CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「残される者たちへ」小路幸也 | main | 「贅沢なおやつ」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「明日の話はしない」永嶋恵美
明日の話はしない
明日の話はしない
永嶋 恵美
JUGEMテーマ:読書


難病で何年も入退院を繰り返している小学生の女の子、男に金を持ち逃げされてホームレスになったオカマ、職を転々としスーパーのレジ内で糊口をしのいでいる26歳の元OL。
彼らに共通しているのは、「明日の話はしない」というルールを決めていること。

永嶋さん3冊目。今までの話も読んだ後「ぞわぞわ」とする物語だったので、今回もちょっと心して読みました。やっぱり。物語の最後にまったく未来がないというのか、希望のかけらもないというのか…

明日を期待してもいいことなんてない、明日なんて来ないかもしれない。そんな気持ちから「明日の話はしない」という主人公達。そんな「明日の話はしない」という言葉で始まる3つの物語と別々の物語だと思ってた3編が実はつながっていたとわかる「最終話 供述調書」

巧みに名前を変えていたりするので、同じ人が出てくるんだって3話目の最後のほうまで気がつきませんでした。最終話で「あぁ、よかったね」じゃなく、読み終わったと「なんでなの???」ってなります。
「第一話 小児病棟」
治療のために入院しているマミ。同室のファドの所に毎日お見舞いに来る双子の姉ミド。用事があって看護師の母親の所にやってきた同い年のボーちゃんと仲良くなり、ポケベルを使って連絡を取っていた。

「第二話 一九九八年の思い出」
男に金を持ち逃げされ一文無しになり、ホームレスとなったオカマの亜沙美。最近中学生の女の子がホームレスのたまり場にやってきて安いお金で援交をしている。彼氏と思われる男の子が一緒にやってくる。暫くしたら違う男の子が火炎瓶を投げ込んだ。元塾講師の佐藤さんが知ってる男の子だと言う。

「第三話 ルームメイト」
大学を中退してから職を転々とし、いまはスーパーのレジ打ちで糊口をしのぐ26歳のアイ。今は彼ユウの知り合いだと言うケイとその友達であまり喋らないエフも一緒に住むようになった。泥棒の濡れ衣を着せられスーパーの仕事を辞めたアイに銀行強盗の話を持ちかけるケイとエフ。

「最終話 供述調書」
郵便局を襲撃し、逮捕された実行犯が明かす子供の頃からの話。
| 本:な行(その他の作家) | 21:28 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 21:28 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
永嶋恵美 「明日の話はしない」 
子供の病気の話しに始まって、金融機関襲撃の結果で終わる一連の話の真の主人公の娘は、かなり不幸です。
| ゼロから | 2010/09/11 11:29 PM |