CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< GO | main | 「空に唄う」白岩玄 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
フィクサー
フィクサー [DVD]
フィクサー [DVD]

JUGEMテーマ:映画


原題: MICHAEL CLAYTON
製作年度: 2007年
監督: トニー・ギルロイ
上映時間: 120分
出演: シドニー・ポラック, ジョージ・クルーニー, トム・ウィルキンソン, ティルダ・スウィントン

大手法律事務所のフィクサーとして活躍するマイケル(ジョージ・クルーニー)。在職15年にして共同経営者への昇進もない彼が焦りと不安を感じる中、大企業の集団訴訟にかかわっていた同僚の弁護士アーサー(トム・ウィルキンソン)が精神に異常をきたす事態が発生。マイケルはその後始末をするため、アーサーの下へ向かう。
フィクサー・揉み消し屋。日本にはこんな弁護士いるのかしら。いないよね。

仕事帰りのマイケルが岡の上の3頭の馬を見るために車を離れた時、車が爆発する。そして話は4日前に戻るのです。それまでに何が起こったのか、そして同じシーンが違うシーンを加えながら繰り返されます。マイケルの心情を見た後だと同じシーンも違って見えます。

巨大製薬会社U・ノース社の法務担当弁護士カレン・クラウダー(ティルダ・スウィントン)。3000億円の薬害訴訟を有利に進める有能な人物だが、U・ノース社の弁護を担当していた大手法律事務所のアーサーが、突然おかしな行動を始め、そのうえU・ノースの重要機密を知ってしまったらしいことを知ると、トラブル処理担当者に依頼して、アーサーの処理を命じる。このカレンが有能そうなのですが、取材の前や説明会の前に身支度をしながらスピーチの練習をすしたり、トイレで汗で脇をにじませたり、薬を飲んでいたりと精神的にギリギリの状態なのです。

そしてアーサー(トム・ウィルキンソン)長年悪徳企業の犯罪を弁護し勝利を勝ち取ってきたのですが突然良心に目覚めるのです。アーサーの殺害方法が怖ろしいです。こんな事出来ちゃうなんて…とは言っても、その人たちがマイケルの殺害には失敗するのですから。詰めが甘いわ。 
| 見る:洋画(は行) | 20:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 20:33 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック