CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「極上のおやつ」 | main | 不都合な真実 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「森に眠る魚」角田光代
森に眠る魚
森に眠る魚
角田 光代
JUGEMテーマ:読書


東京の文教地区の町で出会った5人の母親。育児を通してしだいに心を許しあうが、いつしかその関係性は変容していた。―あの人たちと離れればいい。なぜ私を置いてゆくの。そうだ、終わらせなきゃ。心の声は幾重にもせめぎあい、壊れた日々の亀裂へと追いつめられてゆく。

東京都文京区で起きた、主婦による幼児殺害事件をモチーフになっているそうです。どんどん悪い方向へ向っていく5人の人間関係、それぞれの気持ち。途中読むのが辛くなって他の本に手を伸ばしてみたりして。

27歳の繭子は新しい街で子供を妊娠した。引っ込み思案な息子・一俊と容子、母親に息子を預けスポーツクラブに通う千花、息子光太郎が生まれてからボランティア中断している瞳、一人娘の衿香に受験の準備をさせながら、婚前から付き合っている男ときれていないかおり。

それぞれ生きてきた過程があり、育ってきた環境も今の生活レベルも違う5人。子供を介して知り合い、仲良くなった5人ですが、受験や生活環境、考え方の違いなど、お互いに違和感を感じ始めギクシャクする。
娘が少し大きくて、生活レベルの違うかおるは別ですが、残りの4人の楽しそうな日々。4人の中で3人が妊娠し、出産後に写真館で写真を撮る。そこら辺まではすごくいいのですが、子供たちが年中になり、周囲に「受験」がちらつくようになってからの人間関係があっという間に悪くなります。

あの人みたいになりたい、あの人とは似てる部分がある、そんな事で近づいていく。近づくだけだったらいいけど、生活を真似したり会っていない時間に何をしていたのか以上に気になる。ほとんどストーカーです。だけど近づかれた相手にはほかに近づきたい人がいて、誰かにとり付かれる事が負担になる。避ける、すると追いかける。こういうのってありそうです。

受験だって「子供のため」と言いつつも自分の見得だったり、自分と親の確執だったり。それぞれの夫が反対しつつも「子どもの事は結局最後は奥さん任せ」って立場を取り続けているところが、そうだろうなぁとも思いながら、怖ろしいです。

私自身の事を考えてみたら、やっぱり主婦となって狭い世界で暮らしてると「世の中の基準」とかから疎くなってしまうんですよね。ついつい主婦世界の「普通」で物を考え、発言してる。だから、誰かに文句を言いたい時なんかは夫や職場の同僚に「こういうことがあって、こういう風に言おうかと思うんだけどどうおもう?」って聞く様にしてます。

後半名前を書かずに「彼女」形式で書いてる文章。それぞれが日々の生活に疲れてます。「掃除をして、洗濯をして、料理をして。同じことの繰り返し」今が何日で何時で自分が何を考えてるのかわからなくなっちゃう。オットの事子供のこと、家の事って自分の思い通りにならないことばかり。諦め、諦め、諦めの日々なんですよね。主婦ってそういう事考えると思うんだけど、思いっきりマイナス思考に傾いちゃった「彼女」たちが怖かった。
| 本:か行(角田光代) | 22:13 | comments(6) | trackbacks(5) |
スポンサーサイト
| - | 22:13 | - | - |
コメント
こんにちは!
お受験の経験は無いものの、子供を持つお母さんならば、誰もが多少なりとも、経験した気持ちみたいのが、書かれていましたね。

>誰かに文句を言いたい時なんかは夫や職場の同僚に「こういうことがあって、こういう風に言おうかと思うんだけどどうおもう?」って聞く様にしてます。
 これは良いですね!私も参考にさせていただきます♪

>「掃除をして、洗濯をして、料理をして。同じことの繰り返し」
このセリフが何度も登場してましたね。凄くこれ、主婦の気持ちを代弁してる?様に思いました。
| latifa | 2009/02/03 1:55 PM |
latifaさん、こんばんは。
そうですよね。あぁ、こういう風になるのわかるって思う部分がたくさんありました。
「掃除をして、洗濯をして、料理をして。同じことの繰り返し」
本当にこれは主婦の気持ちを代弁してると思います。
週末なんてこの3つしかしないで一日終わった…って思うことありますもん。
| なな | 2009/02/04 9:07 PM |
こんばんは。
壊れていくお母さんが怖かったです。
特に容子さんがなんともまあ…。精神を病んだ?
でも、何事も起こらなくてホッとしました(笑)

| しんちゃん | 2009/02/21 7:57 PM |
しんちゃん、こんばんは。
壊れていく姿怖かったですね。
でも、こういう狂気は私のすぐ近くにもあって
ちょっと間違うとそっち側に転がっていくこともなきにしもあらず…って感じ。
| なな | 2009/02/21 8:58 PM |
ああわかるかも‥って世界でした。
私も専業主婦に煮詰まってしまうタイプなので、今仕事を持っていて正直救われています。

子どもを追い込む事だけはしたくないですね。
衿ちゃんが怖かった!
| たまま | 2009/05/01 9:02 AM |
たままさん、おはようございます。
やっぱり「主婦」じゃない世界を持って
視野を広げておかないと煮詰まりますよね。
親のエゴに巻き込まれる子供、かわいそうです。
| なな | 2009/05/02 5:30 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
「森に眠る魚」注意!ネタバレしまくり感想 
未読の方は注意してください。今回は、ネタバレ部分を白文字で書かずに、思った事全部書いちゃってます!!99年に起きた「文京区幼女殺人事件」を連想させられる小説。
| ポコアポコヤ | 2009/02/03 1:51 PM |
「森に眠る魚」角田光代
森に眠る魚(2008/12)角田 光代商品詳細を見る 引っ越してきて、新人ママになった繁田繭子。ものすごい人見知りをする息子を持つ久野容子。息子...
| しんちゃんの買い物帳 | 2009/02/21 7:55 PM |
森に眠る魚/角田光代
JUGEMテーマ:読書 読書期間:2009/3/25〜2009/3/29 [双葉社HPより] 東京の文教地区の街で出会った5人の母親。育児を通してしだいに心を許しあうが、いつしかその関係性は変容していた。――あの人たちと離れればいい。なぜ私を置いてゆくの。そうだ、終わらせ
| hibidoku〜日々、読書〜 | 2009/04/18 11:45 AM |
森に眠る魚  角田光代
森に眠る魚/角田 光代 角田光代 双葉社 2008 STORY: 同じ幼稚園に通うことになった3人と産院で出会った1人、そして、その同じマンションに住む1人の5人が仲良くなるが、子供のお受験などをきっかけにぎくしゃくとし出し…。 感想:  色々なタイプの母
| 読書・映画・ドラマetc覚書(アメブロ版) | 2009/09/23 3:02 PM |
「森に眠る魚」角田光代
都内の文教地区に住む5人の主婦。子どもの教育でドロドロした人間関係を描く。 嫉妬と誤解が恐ろしい。    【送料無料】森に眠る魚 [ 角田光代 ]価格:720円(税込、送料別) 「人は人、自分は自分」と思っていても、人は弱い。 他人の生活がとても気になる。 加え
| りゅうちゃん別館 | 2012/09/17 9:14 AM |