CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「パコと魔法の絵本」関口尚 | main | 「屋根うらべやにきた魚」山下明生 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
歩いても 歩いても
歩いても 歩いても [DVD]
歩いても 歩いても [DVD]

JUGEMテーマ:映画


製作年度: 2007年
監督: 是枝裕和 上
映時間: 114分
出演: 阿部 寛, 夏川結衣, 樹木希林, 原田芳雄

夏の終わりの季節。高台に建つ横山家。開業医だった恭平はすでに引退して妻・とし子とこの家で2人暮らし。その日、久々に子どもたちがそれぞれの家族を連れて帰郷した。その日は、15年前に亡くなった長男の命日だったのだ。次男の良多は、もともと父とそりが合わなかった上、子連れのゆかりと再婚して日が浅かったこともあって渋々の帰郷。両親がいまだそれぞれに長男の死を受け止めきれずにいることが、良多の心をますます重くする。いつも陽気でソツのない長女のちなみは、そんな家族のあいだを取り持ち、家の中に軽い空気を持ち込むが…。
なんだか何も起こらないんだけど、すごくよかった。俳優さんたちがうまい。

亡くなってしまった長男は親から期待されていた。その事を気に入らなくて、反発したまま大人になった男。長女は明るく振る舞いながらも、長女らしくおいしい所を持っていこうとする。色んなところに「ある、ある」「わかるなぁ」って言うのがあります。

久しぶりに帰ってきた次男のパジャマを用意する母親。嫁は「どうして私たちの分はないの」とむくれる。なんだかすごくリアルで笑いました。私だったらパジャマを用意されていることの方が負担に思うだろうけど、でもパジャマじゃなくても所詮嫁っていうのは他人、息子が一番かわいいだろうなって思うところはいっぱいある。

15年前長男は海で溺れそうになった少年を助けようとして自分の命を落とすのですが、毎年命日に呼ばれる成人した少年。居場所もなく、話すこともなく、青年としては「もういいわよ」って言って欲しいんだろうけど、お母さんは「絶対にそんな事はさせない」と。いつまでも苦痛な思いをさせてやるんだ位の勢いです。手仕事をしながらなんだけど、息子をなくしたやりきれない気持ちをそこら辺で仕返しする親の心がすごくよく出ていて、わかるような気がします。

| 見る(邦画) | 20:26 | comments(2) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 20:26 | - | - |
コメント
こんばんは。
特別なことは何も起きないんだけど、家族のそれぞれの
思いがうまく描かれている映画でしたね。
特に、息子を亡くした悲しみを何気ないひと言に込める
母親が印象的でした。
母親の愛情はやっぱりすごい。
| mint | 2009/04/20 9:27 PM |
mintさん、こんばんは。
本当に何も起こらないんだけど、家族のそれぞれの立場が良く表現されていました。
母親の言葉、重かったですね。
樹木さん、さすがでした。
| なな | 2009/04/21 8:57 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
『歩いても 歩いても』
映画『歩いても 歩いても』を見てきました。 脚本・監督は是枝裕和。
| いつか どこかで | 2009/04/20 9:19 PM |