CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< ペネロピ | main | 「パコと魔法の絵本」関口尚 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「花々」原田マハ
花々
花々
原田 マハ
JUGEMテーマ:読書


島を愛する旅人でフリーターの純子と、故郷の島を捨て、東京のキャリアウーマンとして生きる成子。ひょんなことから、この対照的な二人が出会い、ある目的のために奄美諸島の神秘の島々を旅することに……。

原田さんの本、どれもこれも好きです。毎回、あぁよかったって思う。私のツボにはまるんです。「カフーを待ちわびて」と同じ時間に起こっている物語。「カフー」のリゾートホテル建設だとか、おばあが倒れただとか、明青と幸もチラリと出てきます。

今回の主人公は二人の女性。そしてタイトルにもなっている花。故郷を捨て安住の地を求め旅人となった純子は沖縄の与那喜島のサーフショップでアルバイトをしている。与那喜島にもうすぐリゾートホテルが建設されるために、オーナーが店じまいをするという。故郷の与那喜島を捨て、東京でキャリアウーマンとして成功している成子。仕事が忙しく公務員の夫とはすれ違いの生活。そんな二人が交互に語る。
本土から島へ、島から本土へと対照的な二人ですが、なぜか息が合いメールで連絡を取り合う。成子が新しく始めるプロジェクトのリサーチのため、お互いに離島めぐりをはじめ、出合った人々を通して何が大切なのかがわかる。

純子のお母さんの日記も切なかったし、夫に去られた後に夫にどれだけ甘えていたかを知った成子も切なかった。

二人以外にも旅人であることを続けている奈津子、奄美諸島の加計呂麻島でカフェを営んでいる知花子の人生も興味深かったです。

なんにしても言った事がないんだけど、沖縄や奄美の島々の青い海と空を感じられました。

「鳳仙花」
与那喜島のダイバーショップで働く純子。ダイバーショップが閉店することになり、先輩アルバイターの奈津子が島を出ることを決めた。

「ねむの花 デイゴの花」
都市開発企業で働く成子は公務員の夫と犬のホープとの3人暮らし。夫からのインフルエンザにかかって入院したとのメールに夫よりもホープの心配をしていた。同郷の友人に故郷の島へのリゾートホテル建設計画を立ち上げたことを知らされる。

「さがり花」
リサーチのために奄美の与路島を訪れた純子。どうみても民家のような民宿徳田。徳田開大さんがノロのお母さんと二人でやっている。夜遅くに徳田さんが季節はずれのサガリバナの花が咲いてるから見に行かないかという。

「千と一枚のハンカチ」
奄美の加計呂麻島に来た成子。雇ったガイドに腹を立てながら案内してもらった後、一人でネットで調べた「木綿のハンカチーフ」というカフェに行った。オーナーの知花子から聞いた彼女が移住した理由。

「花だより」
故郷に戻りフラワーショップで働く純子が待つのは純子が「島な人々」と呼んでいる人達からの手紙。
| 本:は行(原田マハ) | 22:59 | comments(4) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | 22:59 | - | - |
コメント
何かがある原田さんにしてはあっさりでした。
対照的な女性が面白いと思ったけれど、記憶には残りそうになかったです。
シリーズ二作目は、比較対象があるだけに評価は落ちるかなぁ。
| しんちゃん | 2009/04/25 10:37 PM |
しんちゃん、おはようございます。
そういえばあっさりでしたね。
でも、原田さんの小説の雰囲気が好きなんだなぁ♪
| なな | 2009/04/26 5:52 AM |
ぶっきらぼうな開大の魚拓手紙が好きです。
私はこの開大と純子がなんとかなってほしいと思っているんですが、きっとそれは無いんでしょうね。。
最後に明青と幸の消息がさらっと描かれているのもよかったです。純子と同じように読みながら嬉しくなりました。( ̄▽ ̄)
| 日月 | 2009/06/15 1:16 AM |
日月さん、こんばんは。
開大と純子が…って私も考えました。
でもなさそうですよね。
最近はメールばかりで手紙なんてだしませんが
手紙っていうのも素敵だなって思いました。
| なな | 2009/06/15 10:08 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
「花々」原田マハ
花々(2009/03/04)原田 マハ商品詳細を見る 順子は、沖縄・与那喜島のダイビングショップでアルバイトをしている。ふるさとの町、岡山にいたころ...
| しんちゃんの買い物帳 | 2009/04/25 10:35 PM |
「花々」 原田 マハ
沖縄の島を舞台にした恋愛小説、「カフーを待ちわびて」のアナザーストーリー「花々」。 純粋な続編ではなく、明青や幸と交流のあった女性たちを主人公にした物語です。独立した物語になっているので「カフーを待ちわびて」を読んでいなくても問題なく読めます。 ダ
| 日々の書付 | 2009/06/15 1:16 AM |