CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< メトロに乗って | main | ダークナイト >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「オリンピックの身代金」奥田英朗
オリンピックの身代金
オリンピックの身代金
奥田 英朗
JUGEMテーマ:読書


昭和39年夏、オリンピック開催に沸きかえる東京で警察を狙った爆発事件が発生した。しかし、そのことが国民に伝わることはなかった。これは一人の若者が国に挑んだ反逆の狼煙だった。

語る人の視点が変わり、日付も前後しながら進む物語。面白かったです。昭和39年、オリンピックはもうすぐ。そんな時にどんどんきれいになっていく東京と電気もとまるような昔ながらの生活をする地方。東京で何不自由ない生活をする人達と地方で生きて行くのが精一杯の人達。その差に考えさせられました。

昭和39年。オリンピックまであと2ヶ月。オリンピック最高警備幕僚長の父を持つ須賀忠は神宮で行われる花火大会の日に自宅から火の手が上がったのを見た。ガス爆発だというが、その日父親に勘当された。

8月20日、警視総監宛に届いた1通の手紙には「オリンピックのカイサイをボウガイします。近日中にそれが可能な事をショウメイします」との手紙が届き、その二日後に須賀警務部長宅がダイナマイトにより爆破されたのだ。そしてその1週間後、今度は警察学校が爆破された。箝口令が敷かれた中で、公安部指揮の下捜査をする捜査一課の落合昌夫。

東大経済学部大学院生の島田国男は東京に出稼ぎ中の兄が亡くなり、工事現場に向った。地元秋田でのお葬式を終えた後、兄が働いていた現場で肉体労働を始めた。オリンピックに向けて華やかになって行く東京。そして働いても暮らしが全くよくならない地方。そして島崎はオリンピックを人質にして身代金を手に入れようと考える。

テロ犯となる島崎国男、彼を追う刑事の落合昌夫、島崎と大学でクラスが一緒だった須賀忠。そしてちょっと出てくる島崎の下宿近くの古本屋の娘。そんな人たちの話が時間を前後しながら語られます。

警察内の公安と刑事の反発。昔の同級生島崎を自宅近くでたまたま見かけた須賀が自宅の爆発事故や父親・兄の態度から島崎が何かからんでいると考え、独自に色々と調べ足り悩んだり。秋田から東大に入り生活していた島崎が兄の死をきっかけに首都と地方の生活レベルの違いに愕然とし、ダイナマイトを仕掛け身代金をとろうと計画。スリ師・村田との出会いなどなど。すごく面白く読みました。

が、なぜ島崎がそんな事をしようとしたのかがさっぱり理解できない。同僚がヒロポンのやりすぎで死んでしまい、遺体を引き取りに来た嫁と東京見物に出かけ、その女性が自分の生活と東京での暮らしぶりに「東京は祝福を独り占めしている」と言ったときに「そんな事はさせない」とは言っていましたが。そもそも兄がやっていた肉代労働をしてみようって思ったところからして、どうしてなのかわからず。現場の人には「兄の弔いなんです」と言ってたけど…

島崎、スリ師・村田と出会えてよかったです。彼がいなかったらもっと寂しい日々だったかも。青森の温泉宿の二人にホッとしました。
| 本:あ行(奥田英朗) | 22:38 | comments(16) | trackbacks(10) |
スポンサーサイト
| - | 22:38 | - | - |
コメント
トラックバックさせていただきました♪
このような立派なブログに一番乗りでトラックバック
させていただき、光栄に思います。
ありがとうございました♪
今後とも是非よろしくおねがいいたしますっ。


| 花守湖 | 2009/03/30 7:41 PM |
こんばんは。
島崎の内面をもっと掘り下げて欲しかったです。
なんでという?マークで頭の中はいっぱいになりました。
吉川賞の審査員は彼の動機を理解できたのでしょうか。
というか、若いオレたちだけ(笑)読みきれなかったのか。
でもでも、吉川英治文学賞おめでとうですね。
| しんちゃん | 2009/03/30 10:38 PM |
こんばんは。
島崎の犯行理由については、
たぶん、繁栄している東京と自分が生まれ育った地方との格差がありすぎるために、お金があればと考えたのでは?と思いました。
でも兄がやっていた肉代労働をし始めたのは謎です。
しっかり物語りに入り込んでの読書でした。
ネーミングがこの時代らしいローマの休日班の活躍と事件解決で、
お休みをあげたくなりました。
| 藍色 | 2009/03/31 1:24 AM |
◇花守湖さんへ

TBありがとうございました。
こちらこそこれからも宜しくお願いします。

◇しんちゃんへ

「?」でしたよね。面白く読めたので、なおさらです。
そうか〜若いからなのね(笑)
もっと人生の経験値を上げていかなきゃですね。
吉川英治文学賞のおかげ(?)で図書館の予約が
大変な事になってました。

◇藍色さんへ

やっぱりお金が欲しかったのか…
私はお金はとりあえずなのかな?
それよりも困らせたいって気持ちが先なのかな?って。
でも本当にひきこまれました。
オリンピックの頃のあれこれ、面白かったですね。
カラーテレビ、高すぎ!
| なな | 2009/03/31 8:11 AM |
華やかさの裏側にある影の部分、
オリンピックにはそんな一面もあるんだなぁ〜と
改めて意識しました。
昭和39年という時代も大いに関係してるんでしょうけどね。
村田の存在にはホッとできましたね。
村田もトホホなおじちゃんなんだけど、
なんだか憎めませんでした。
| エビノート | 2009/03/31 8:29 PM |
エビノートさん、こんばんは。
オリンピックの影の部分、北京でもあったのでしょうね。
村田、憎めなかったですね。
彼の帽子、かなり目立ってたような気がします(笑)
| なな | 2009/03/31 9:50 PM |
田舎しか知らなかったオレは、あの当時の東京は外国だと思ってました。

それだけ、格差が大きかったんですねぇ。

まさにそんな当時の心情をうまく表現していると思います。
| じゅずじ | 2009/04/01 1:47 PM |
じゅずじさん、こんばんは。
なるほどね〜今ほど情報もないですもんね。
| なな | 2009/04/01 8:08 PM |
格差に対しての憤りがきっかけになってると思うのですが、島崎が犯罪にどんどん手を染めていくのが悲しかったです。
せっかく頭が(顔も)いいのに、進む方向が違うよ‥;;と思いながら読みました。

私も身代金はただの手段かなと思います。
時代背景も良かったですね。
村田には助演男優賞をあげたい!

| たまま | 2009/04/14 10:40 AM |
たままさん、こんにちは。
本当に頭も顔もいいのにもったいない。
島崎の部分だけ時が遡る構成がよかったです。
村田、グッジョブです(笑)

最近、もう一度東京にオリンピックを!なんて言ってますが
同じように地方との格差…なんておこるのかしら。
| なな | 2009/04/15 12:20 PM |
いつもの奥田英朗のイメージで読んでたらどんでん返しもなく、それがまた意外性という感じでした。
苦しい悲しい、で私にはちょっと読みづらい一冊になってしまいました。
主人は昭和大好きなだけあってすごいスピードで読み、途中笑いながら読んでたくらいですが。
読み終わってもどこで笑ってたのかは不明。うーむ。
| うー | 2009/04/15 12:45 PM |
うーさん、こんにちは。
昨日たまたまうーさんのブログにお邪魔して
メッセージ残さずにかえってきてたのです。
島崎の進む道は険しかったですね。
ご主人が笑いながら読んでいたというのには
私も「どこら辺?」と色々考えてしまいました。
昭和の雰囲気にひたっていられるのが幸せって事なのかしら。
| なな | 2009/04/16 6:52 PM |
多分島崎は生真面目なんでしょうね。
生まれ育った場所の運っていうのもやっぱり関係あると思うんですよね。
学生時代も、地方から来た友だちの方がだんだん派手になっていったり、あれは引け目からなのか、違うか。でも今とは事情違うけど、都会との差を、すごく生真面目に感じ取ったんではないでしょうか。なまじ頭いいですしね。
そこが島崎にとっては不幸の始まりだった気がします。でも内心応援しちゃってたりして。(爆)
| じゃじゃまま | 2009/05/12 2:21 PM |
じゃじゃままさん、おはようございます。

島崎、頭がよすぎたんでしょうね。
東京生まれだったらそんな事感じなかったんだろうなぁ。
もったいなかったなって思いました。

大学時代、地方から来た子の方が
アンテナをピピンと立てて
流行り物やら話題のお店に詳しかったりして。
がんばってるって感じはありましたよね。
| なな | 2009/05/13 5:44 AM |
こんばんわ。TBさせていただきました。
島崎がどうして、やろうとしたのか過程が知りたいですね。
最初から最後まで正体が見えない男でした。
せっかく頭が良くてかっこいいのに、もったいないなぁと思いました。
やっぱり生まれた環境と、真面目な性格からきているんですよねきっと。
| 苗坊 | 2010/02/23 9:01 PM |
苗坊さん、こんばんは。
島崎の行動、理解出来なかったですね。
本当にもったいない。
東北の田舎町じゃなくて東京生まれだったら
またちがっていたんでしょうかね。
| なな | 2010/02/24 8:57 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/1624
トラックバック
オリンピックの身代金
主人公の島崎を見ていると爆弾魔ユナボマーを思い出す。しかし島崎は主人公なので読者が共感しやすいようにナイスガイに描かれている。 このナイスガイがなぜテロを実行しようとしたのか?? いくら島崎が小難しい理屈を並び立てて 「ボクのやっていることはテ
| 穴のあいた傘 | 2009/03/30 7:37 PM |
「オリンピックの身代金」奥田英朗
オリンピックの身代金(2008/11/28)奥田 英朗商品詳細を見る 昭和三十九年。米軍の士官宿舎が昨年日本に返還され、五輪選手村として使用するため...
| しんちゃんの買い物帳 | 2009/03/30 10:37 PM |
オリンピックの身代金 奥田英朗
装丁は高柳雅人。写真はゲッティイメージズ。「野性時代」連載に加筆修正。 父が警視監でテレビ局勤めの須賀忠。刑事の落合昌夫。東大院生の...
| 粋な提案 | 2009/03/31 1:25 AM |
オリンピックの身代金 〔奥田 英朗〕
オリンピックの身代金奥田 英朗角川グループパブリッシング 2008-11-28売り上げランキング : 632おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 昭和39年夏。10月に開催されるオリンピックに向け、世界に冠たる大都市に変貌を遂げつつある首都・東京。この戦
| まったり読書日記 | 2009/03/31 8:07 PM |
【オリンピックの身代金】 奥田英朗 著
あの頃は、テレビもなければ、冷蔵庫も、洗濯機もなかった…でも、毎日毎日が新しい驚きでいっぱいだった!  第43回吉川英治文学賞おめでとうのポチッ[:ひらめき:] [:next:] ブログランキング[:右斜め上:]【あらすじ】昭和39年夏。10月に開催されるオリンピックに
| じゅずじの旦那 | 2009/04/01 2:10 PM |
奥田英朗『オリンピックの身代金』
オリンピックの身代金奥田 英朗角川グループパブリッシングこのアイテムの詳細を見る 今回は、奥田英朗『オリンピックの身代金』を紹介します。東京オリンピックが開催されようとするときに、警察を狙った爆破事件が起こった。これは、国民に伝わることはなかった。最
| itchy1976の日記 | 2009/04/26 2:32 AM |
オリンピックの身代金 奥田英朗著。
≪★★★☆≫ 東京オリンピック開催間近の、国民すべてが浮かれていた日本。 一人の青年が、富を吸い上げ、貧しさを底辺の人間に押し付ける不平等な日本、政府を相手に、オリンピックを人質に身代金を要求するという大胆な犯罪に出た。 序盤は、警察官僚の自宅、警察寮
| じゃじゃままブックレビュー | 2009/05/12 2:16 PM |
・「オリンピックの身代金」奥田英郎
1964年。昭和39年。私が小学校高学年の時に東京オリンピックは開かれた。奥田英郎は昭和34年生まれ。5歳。かすかな記憶がある程度だろう。そこは作家。見事に当時の日本の空気を描いている。作家にかかれば、戦国時代でもあたかも自身が体験したかのように描け
| 肩の力を抜いて | 2009/11/11 11:27 PM |
オリンピックの身代金 奥田英朗
オリンピックの身代金クチコミを見る 昭和39年夏、オリンピック開催に沸きかえる東京で爆発事件が発生した。これは1人の若者が国に挑んだ反逆の狼煙だった。 昭和39年夏。10月に開催されるオリンピックに向け、世界に冠たる大都市に変貌を遂げつつある首都・東京。
| 苗坊の徒然日記 | 2010/02/23 8:18 PM |
本 「オリンピックの身代金」
これはよくできた作品です。 最近映画では昭和ノスタルジーものといった感じの作品が
| はらやんの映画徒然草 | 2010/03/20 7:41 AM |