CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 幸せになるための27のドレス | main | 「山魔の如き嗤うもの」三津田信三 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「土井徹先生の診療事件簿」五十嵐貴久
土井徹先生の診療事件簿
土井徹先生の診療事件簿
五十嵐 貴久
JUGEMテーマ:読書


事件の真相は、動物たちが知っている!?いつでも暇な副署長・令子、「動物と話せる」獣医・土井先生、おしゃまな先生の孫・桃子。――動物にまつわるフシギな事件を、オカシなトリオが解決!

なんだかねぇ〜サクサク読めるのですが、どうも途中で眠くなる。夜、気がついたら寝てた!って言うのを何度も繰り返してしまった。

原因は令子です。どうも令子が好きになれない!キャリアで警察の副署長。これといって仕事がなく、話相手もいないのが悩み。たまに事件が起こり電話がかかると怒ったりするのです。お父さんは名刑事で、亡くなって5年経っても部下達に慕われているのにねぇ。

殉職警官を父親にもち、東大卒の令子は就職難から公務員になることにした。国家公務員擬鏤邯海帽膤覆掘¬招沙だった父を慕う警察上層部によって警察庁ひにっぱられた。キャリアとして南武蔵野署の副署長のポストに就いた令子。仕事はほとんどない。ある事件で知り合った獣医の土井先生に導かれ事件を未然に防ぐことが出来た令子は、日曜日に土井先生と食事をしながら愚痴を聞いてもらう。

動物と会話が出来るという土井先生が動物の色々を語るのです。それは結構面白かった。かえるみたいに鳴くヤドカリとか、石鹸のにおいで猫が笑ったような顔になるとか、鴉は黄色を強く認識するので黄色があるとそれ以外の色が目立たなくなる、とか。
「老人と犬」
警察OBでパチンコ屋に景品をおろす会社の会長・小山田が1ヶ月前から体調を崩しているが、何ものかに狙われていると主張している。令子が話を聞きに行くと、小山田は妻を怒鳴ってばかりだった。ちょっと庭に出たときに見かけた飼い犬。そして獣医の土井と孫娘の桃子とであった。

「奇妙な痕跡」
署長の奥さんが交通事故にあい、かわりに全部会の会議に出席することに。署長は時間には間に合ったが、少し休憩をしていた。副署長室に帰ってみると何者かが机の上の物を動かした後が。そしてそれから10日後、パーテーションで仕切られている署長の部屋からへんな内容の電話の会話が聞こえてきた。

「かえるのうたが、きこえてくるよ」
日曜日、近所の億ションで殺人事件が起こったらしい。幸い犯人は現場に物を届けに来たバイク便の人に取り押さえられていた。事件解決かと思ったが捕まった犯人は「自分は殺していない」と言う。

「笑う猫」
近所で有名な猫屋敷。50匹からの猫を飼っている。最近、その家の悪臭がひどいと近所からの通報があり、土井先生を伴って家を見に行った。その家には80代の老女と41歳になるひきこもりの孫が住んでいる。

「おそるべき子供たち」
母親の友達から相談を受けた。最近東京に越してきたばかり。中学生の息子は学校に言ってるが、5歳の娘は夏休み明けまで家で過ごしている。ある日、母親が子供の部屋を掃除していたら天袋からアダルト雑誌を発見した。息子が万引きをしているのでは?と疑う母親。

「トゥルーカラー」
警察犬訓練士の竹内さんは令子が署内で話を出来る女性だ。最近、竹内さんが訓練している犬用の石鹸が盗まれていると言う。犯人探しをする令子。

「警官殺し」
父親の部下で交番勤務の近藤巡査。彼が何ものかに殺され、犯人は拳銃を持って逃走した。発見したのが早かったのが幸いして、犯人が自首してきた。暴力団同士の抗争のために拳銃が欲しかったという犯人。警察官を殺すつもりはなかったと言う。
| 本:あ行(五十嵐貴久) | 23:54 | comments(5) | trackbacks(4) |
スポンサーサイト
| - | 23:54 | - | - |
コメント
軽〜く読めましたね。
読んでいて主役がどっちなのか、わかりにくかったのが残念です。
でも、一般には知られていない、いろいろな動物たちの習性は、面白かったです。
この終わり方は不満が残りました。
なので、続編を期待しています。
| 藍色 | 2009/01/27 3:10 PM |
そうそう。読みやすいけれど、集中力が続かない。
その原因は令子に大ありですよね。
令子のキャラを何とかして欲しかったです。
| しんちゃん | 2009/01/27 5:39 PM |
◇藍色さんへ

そうそう。読み始めてから「令子は土井じゃない??」と
何度か表紙を見て文字を追って…ってやっちゃいました。
最後の話は続きが知りたくなりますよね。

◇しんちゃんへ

やっぱり令子ですよね。
なんだか冷めてるというのか
かわいげ全くなし!でね。
| なな | 2009/01/27 9:52 PM |
こんばんは。ご無沙汰ですm(__)m

やっぱり、令子ですよね。
もう、本当もうちょっとちゃんとして!ってぷりぷりしながら読んでました。
動物たちの話は興味深かったので、ちょっと残念なのです。
| ちきちき | 2009/02/02 10:07 PM |
ちきちきさん、こんにちは。
もう大丈夫ですか?
お大事にしてくださいね。

令子、おまえだ〜〜!って感じです。
恵まれてるのにあのやる気のなさ、イヤミにさえ感じます。
動物達の話は「へぇ〜〜」だったんですけどね。
| なな | 2009/02/04 1:54 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/1543
トラックバック
【五十嵐貴久】土井徹先生の診療事件簿
 五十嵐貴久の新作は、三つの雑誌に不定期に掲載された7編をまとめた連作短編集。もうかれこれ三週間近く前に『2005年のロケットボーイズ』を読んだのだが、返却日が迫っている都合上こっちを先に書かねば、なのである。 幻冬舎 2008/11/10 第1刷発行  主人公
| higeruの大活字読書録 | 2009/01/27 6:51 AM |
土井徹先生の診療事件簿 五十嵐貴久
装画は中村佑介。装幀はモリサキデザイン。Jノベル、パピルス、ポンツーン等掲載。 殉職警官の娘、立花令子は南武蔵野署の暇な副署長。初老...
| 粋な提案 | 2009/01/27 3:11 PM |
「土井徹先生の診療事件簿」五十嵐貴久
土井徹先生の診療事件簿(2008/11)五十嵐 貴久商品詳細を見る 殉職警官を父に持つ令子は、24歳にして南武蔵野署の副署長。毎日暇にしていたら、「...
| しんちゃんの買い物帳 | 2009/01/27 5:39 PM |
土井徹先生の診療事件簿
JUGEMテーマ:読書 事件の真相は、動物たちが知っている!?いつでも暇な副署長・令子、「動物と話せる」獣医・土井先生、おしゃまな先生の孫・桃子。――動物にまつわるフシギな事件を、オカシなトリオが解決! 幻冬舎HPより なんだかなあ。 なんですか、このおね
| ぼちぼち | 2009/02/02 10:14 PM |