CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「廃墟建築士」三崎亜記 | main | 「星を継ぐもの」ジェイムズ・P・ホーガン >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「GO」金城一紀
GO (角川文庫)
GO (角川文庫)
金城 一紀
JUGEMテーマ:読書



広い世界を見るんだ―。僕は“在日朝鮮人”から“在日韓国人”に国籍を変え、民族学校ではなく都内の男子高に入学した。小さな円から脱け出て、『広い世界』へと飛び込む選択をしたのだ。でも、それはなかなか厳しい選択でもあったのだが。ある日、友人の誕生パーティーで一人の女の子と出会った。彼女はとても可愛かった―。第123回直木賞受賞作。

ずっと読みたいと思いつつ読んでなかったのです。やっぱり金城さんの物語は面白い。他の本にも出てくる映画のタイトルがいっぱいでした。

いじめや人種差別、学校の仲間、友人との別れ、家族の繋がりなどがテンポよく書かれています。何度も笑いました。友達との関係には「男っていいなぁ」って思いました。本当に面白かった。映画も気になります。
杉原が語っているのですが、本人は「恋愛小説」と言いますが恋愛というより家族や友情の部分が面白かったです。ただ、桜井に自分が在日韓国人である事を告げた時の桜井の言う「韓国の人や中国の人は血が汚い」と子供のころからお父さんに言われていたって発言にはガッカリです。桜井、そんな子だったのか!って。でも杉原は「どういう風に、この人は日本人、この人は韓国人、この人は中国人、て区別するの?」って言うのです。杉原、本当に一生懸命自分について考えてます。

そして在日韓国人の父親と日本人の母親を持つ正一(ジョンイル)日本の高校を受験する事を決めた中学3年のときに授業中に居眠りしていたら教師に殴られたうえに「売国奴」といわれた杉原を庇うように「僕たちは国なんてものを持ったことがありません」と言った正一。かっこいいです。

そしてなんと言っても杉原の父親。元ボクサーでパチンコの景品交換所をやっている父ですが、警察に捕まった杉原を警察官の前でボコボコに殴ったり、タクシーの運転手に待っていてもらって杉原と打ち合いをしたり。言うことがかっこいいんです。そしてちょっと強くなり家出をする妻には弱いところがかわいらしい。
| 本:か行(金城一紀) | 22:11 | comments(6) | trackbacks(3) |
スポンサーサイト
| - | 22:11 | - | - |
コメント
こんばんわ。TBさせていただきました。
この作品好きですねぇ。
恋愛小説なんですけど、友情も家族の愛も感じました。
差別による悲しい事件もありましたけど…。
杉原父もカッコイイですよねぇ。
私も妻に弱い所が可愛いなぁと思いました^^
映画最後しか観てないので、今更ながら観てみたいなぁと思いました。
| 苗坊 | 2009/03/24 11:03 PM |
苗坊さん、こんばんは。
本当にいいですよね。
私はなぜ最後まで残していたのかしら。不思議。
正一くん、流れから予想は出来ていたのですが
悲しかったです。
映画、観たいです。
桜井が柴咲コウだって事はしっていたので
なんとなく脳内で柴咲さんが動いてました。
| なな | 2009/03/25 8:43 PM |
ななさん、こんばんは。

私もななさんと同じで金城さんの小説を読むと男同士の友情ってなんかいいなぁと思います^^
『GO』はゾンビーズシリーズに比べるとちょっと深いテーマを扱っていますが、それでもじめっとした感じになっていないのが金城さんの作品っぽい気がします。

私は映画も観たのですが、原作のイメージを壊さないいい映画だと思いました。笑えるところも結構ありますし。
杉原の父親を演じた山崎努さん、母親役の大竹しのぶさんが良かったです。
TBさせて頂きました^^
| みらくる | 2009/03/26 8:22 PM |
みらくるさん、こんばんは。
ゾンビーズよりテーマは重いんだけど
じめじめしてないのが素晴らしいです。

映画、ご覧になったのですね。
杉原父は山崎努さんか!
今日、ちょうど友達と「GO」の話なって
「お母さんは大竹しのぶだったけど
お父さんだれだったかな?」って言ってたのでした。
| なな | 2009/03/26 10:37 PM |
こんばんわ。TBさせていただきました。
「GO」の杉原は自分自身の立ち位置を定めるために体と心を研ぎ澄ませて、いろんなものと闘っているすがたがかっこよかったです。
時には自分も無傷ではいられないけれど。

桜井の陳腐なセリフにはわたしもがっかりでした。いままでずっと杉浦とかっこいいパートーナーシップを発揮していたのに…

| 日月 | 2009/03/29 10:53 PM |
日月さん、おはようございます。
TBとコメントありがとうございました。
自分が何ものなのかと常に考える杉原。
かっこよかったです。
桜井がとった行動、ありそうなことです。
ありそうなことなんだけど、今までの桜井はなんだったの?って思いますよね。
| なな | 2009/03/30 6:55 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/1621
トラックバック
GO 金城一紀
GO 杉原は私立高校に通う高校生。他の人と違うのは、日本人ではなく、韓国籍であること。 そのせいで、日本人からひどい差別を受ける。 ヤクザの父をもつ加藤以外は高校では誰も話しかけてこない。 その加藤の誕生パーティに呼ばれ、しぶしぶ出かけた杉原の前に一人
| 苗坊の徒然日記 | 2009/03/24 10:56 PM |
GO/金城一紀
初めて読んだ金城一紀の小説は『GO』。直木賞受賞作。いつものように文庫化されてからようやく手に取りました。私の手元にある『GO』は黒い表...
| 読書メモ。 | 2009/03/26 8:10 PM |
「GO」 金城 一紀
「広い世界を見るんだ」 在日の杉原はそういって朝鮮学校から日本高校へ進学した。 ある日パーティーで知り合った、不思議な少女、桜井に魅かれ、恋に落ちる。 私は普段、自分を取り巻く国や環境について詳しく考えることなく生活していますが、杉原は子供のころか
| 日々の書付 | 2009/03/29 10:48 PM |