 5:45 AM |
ななさん 面白かったと、楽しめたのは、それはそれでよいと思います。色んな読み方があって、読み方、感じ方の正解なんてないんですから・・。
ただ、ぼくは理由なく、語り部がブッチからエディに変わったとこから躓き、そしてフェイの設定が最後の物語にうまく繋がっていかなかったところも、ちょっと気になったという感じでした。
この時代のブロードウェイ・ミュージカルが好きで、こういう雰囲気は好きなだけに、もう少し、巧く書いてほしかったという感じです。
| すの | 2009/05/05 7:44 AM |
すのさん、おはようございます。
そうか〜そういえば語り手が変わってましたね。
小路さんを高く評価してるすのさんならではの
ご意見だなって思いました。
| なな | 2009/05/07 5:30 AM |
私も語り手が変わってたことに、言われて気付きました。(苦笑)
冒頭の写真の赤ん坊の存在も、すっかり忘れてたし。
読めば読むほどに面白いな、って引き込まれてしまいました。
| じゃじゃまま | 2009/06/18 2:29 PM |
じゃじゃままさん、「語り手」言われればそうか…ですよね。
昔のアメリカの雰囲気が十分に出ていて面白かったです。
でも頭の中ではみんな日本人でしたが(笑)
| なな | 2009/06/18 10:42 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
「ブロードアレイ・ミュージアム」小路幸也
ブロードアレイ・ミュージアム(2009/03)小路 幸也商品詳細を見る 一九二〇年代のニューヨーク。ブロードウェーから少し裏手にある私設博物館、BA...
| しんちゃんの買い物帳 | 2009/05/01 5:58 PM |
「ブロードアレイ・ミュージアム」小路幸也
「ブロードアレイ・ミュージアム」小路幸也(2009)☆☆★★★[2009039] ※[913]、国内、小説、NY、ブロードウェイ、1920年代、博物館、ハートウォーミング 最近、多作により作品の印象が薄いという評価を多く見かけるようになった小路幸也。 新作はニューヨーク、
| 図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜 | 2009/05/04 9:01 AM |
ブロードアレイ・ミュージアム 小路幸也著。
≪★★★☆≫ 懐かしき古き良きブロードウェイ!男は男だったし、女は女だったし、金持ちは金持ち、貧乏人は貧乏だった時代に、&lt;ブロードアレイ・ミュージアム&gt;はあった。 そこに暮らす人たちには、それぞれの事情ってもんがあって、少女のフェイの持つ不
| じゃじゃままブックレビュー | 2009/06/18 2:25 PM |