CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「ハブテトルハブテトラン」中島京子 | main | 「ふしぎな絵かき歌」小倉明 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ALWAYS 続・三丁目の夕日
ALWAYS 続・三丁目の夕日[DVD通常版]
ALWAYS 続・三丁目の夕日[DVD通常版]

JUGEMテーマ:映画


製作年度: 2007年
監督: 山崎貴
上映時間: 146分
出演: 吉岡秀隆, 堤真一, 小雪, 堀北真希, 須賀健太

 昭和34年の春、日本は東京オリンピックの開催が決定し、高度経済成長時代を迎えようとしていた。そんな中、東京下町の夕日町三丁目では、茶川が黙って去って行ったヒロミを想い続けながら淳之介と暮らしていた。そこへある日、淳之介の実父である川渕が再び息子を連れ戻しにやって来る。そして、人並みの暮らしをさせることを条件に改めて淳之介を預かった茶川は、安定した生活と共にヒロミへ一人前の自分を見せられるよう、一度はあきらめていた“芥川賞受賞”の夢に向かって執筆を始めるのだった。一方、経営が軌道に乗り始めていた鈴木オートでは、事業に失敗してしまった親戚の娘・美加をしばらく預かることになるのだが…
やっぱり予想通り安心して観る事が出来る。いい映画です。

色んな所で笑えるし、しんみりもするし。ラストの方、ヒロミが茶川の所に戻ってきたシーンよりも、美加のお父さんが迎えに来て「お世話になりました」ってシーン、トモエが美加にハンドクリームを渡すシーンにジーンと来て涙が出ました。恋愛より親子が胸に響くらしい。

トモエが橋の上で昔付き合っていた人と偶然再会するシーン。現代だったらそこから不倫が始まる?って思いました。「お互い元気でよかった」「もし戦争に行ってなかったら…」って想像するだけで終わる昔ってよかったなぁ。そして家に帰ったトモエがすててこ姿で横になって能天気な夫見て苦笑。なんだかわかります。でも、そういうのがいいんだよね。
| 見る(邦画) | 21:01 | comments(2) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | 21:01 | - | - |
コメント
本当にいい映画ですよね〜。
できれば毎年見たいくらい!私もハンドクリーム渡すシーン大好きなんですよ。しかもあのクリームが台所にあったじゃないですか、そういうところもよく考えられてるな〜って。
水仕事する場所にきちんと置いてあって、嬉しくなりました。
家族の温かさが伝わってきますよね。
| じゃじゃまま | 2009/03/19 10:55 PM |
じゃじゃままさん、この映画は色々語れない。
本当にいい映画なんです。
続編なのに同じレベルを保っているのがすごいです。
家族の温かさ、そして人の距離の近さ。
ゆっくりと丁寧な暮らし。
なんだか憧れます。
| なな | 2009/03/20 10:37 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
【ALWAYS続・三丁目の夕日】
≪★★★★★≫ もっともっと三丁目の人々を見ていたかった。2時間があっという間で、このまま終わらないで~って願いつつ夢中になってしまった。 私が生まれたのはもうちょっと後で、あそこまで古臭くないけど、でもまだかすかに三丁目の町並みが残っていて、懐かしい~
| じゃじゃまま映画館 | 2009/03/19 10:50 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/03/21 10:08 PM |