CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 銀色のシーズン | main | 西の魔女が死んだ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「短劇」坂木司
短劇
短劇
坂木 司
JUGEMテーマ:読書


たとえば、憂鬱な満員電車の中で。あるいは、道ばたの立て看板の裏側で。はたまた、空き地に掘られた穴ぼこの底で。聞こえませんか。何かがあなたに、話しかけていますよ。坂木司、はじめての奇想短編集。

全部で26の物語があります。とりあえずタイトル。「カフェラテのない日」「目撃者」「雨やどり」「幸福な密室」「MM」「迷子」「ケーキ登場」「ほどけないにもほどがある」「最後」「しつこい油」「最後の別れ」「恐いのは」「変わった趣味」「穴を掘る」「最先端」「肉を拾う」「ゴミ掃除」「物件案内」「壁」「試写会」「ビル業務」「並列歩行」「カミサマ」「秘祭」「眠り姫」「いて」

ほんわかするものより、ピリっとしてるものの方が多かったのかな。短い文章の中で乗り切れずに終わってしまったのもいくつかありました。

「ビル業務」が羨ましかったなぁ。旦那、どこかのトイレで秘密の扉見つけてくれないかしら。「ケーキ登場」の同じ場所にいるたくさんの人のそれぞれの思いも面白かった。あと好きだったのは「目撃者」
「カフェラテのない日」
ラッシュの地下鉄で私をさりげなく護ってくれた男の人。

「目撃者」
私は会社の給湯室の流し台です。もうかれこれ30年もここで社員を見守っている。

「雨やどり」
大学時代の友達に付き合わされた買い物。ボクは自分の気持ちを隠し続ける。

「幸福な密室」
地下3階にあるクラブから地上に上がるエレベーターに乗った途端、真っ暗になり閉じ込められた。

「MM」
29歳の私は最近掲示板でストレスを発散させている。そこで人気のある投稿者MM.

「迷子」
昔から真面目、しいて趣味といえるのは地図を見て目的地までの最短距離を考えること。そんな私が迷子になっている。

「ケーキ登場」
とあるフレンチレストランの一角に運ばれてくるロウソクがいっぱいたったケーキ。その時…

「ほどけないにもほどがある」
ステカンを電柱にくくりつけるバイトをする俺。最近、気になるステカンがある。くくりつけてるヤツを見てみたい。

「最後」
中年男4人が集まり最後のドライブに出かける。

「しつこい油」
私は穏やかで他人を憎まないタイプの人間だが、実害がある場合には行動に出ることもある。そしてこれが3回目の実害。

「最後の別れ」
どの大陸からも遠く離れた島で最後の戦士となったAとB。

「恐いのは」
二人の老人の会話。

「変わった趣味」
人間型ロボットを使った変わった趣味を教えあう。

「穴を掘る」
どうしようもなくやりきれなくなり穴を掘り始めた男。

「最先端」
海外で流行っているつけ爪。料金が高い上に、予約待ち。会社の同僚がそんな爪にそっくりな爪をつけてきた。

「肉を拾う」
町から遠く離れた場所に作られた「工場」と呼ばれる場所で肉を拾う男。

「ゴミ掃除」
街を歩いていて突然暴力的な気分に襲われることがある。そんな時携帯で見つけた「仕事」

「物件案内」
離婚して心機一転住もうとした町で突然声をかけられ連れて行かれた古ぼけた不動産屋。

「壁」
旅行中の友人に頼まれ、友人のペットのインコに餌を与えに行った。

「試写会」
インターネットの懸賞であたった試写会。アンケートをもとにしたディスカッションがあるという。

「ビル業務」
出先で便意を覚え入ったビルのトイレ。そこには不思議な扉があった。

「並列歩行」
突然の停電で電車が止まり、家まで2時間歩くことに。気がつくと自分と同じような格好をした男が道の反対側を同じペースで歩いている。

「カミサマ」
仲のよかった取引先の男の人が自殺した。40歳になる日、突発的に家を飛び出して向った先は樹海だった。

「秘祭」
とある地方のとある村に伝わる他言無用の祭り。祭りの中心は17歳の男女。

「眠り姫」
昔々あるところに眠り姫がいた。何人もの勇者や騎士、他国の王や学者などがこぞってそこを訪れたが、行ったまま帰らない人もいるという。その村には「眠り姫をみてはいけない」という言い伝えがある。若き冒険者は眠り姫を探しに行く。

「いて」
友人の家でついつい遊びすぎて遅くなり、夜道を歩いている時に出会ったもの。
| 本:さ行(坂木司) | 20:46 | comments(4) | trackbacks(4) |
スポンサーサイト
| - | 20:46 | - | - |
コメント
こんばんわ。こちらにも失礼致します。
TBさせていただきました。
面白かったのですが、私も短いからか乗り切れずに読み終わった作品もありました。
私が好きなのは「カフェラテのない日」「目撃者」「雨やどり」「MM」「物件案内」「ビル業務」ですかね。
かぶってますね^^
坂木さんらしい可愛らしい話もありましたが、結構シュールなものもありましたよね。
蒼井作品を思い浮かべました^^;
でも、面白かったです。
| 苗坊 | 2009/03/07 8:33 PM |
苗坊さん、ありがとうございます。
ホントに、好きな作品がかぶってる。
蒼井作品のような感じ、ありますね。
| なな | 2009/03/09 3:01 PM |
こんばんは。
ふだんの雰囲気とはまた違う作風にびっくりしましたが、
楽しく読めました。ここのところ長編ばかり読んでいたの
ですが、たまには短編もいいですね。
わたしも「ビル業務」好きでした^^
| まみみ | 2009/03/19 9:03 PM |
まみみさん、こんばんは。
本当にいつもの感じとは違って、ピリリとするものが多かったです。
でも、たまには短編もいいですよね。
あまりにたくさんありすぎて忘れちゃうのが難点ですが(汗)
「ビル業務」トイレで扉を見つけた時には物語がどんな方向に行っちゃうんだろう?って思いましたけど…こんな扉、夫に見つけてきてもらいたいものです。
| なな | 2009/03/20 10:17 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/1578
トラックバック
短劇 坂木司
短劇 たとえば、憂鬱な満員電車の中で。あるいは、道ばたの立て看板の裏側で。はたまた、空き地に掘られた穴ぼこの底で。聞こえませんか。何かがあなたに、話しかけていますよ。 坂木司、はじめての奇想短編集。少しビターですが、お口にあいますでしょうか。 坂木
| 苗坊の徒然日記 | 2009/03/07 8:31 PM |
短劇/坂木司
JUGEMテーマ:読書 [光文社HPより] 多彩で魅力的な物語たちが、あなたを虜にします。 小説の毒。小説の蜜。これが、坂木司の本性。かも。 ささやかな悪夢を、お目にかけましょう。 ……醒めないかもしれないけれど。 たとえば、憂鬱な満員電車の中で。あるい
| hibidoku〜日々、読書〜 | 2009/03/08 12:12 AM |
「短劇」 坂木司
短劇坂木 司光文社 2008-12-17売り上げランキング : 12309Amazonで詳しく見る by G-Tools 内容説明 憂鬱な満員電車の中で。空き地に掘られた穴ぼこの底で。何かがあなたに、話しかけていますよ…。毒があって蜜もある、少しビターな奇想短編集。「カフェラテのない日
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2009/03/19 8:59 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2013/04/13 6:23 PM |