CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「ロマンティックな雑貨と暮らす」柳沢小実 | main | 恋する日曜日 私。恋した >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「ボックス!」百田尚樹
ボックス!
ボックス!
百田尚樹
JUGEMテーマ:読書


高校ボクシング部を舞台に、天才的ボクシングセンスの鏑矢、進学コースの秀才・木樽という二人の少年を軸に交錯する友情、闘い、挫折、そして栄光。二人を見守る英語教師・耀子、立ちはだかるライバルたち......。様々な経験を経て二人が掴み取ったものは!?

長いこと図書館の予約待ちしました。熱かった!!!すごく面白かったです。最近、ほんのちょっぴりだけボクササイズをやっているので、ジャブとかフックって言われたらどんなパンチなのかがイメージできてよかったな。

恵美須高校の特進暮らすに通う木樽優紀は高校で幼なじみの鏑矢義平と再会する。カブこと鏑矢は天才的ボクサー。ある出来事がきっかけで強くなりたいとおもった優紀はボクシング部に入部し、こつこつと努力をしていく。優紀と顧問の耀子の視点で語られるボクシング部の物語。
ボクシングについて、高校生の試合について、プロとの違いなどが詳しく書かれています。

天才的な才能を持ち、風を巻き起こす。自分が負ける「恐怖」なんて全く感じない鏑矢。子どもの頃から虐められていて、カブを尊敬し、生真面目に体を鍛える優紀。才能を持ち、そして「恐怖」も知っている稲本。それぞれのボクシングに対する気持ちの違いや、スタイルの違いなどが興味深かったです。

ボクシング部の部員たちがみんな爽やか。監督の沢木は放任主義だったのに、優紀の成長を見て熱血になっていく。その沢木の過去も興味深い。そしてマネージャーの丸野。特進クラスで常に1位。体が弱い丸野が試合会場で「鏑矢く〜〜〜ん」と声をあげる。彼女の存在が太陽のようでした。
| 本:は行(その他の作家) | 19:37 | comments(8) | trackbacks(6) |
スポンサーサイト
| - | 19:37 | - | - |
コメント
585ページもあるのに、あっという間に読めました。
すごく熱かったですよね。
鏑矢、優紀、稲本、それぞれのスタイルの違いがよく描かれていました。
爽やかな部員たち、
特に、丸野に毒気を抜かれる鏑矢が笑えました。
何度かグッときて涙をこらえる場面もありました。

最近は、ボクササイズまでやっているのですか?すごいです。
| 藍色 | 2009/02/06 11:12 PM |
藍色さん、おはようござます。
本当に熱かったです!
まるで私も部員の一人(それはおこがましいか。
部員の母親かしらね)になった気分。
ボクシングの戦いに色んなスタイルがある事にも驚きました。
丸野の存在、素敵でしたよね。
写真に触れてから試合に行くところとかグっときました。

そうなんです。最近ボクササイズも。
腕の筋肉がすごい事になってます(笑)
| なな | 2009/02/08 8:51 AM |
ななさん、こんにちは。
「ボックス」おもしろかったですね。
うちの娘も夢中になって読んでいて、読み終わってからもしばらくの間、この本のことばかり話していました。
ボクササイズは、どこかで習っているのですか?
| 牛くんの母 | 2009/02/08 9:42 AM |
こんばんは。
ボクササイズとは、ビックリです。すごい!
体験してるとまた違う感想もありそうです。

本当に熱いお話で、夢中になって読んでました。
登場人物、みんなかっこよかった!!
本屋大賞にもノミネートされましたし、さらに図書館予約とか増えそうですね。
| ちきちき | 2009/02/08 6:52 PM |
面白かったですよね!
私は耀子先生目線でずっと応援していました。(ってそれもおこがましいですが)

痛そうな格闘モノって観戦するのも苦手なんですが、そんな先入観を取り払ってくれた話でした。
本と出会わなければ興味のない世界を知る事もないでしょう。
読書って素晴らしい!

ななさん、そんなに鍛えてどうなっちゃうんですか??
| たまま | 2009/02/09 9:18 AM |
◇牛くんの母さんへ

この本、読み終わってからあれやこれや語りたくなりますよね。
お嬢さんの気持ちよくわかります。
ボクササイズはホットヨガのクラスです。

◇ちきちきさんへ

そうなんです。パンチがどんなのだか頭の中でイメージできました。多分、やってなかったら臨場感なかったかも。
本屋大賞、取ってくれたらいいいですね。

◇たままさんへ

耀子先生目線ですか。
じゃぁ優紀をさらりとかわし、鏑矢にドキドキですね(笑)
ボクシングの過酷さ、プロと高校生の違いなど
絶対に知る事がなかった世界だったので面白かったです。

私、こんなに鍛えてどうなっちゃうんだろう…
自分でも夏に肌を露出出来るのか?って心配。
あまりにも筋肉質で恥ずかしいかも。
| なな | 2009/02/09 9:12 PM |
ななさん☆こんばんは
ストイックさがビシビシ伝わってきて、とても楽しく読み続けることができました。

2分スパーリングを昔やったことがあるんですが、あれは辛いですよねぇ。(-_-;)
ボクサーはえらいなぁ〜!
| Roko | 2009/07/07 10:04 PM |
Rokoさん、おはようございます。

ボクシングって観る分には面白いけど
一歩間違えば「死」があるし
やってる人にとってはいつだって真剣勝負なんだって
そんな事感じました。

熱い、熱い、物語でしたね。
| なな | 2009/07/08 8:54 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
ボックス! 百田尚樹
電車で高校教師耀子の窮地を救ったのは、学校のボクシング部員、鏑矢でした。 幼なじみの鏑矢の強さに憧れる秀才の優紀は、ある屈辱からボク...
| 粋な提案 | 2009/02/06 11:14 PM |
「ボックス!」(百田尚樹)
ヘタレオオカミさん、おすすめの「ボックス!」、読みました!! 実は、先に娘が読んで、「よかったよ〜」と大騒ぎしていたので、あわてて読...
| 心に残る本 | 2009/02/08 9:44 AM |
ボックス!
JUGEMテーマ:読書 高校ボクシング部を舞台に、天才的ボクシングセンスの鏑矢、進学コースの秀才・木樽という二人の少年を軸に交錯する友情、闘い、挫折、そして栄光。二人を見守る英語教師・耀子、立ちはだかるライバルたち......。様々な経験を経て二人が掴み取った
| ぼちぼち | 2009/02/08 6:53 PM |
『ボックス!」』 百田尚樹
ボックス!posted with amazlet at 09.07.06 百田尚
| Roko's Favorite Things | 2009/07/07 10:07 PM |
百田尚樹『ボックス!』
ボックス!百田 尚樹太田出版このアイテムの詳細を見る 「心に残る本」の牛くんの母様推薦→記事はこちら 今回は、百田尚樹『ボックス!』を紹介します。高校のアマチュアボクシングの話です。中心人物は、運動神経にすぐれ、天才肌のボクサーの鏑矢といじめられたこと
| itchy1976の日記 | 2010/01/18 9:45 PM |
「ボックス!」百田尚樹
高校のボクシング競技を描いた「ボックス!」を読んだ。 09年本屋大賞5位だが、評価は高い。    【送料無料】ボックス!価格:1,869円(税込、送料別) パターンとしては、いじめられっ子がボクシングを始める「はじめの一歩」。 高校生がインターハイを目指すと
| りゅうちゃん別館 | 2011/08/07 6:37 PM |