CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 不都合な真実 | main | ラスベガスをぶっつぶせ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「キネマの神様」原田マハ
キネマの神様
キネマの神様
原田 マハ
JUGEMテーマ:読書


39歳独身の歩(あゆみ)は、社内抗争に巻き込まれて会社を辞める。歩の父は趣味は映画とギャンブルという人で、借金を繰り返していた。ある日、歩が書いた映画に対する熱い思いを、父が映画専門誌「映友」のサイトに投稿したことから、歩は編集部にスカウトされる。だが実は、サイトの管理人が面白がっていたのは父自身の文章だったことが判明。「映友」は部数低迷を打開するために、また歩は父のギャンブル依存を断つために、父の映画ブログ「キネマの神様」をスタートさせた――。

うわ〜最高!面白かった。原田さんの小説、大好きです。毎回夢中で読んでしまう。時々クスクス笑っちゃうところがあって夫に「よく笑うね、面白い本なの?」って聞かれたと思ったら、ラストの方では目がウルウルしてきちゃうし。

歩が退職届を出した日、父親が心筋梗塞で倒れた。父が入院しているあいだ、マンションの管理人として留守を預かった歩は、父が長いことつけていた膨大な量の映画評みつける。父親が通っていた名画座「テアトル」で「ニューシネマパラダイス」を見た歩は、父の文章を真似して文章を書き、父のノートに挟んでおいた。麻雀も競馬もしてはいけない、借金は自分で返すことと言われた父親はネットカフェでネットの仕方をおそわり、娘の文章を勝手に老舗映画雑誌「映友」のブログに投稿してしまう。それがきっかけで歩は「映友」の編集部にライターとして起用され、父も「キネマの神様」と題した映画ブログを展開することになる。少しずつ変わっていく歩と父。父のサイトが英語訳され、英語でコメントが寄せられ…

今回は映画の物語。ゴウが書く映画の感想にいちいち頷きました。まるでゴウやローズ・バッドが本当にいるんじゃないか、サイト「キネマの神様」があるんじゃないか位の勢いで入り込んでしまいました。

歩の元後輩でアメリカに駆け落ちした清音、映友の編集長・高峰と引きこもりの息子、社員の新村。名画座の支配人・寺林。そしてナゾのブロガー・ローズ・バッドなどなど。どの人たちもいい人で、色々な話が面白いのです。

サブタイトルの「The Name above the Title」ローズ・バッドによると昔ハリウッドの映画人たちは映画のオープニングで、スクリーンにタイトルより先に自分の名前が出てくるような大物になりたいと憧れていたそうで、その事だそうです。

| 本:は行(原田マハ) | 21:04 | comments(12) | trackbacks(8) |
スポンサーサイト
| - | 21:04 | - | - |
コメント
すご〜く良かったですよね、これ。
ゴウとローズ・バッドの映画評が見事で、
映画への愛情が溢れてました。
ラストの映画のタイトルが分からなくって…
そこだけが心残り。
いろんな映画をみたいなぁ〜と心から思いました。
| エビノート | 2009/01/27 9:34 PM |
エビノートさん、こんばんは。
本当に、読んだ後ため息が出ました。
よかった!!!
映画への愛情が溢れてましたね。
ラストの映画、私もわからなくて
それがすごく心残りでした。
| なな | 2009/01/27 10:04 PM |
ななさんと同じように映画がとっても好きなので、
ゴウが書く映画の感想に思いっきり入り込んで、読んじゃいました。
ゴウとローズ・バッドのやり取りに、そういう見方もできるのかって
なかなか新鮮な体験でした。
上記の疑問については、気になってちょっと読み返してみて確認。
たぶん、ご期待に添えたと思います。
こちらのサイトで回答しておきました。
| 藍色 | 2009/02/03 4:30 AM |
ななさんの書評を見て即予約して読みました〜
面白かった!
人間味あふれる人々に魅了されました。

最近映画はすっかりご無沙汰の私ですが、ここに出ていた作品は是非観なくては‥!家ではなく名画座で!って気持ちになりました。
| たまま | 2009/02/03 9:49 AM |
◇藍色さんへ

なぜだかこの本を読んで藍色さんのこと思い出したのです。
藍色さんも二人のやり取りに参加できると思います。
いつもすごく深い洞察力ですから。
ラストの映画、調べていただいてありがとうございました。
なるほど〜です。

◇たままさんへ

よかったでしょ。
読んだ後幸せな気分につつまれますよね。
みんな映画に対する、相手に対する「愛」を持ってる。
そして映画を映画館で観たくなります。
| なな | 2009/02/04 2:12 PM |
昨年カフーを読んで気がつけばコンプしてました。
原田さんいいよね〜!
今回も、人への愛、映画への愛を堪能できました。
原田さんは愛の作家だ。
| しんちゃん | 2009/02/06 2:13 PM |
しんちゃん、こんばんは。
本当に原田さんいいです。
毎回楽しみに読んじゃってます。
「愛の作家」本当にそうです。
| なな | 2009/02/06 9:27 PM |
ななさん、こんばんは。
登場人物たちの映画を愛する気持ちに感染して、
ほかほかと温かくなりました。
面白くて、幸せで、泣ける、素敵な作品ですね。
映画の感想も夢中で読んでました。
懐かしの映画を観たい!
| 雪芽 | 2009/02/23 8:01 PM |
雪芽さん、こんばんは。
本当に素敵な物語でした。
登場人物、みんな、気持ちが優しくて
幸せな気持ちになれますよね。
映画が観たくなります。
| なな | 2009/02/23 8:45 PM |
ななさん、こんばんは♪
やっと感想書きました(笑)
原田さんは恋愛小説のイメージ強かったけど、いい意味で裏切られました。
機会があれば他の作品も読みたいですね。
その前に名画みたいですわ(笑)
| トラキチ | 2009/04/11 8:45 PM |
ななさん、こんにちは! TBさせていただきました。
この本、あるブロガーさんにオススメいただいて読んだのですが、本当によかったです。
終盤はもう、涙、涙で・・・。
原田マハさんの本、初めてだったんですがまた読んでみたいです。
ではでは〜。
| 真紅 | 2009/04/13 2:30 PM |
◇トラキチさんへ

お返事おそくなりました。
原田さん、私はすごく相性がいいみたいで
どれもひきこまれるんです。
他のもぜひぜひ♪
映画も見たくなりますよね。

◇真紅さんへ

おへんじ遅くなりました。
本当に素敵な人達の物語でした。
真紅さんも映画好きだから、グっとくるものあったのでは?
原田さん、いいですよ♪
| なな | 2009/04/15 12:06 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/1537
トラックバック
キネマの神様 〔原田 マハ〕
キネマの神様原田 マハ文藝春秋 2008-12売り上げランキング : 107107おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ この世に映画がある限り、人々は映画館へ出かけていくだろう。 家族と、友人と、恋人と…。 壊れかけた家族を映画が救う、感動の物語。
| まったり読書日記 | 2009/01/27 9:25 PM |
キネマの神様 原田マハ
四十を前に、突然会社を辞めた娘。映画とギャンブルに依存するダメな父。 二人に舞い降りた奇跡とは―。壊れかけた家族を映画が救う、奇跡の...
| 粋な提案 | 2009/02/03 4:30 AM |
「キネマの神様」原田マハ
キネマの神様(2008/12)原田 マハ商品詳細を見る 父が入院した日は、奇しくも歩が十七年間務めた会社に辞表を提出したその日だった。こんな一大...
| しんちゃんの買い物帳 | 2009/02/06 2:13 PM |
「キネマの神様」 原田マハ
思いもよらない如月の雨、弥生の陽射し、二月なのにアスファルトがみえていた道路は、またすっかり雪の下に埋もれてしまった。よくよく降る雪だことと半ば呆れる。そう簡単に春は来ない。じれったくも行きつ戻りつを繰り返しようやく季節は変わる。季節に倣うわけではな
| コンパス・ローズ  compass rose | 2009/02/23 7:53 PM |
『キネマの神様』 原田マハ (文藝春秋)
<作者の父親に対する愛情が滲み出た作品、映画好きな人は必読ですね。> 原田マハさん、初挑戦しました。 ご存知の方も多いと思いますが、原田さんは作家の原田宗典さんの実妹にあたる。 2006年に第1回日本ラブストーリー大賞(宝島社主催)を『カフーを待ち
| 続 活字中毒日記 | 2009/04/11 7:49 PM |
この世に映画がある限り〜『キネマの神様』
  The Name above the Title  80歳を目前にしても映画とギャンブルに熱中し、多重債務を抱えた老父。片や 40歳を目前にして会社を辞め、課...
| 真紅のthinkingdays | 2009/04/13 2:28 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2013/01/07 3:10 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2013/04/12 10:29 PM |