CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「卵の緒」瀬尾まいこ | main | 瀬尾まいこマイベスト3 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~ 」リリー・フランキー
東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~
東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~
リリー・フランキー


リリー・フランキーさんの自伝的小説。オカンとの思い出。九州、小倉産まれの主人公。父は酒乱で、3歳の時に両親が別居。転々と住む場所をかえ、高校入学とともに親元を離れる。オカンに悪い、なんとかしなくてはと思いながらも自堕落な生活。癌を患って住む場所のなくなった母を東京に呼び寄せ、15年ぶりの母との生活。そして東京タワーの見える場所での母との別れ。

リリー・フランキーさん。全然名前を知りませんでした。本の後の経歴を見たら「文章家、小説家、コラムニスト、絵本作家、イラストレーター、アートディレクター、作詞・作曲家、構成・演出家、ラジオナビゲーター、フォトグラファー…など多彩な顔を持ち、ジャンルの壁を自由に従来しつつ活動」と書いてあります。すごい。きっとお母さんの教育方針がよかったんだろうなぁ。

泣くとは聞いていました。そしてやっぱり泣きました。昨日の夜中読み終わったんだけど、「オカン」のこと引きずっていて、朝からボーっとしてしまいました。リリーさんのオカン、凄いです。前日読んだ「卵の緒」の母親に似ています。子供への一途な愛。だけど上手に距離をとっていて、過保護ではない。東京に呼んでからも、「若い人はお腹がすいている」という信念で、来た人には食べきれないくらいの食事を出します。そして毎晩誰かが来ている家。お葬式に来たたくさんの人を見て「自分の知り合いでなく、オカンの知り合いなんだ」って思う主人公。

生きてる時にいえなかった「ありがとう」がたくさん書かれています。装丁、挿画、撮影がリリーさん、扉題字がリリーさんのオトンの字。そう、まるでオカンが生きていた時に自分で持った小料理屋「かっぱ」の暖簾を息子が、中のお品書きを父親が頼まれて書いたのと同じです。この本はリリーさんがオカンに捧げる本なんだ。

一番涙したのは、オカンが日記の中に挟んでた言葉です。
母親というのは無欲なものです
我が子がどんなに偉くなるよりも
どんなにお金持ちになるよりも
毎日元気でいてくれる事を
心の底から願います
どんなに高価な贈り物より
我が子の優しいひとことで
十分すぎるほど幸せになれる
母親というものは
実に本当に無欲なものです
だから母親を泣かすのは
この世で一番いけないことです
両親を大切にしないと、そして子供をしっかり、だけど距離をおいて愛さないと。
| 本:ら行 | 12:19 | comments(12) | trackbacks(10) |
スポンサーサイト
| - | 12:19 | - | - |
コメント
バカ売れしてると読みたくなくなるということはありませんか?
ありませんよね。
アマノジャクっていうんですよね…こういうの。
すっかり忘れた頃にやってきたんです…この本。
どうしようか迷ったんだけどやっぱ読んでみました。
大泣きです(爆)。
ななさんが読んだ頃よりもっと株が上がってるでしょ?
どこまで行くんでしょうね。
でも読んでよかった♪
明日の母の日…なにかしますか?
| ユミ | 2006/05/14 12:31 AM |
ユミさん、こんばんは。

確かに、ここまで「泣きます。いい本です」って言われると読みたくなくなりますよね。お気持ちよくわかります。
今だったら読んでないかもしれません。
私もアマノジャクです。
だけど、泣けるんですよねー

母の日、うちの場合いつも子供と押しかけてあれやこれや迷惑かけるので、今日は一日のんびりさせてあげる。それが母の日のプレゼントです。
今度私一人でこっそりとケーキを持っていきます。
| なな | 2006/05/14 9:22 PM |
こんにちわ。
やっぱり、泣けたんですね。うらやましい!私としてはすがすがしい気分にはなれたんですけど・・・そこまでで終了。・・・ラストのオカンの日記、主人公の想いにはジーンときましたが・・・人物たちにそれほど感情移入ができなくて・・・世間的にもとっても評価が高い作品なのに・・・個人的にとっても悔しい一冊です。
| KORO | 2006/05/23 10:29 AM |
KOROさん、こんばんは。

私、本を読んであまり泣かないんです。
「泣かせます」って本は覚めた目で見てしまう。
だけど、これは私の弱いジャンル「母と子の別れ」だったので、涙がつつつーと流れました。
| なな | 2006/05/23 10:24 PM |
こんばんわ。
私もそんなに本を読んで泣く方ではないのですが。
オカンの最期のシーンはうるうるしてしまいました。
| 苗坊 | 2006/07/06 8:13 PM |
苗坊さん、こんばんは。

これはやっぱりオカンの愛の深さですよね。
読んだ後、自分の親を大切にしなければ…って思いました。
| なな | 2006/07/06 10:58 PM |
TBありがとうございます。(*^_^*)
オカンの日記に挟まれていた文。
私もものすごく感動しました。
いいですよねぇ・・・。
自分も2人の息子の母として、こんなオカンになれたら
いいなぁ〜なんて思わされました。
| みわ | 2007/04/03 1:05 AM |
みわさん、おはようございます。
こちらこそTBとコメントありがとうございます。

オカンの日記の文章。
私はそう思えるのかな…って時々不安になります。
こんなオカンになれたらいいですね。本当に。

| なな | 2007/04/03 10:46 AM |
 オカンのあの愛情には、泣けますよね、やっぱり。。
 おっしゃるとおり、「ありがとう」がたくさん詰まった本でした。

 引用されているところ、私もジーンとなりました。
 とにかく後半はずっと泣きながら読んでました。
| miyukichi | 2007/09/10 3:05 AM |
miyukichiさん、こんばんは。
オカンが息子を想う気持ち。愛がいっぱいでした。
私はあそこまでいっぱいの愛情を注いでるのか?って
ちょっと不安になりました。
| なな | 2007/09/11 7:23 PM |
オカン素敵ですね。
リリーさんがもがきながら成長する姿、息子に重ねてしまいました。私も最期はリリーさんみたいに息子に思われたいな。
愛情をたっぷり、しかも距離をおいて注ぐ‥あ〜難しいです。

映画もドラマも観ていないのでDVD借りようかな〜って思ってます。どれが評判良いのでしょう?


| たまま | 2007/09/20 8:53 AM |
たままさん、おはようございます。
オカン素敵でした。
息子からあんな風に思われたらいいですよね。
だけど、自分を見つめてみると
「オカン」のような立派な母親ではないなぁ…

ドラマは見ましたよ。
賠償美津子がオカンだったんだけど、九州の言葉が素敵でした。
映画は見た人によると「オダギリジョーがかっこよかった」らしいです。それだけなのか?(笑)
| なな | 2007/09/20 9:46 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/162
トラックバック
東京タワー/リリー・フランキー
リリーさんといえば後にも先にもフジTV「ミラクルタイプ」のリリーさんしか知らない私。イラストや文章を書いてる方という認識もなく…本が売れ出したのを知って「あのリリーさんが?」とビックリしたものです。さて本編…実に泣かされました。母親ネタは反則ですね…大
| ひまさえあれば | 2006/05/14 12:03 AM |
東京タワー~オカンとボクと、時々、オトン~ 著者:リリー・フランキー
≪採点(読むなび!参照)≫ 合計:60点 http://koroxkoro.web.fc2.com/ ≪梗概≫ 母親とは?家族とは?普遍的なテーマを熱くリアルに語る著者初の長編小説。読みやすさ、ユーモア、強
| 読むなび!(裏) | 2006/05/23 10:24 AM |
東京タワー オカンとボクと、時々、オトン リリー・フランキー
東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~ リリー・フランキー初の長編小説。 ボクは3歳の時からオカンと2人で暮らしている。 オトンと会うことはあまりない。 オカンはボクに辛い思いはさせまいと、必死で働き、ボクを育ててくれた。 ボクはといえば、オカン
| 苗坊の読書日記 | 2006/07/06 7:56 PM |
リリー・フランキー【東京タワー オカンとボクと、時々オトン】
たまに東北新幹線に乗って東京へ行くと、電車の窓から見える広告の多さに驚く。ビルの窓に貼りつけられた文字、壁の看板、屋上のネオンサイン。車内に目を転じれば中吊り広告。電車を降りれば駅構内のいたるところにポスター。「ご
| ぱんどら日記 | 2006/11/03 3:02 PM |
東京タワーか通天閣か
Q: 東京タワーですか?通天閣ですか? A: 相当ネタに困ってるようですね(笑) Q: 時事ネタってことで(苦笑)
| 好き好き大好き! | 2006/11/19 5:34 AM |
東京タワー オカンとボクと、時々、オトン / リリー・フランキー
リリー・フランキーさんってなんとなく不思議な印象のおじさんというだけの存在でした。テレビに出ているのを見ても、奇妙な発言が多かったりしてそういう人っていう印象しかなかったんですよ。うちのダンナなんて「あの人、ホモじゃない?」なんて失礼なこと言ってたし
| 活字中毒 | 2007/04/02 1:13 AM |
210万部を超える大ベストセラー、待望の映画化。いよいよ4月14日全国劇場にて公開!
210万部を超える大ベストセラー、待望の映画化。いよいよ4月14日全国劇場にて公開!
| けんけんのおもしろ日記 | 2007/04/12 6:47 PM |
東京タワー オカンとボクと、時々、オトン/リリー・フランキー [Book]
 リリー・フランキー:著 『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』  東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~リリー・フランキー扶桑社このアイテムの詳細を見る  図書館で1年待ちでした。  これまでの最長記録。  でも、待った甲斐があったというか、
| miyukichin’mu*me*mo* | 2007/09/10 3:08 AM |
「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」(リリー・フランキー)レビュー
「泣ける本」として各所で評判になっており、私の知人も「これは泣ける。1人で部屋で読まないと」と言っていました。だから私も、泣けるのを楽しみに読んだのですが・・・。どこが泣けるポイントなのか最後までよく分かりませんでした。オカンが亡くなるところで泣ける
| 厳選書評ブログ | 2007/09/14 8:07 PM |
リリー・フランキー『東京タワー―オカンとボクと、時々、オトン』
東京タワー―オカンとボクと、時々、オトン (新潮文庫)リリー・フランキー新潮社このアイテムの詳細を見る 今回は、リリー・フランキー『東京タワー―オカンとボクと、時々、オトン』を紹介します。どちらかといえば著者の自己満足の話で、あまり話の内容にのめり込め
| itchy1976の日記 | 2011/02/01 7:09 PM |