CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< アイム・ノット・ゼアー | main | 「本日、サービスデー」朱川湊人 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「わたしとトムおじさん」小路幸也
わたしとトムおじさん
わたしとトムおじさん
小路 幸也
JUGEMテーマ:読書


帆奈、13歳。両親の別居でNYから単身帰国中。日本の学校に馴染めない帰国子女。
斗六、28歳。高校時代のある事件が原因で外に出られなくなった、本当はイケメン。叔父と姪、それぞれの「問題」を抱えた二人は一緒に暮らすことになる。


明治大正昭和の古い建物が移築されてそれぞれ明治大正エリア・昭和エリアと分かれて、その時代に合わせた店や旅館か理髪店なんかも入って村として実際に運営している<明治たてもの村>そのたてもの村がまず素敵。蕎麦屋をやっている祖父母をはじめ、実際にそこで暮らしながらお店をやっている人もいれば、ボランティアで駐在さんになったり、大正時代の格好をして歩く女の子がいたりします。

その<明治たてもの村>の祖父母の元にアメリカから単身帰国して下に身を寄せている帆奈と元ひきこもりで今は古い家や家具の修復をしているトムおじさん。二人の物語。
ふるいものを丁寧に直し、人と人のつながりも修復。すごく素敵な物語でした。帆奈のおじいちゃんが「東京バンドワゴン」の勘一みたいなの。こういうおじいちゃんが家にいたらいいなぁ。

恭介が帆奈に言う「子供は明るくなるのが仕事。大人は優しくなるのが仕事。子供はわがままや不満を泣いたり叫んだりしてぜんぶ外に出して明るくなって、それをすくい取って優しくなっていかなきゃならないのが大人なんだって」って言葉はすごくいいなぁって思いました。

「八十年間の旅」
帆奈が小学6年の頃のお話。旅館「松涛館」が本当に旅館として営業する事になる。初めてのお客としてやってきたのが、松涛館の元オーナーの息子夫婦と現オーナーと孫嫁、昔新婚旅行で泊まったという老夫婦の3組。元オーナーと現オーナーにはいざこざが会ったらしく、もめそうな予感。

「初めての旅」
帆奈、10歳の頃のお話。学校に馴染めなかった帆奈はトムおじさんと東北の山の中にある洋館<深山荘>の修復作業に出かけた。そこにあった古いストリートオルガン。そして近所の養護施設の少年・恭介が手伝いに来た。

「十年間の旅」
帆奈、13歳の現在のお話。中学生になり、クラスですこし浮いている由一君という男の子がいる。なんとなく放っておけなく、夏休みにトムおじさんの手伝いをしてもらうことになった。トムおじさんの高校時代の同級生の永嶋紗絵さんと内浦浩一さんのおはなし。
| 本:さ行(小路幸也) | 21:29 | comments(4) | trackbacks(4) |
スポンサーサイト
| - | 21:29 | - | - |
コメント
キャラは良さそうだけど、印象に残らない作品でした。
でもシリーズ化すれば第二のバンドワゴンになりそう。
そんな予感がしました。
ぐっ、のミキちゃんはもっと可能性がありそうかな。

| しんちゃん | 2009/03/13 10:53 PM |
しんちゃん、印象薄めですよね。
ミキちゃん!!!いましたね。
彼女が一番かげ薄かったかも。
いなくても大丈夫かも…って。
| なな | 2009/03/14 8:46 PM |
「東京バンドワゴン」の流れを汲んでますよね。
お、私は棟梁の東宮さんが勘一さんかなって思ったんですけど、おじいちゃんの影薄かったかも?それかおじいちゃんのセリフを棟梁だと思い込んでたのかも。
でもね〜、トムおじさんの高校時代の友人夫婦、なんか好きになれませんでした。トムさんはなんとも思ってないかもしれないけど、見せつけに来るなよ〜って感じたのは、ひねくれすぎ?
| じゃじゃまま | 2009/04/04 4:36 PM |
じゃじゃままさん、こんにちは。
あれ?いい事言ったのはおじいちゃんじゃなかったでしたっけ?もしかしたら棟梁かも。
たしかにトムおじさんの友人夫婦、見せつけてましたよ。
なにもトムおじさんの前で「愛情の再確認」しなくてもよかったのにね。
| なな | 2009/04/05 11:41 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
「わたしとトムおじさん」小路幸也
??????????????????(2009/01/20)絨顦 綛娯?????荅括完??荀??? ????????????????罸???????????????????????c????吟???????????篏??????茯違???...
| しんちゃんの買い物帳 | 2009/03/13 10:49 PM |
「わたしとトムおじさん」小路幸也
「わたしとトムおじさん」小路幸也(2009)☆☆☆☆★[2009019] ※[913]、国内、現代、小説、児童文学、引きこもり、人間 久しぶりに、心地よく小説を楽しめた。 「トムおじさん」というタイトル。なにか狙っているのかと思いながら読み始めたが、読み終えてみれば素
| 図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜 | 2009/03/24 6:00 AM |
わたしとトムおじさん/小路幸也
JUGEMテーマ:読書 読書期間:2009/3/16〜2009/3/18 [朝日新聞出版HPより] 両親の別居をきっかけに、NYで暮らしていた小学六年生のニールセン・帆奈は懐かしい建物が集まる観光施設「明治たてもの村」で、祖父母と元ひきこもりの「トムおじさん」と暮らしている
| hibidoku〜日々、読書〜 | 2009/03/26 1:17 AM |
わたしとトムおじさん 小路幸也著。
≪★★★≫ これは「東京バンドワゴン」の血筋ですね。 「明治たてもの村」という観光施設で、老舗のお蕎麦屋さんを営む祖父母と叔父と暮らす少女、帆奈。両親はニューヨークで別居中。 叔父のトムさんは、人とうまく付き合えない少し心が弱い人。でもモノを復元させる
| じゃじゃままブックレビュー | 2009/04/04 4:32 PM |