CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「傍聞き」長岡弘樹 | main | 「大どろぼうホッツェンプロッツふたたびあらわる」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「イノセント・ゲリラの祝祭」海堂尊
イノセント・ゲリラの祝祭
イノセント・ゲリラの祝祭
海堂 尊
JUGEMテーマ:読書


高階院長の依頼により厚労省の会議に出席することになった田口。依頼したのは白鳥。行き先は白鳥の本丸・医療事故調査委員会。さまざまな思惑が飛び交う会議に出席した田口は、グズグズの医療行政の現実を知ることに・・・・



リスクマネジメント委員会委員長の田口は、厚労省役人・火食い鳥こと白鳥に招聘されて、厚労省の「医療関連死モデル事業」検討会に出席した。ところがその場でミスター厚労省こと八神課長からの通達が。「モデル事業」は今回で解散し新に新組織が作られるので、次回からはそちらの検討会「医療事故調査委員会創設検討会」に取って代わるという。明らかははしご外し。白鳥によってその委員会にねじ込まれた田口。

そして白鳥は彦根のもとへ向った。田口の3つ下の後輩彦根。彼は数年前に医者のストライキを影であやつったとして医療界から追放されている男。その彼が動いた。ドイツでの学会出席の時にあったクリフ。そしてドイツで研究をしていた桧山シオンを伴っての帰国。
現在の医療の問題点を次々に小説にしていく海堂さん。本当にすごいです。

厚労省のことを「官僚には医療なんてどうでもいいことです。大切なのはカネと法律。法律の整合性と予算の分捕りが至上命題な、それ以外に傾注するのはバカだと信じる。それが官僚です」って。国策の“メタボ”にしても「本当に国民の健康増進に有効かどうか明らかになるまで十年以上かかる。結果が出るころには俺たちは、どこぞに天下り悠々自適で高みの見物。俺たちの仕事はその繰り返し、自分の食い扶持の確保に心血を注ぐだけさ」ですって。一般市民をなんだと思ってるんだ!!!

「死因不明社会」で書いていた事を今回は小説仕立てで書いてます。解剖率2%の日本。解剖するには25万かかり、現在それを負担しているのは病院。不審な死を「心不全」とする警察医、ところが心不全とは心臓の機能不全状態を指していて、死亡診断書に心不全と書くことは、実は死因不明、と書いたに等しい。と。

AIによって解消されるであろうそこら辺の問題も警察や厚労省、法務省からだけでなく病理学・法医学の医師からも反対を受ける。なかなか難しい問題なんですね。

彦根と桧山シオンのこれからの動きが気になるところです。

相関図が欲しい!って思ってたら「野生時代」1月号に載ってるって知りました。立ち読みしたんだけど、短編も載っていて欲しくなった。が、お財布を持たずにフラフラしていたので買えずじまい。そして気がついたら2月号が明日発売なのでした。あぁ、やっちゃった。
| 本:か行(海堂尊) | 22:30 | comments(6) | trackbacks(10) |
スポンサーサイト
| - | 22:30 | - | - |
コメント
会議の場面が多くてなんとなく単調だった印象でした。
ななさんと同じく『死因不明社会』みたいだとうちの息子も言ってました。

えっ相関図が!
『野生時代』私も見たいです〜!
バックナンバー取り寄せできるかなぁ?
| たまま | 2009/01/14 9:01 AM |
たままさん、こんばんは。
海堂さんが現在の医療関係でいいたい事がいっぱい詰まった本でしたね。
厚労省の人たちがつける会議の名前がどれもこれもサッパリ頭に入ってこない!

「野生時代」の相関図、現在・過去・未来にわかれていて
人物商会もありました。
お財布もって行かなかったのが悔やまれます。
| なな | 2009/01/14 9:58 PM |
人物相関図は、買ってもすぐに追いつかなくなりそう。
この人は三日で本を書く人だから(笑)
でもちょっと見たかったなぁ。
大きな書店で探してみようかな^^;
| しんちゃん | 2009/01/16 6:41 PM |
しんちゃん、そうなんです。
相関図、へぇ〜って思うんだけど本がもう一度読みたくなる。
その後についてた短編に出てくる天才的な外科医が誰なのかが知りたくて、知りたくて。
しんちゃん、本探してその短編も読んでみてください。
そして外科医が誰なのか私に教えて!!!
| なな | 2009/01/16 9:12 PM |
ななさん、こんにちは。
今回の作品は、ちょっと疑問を感じている人が多いみたいですね。
私はグッチー先生を狂言回しにして海堂さんの主張と役所の論理を戦わせ、一般人である読者を啓蒙(といったら大げさですが^_^;)しているように思えました。
確かにミステリーだと思って読んだ人はちょっと期待外れだったのでしょうけど、私はなかなか興味深く読めました。
とはいっても、桜宮から出ていたた人が大集合している極北市のことはとっても気になる…次はぜひ、”北”の話が読みたいですね〜。
| 山手のドルフィン | 2009/02/15 9:28 PM |
山手のドルフィンさん、こんばんは。
私もドルフィンさんの「啓蒙」に賛成です。
そしてすごく興味深く読みました。
次作はたしか北の話になるとどこかのブログで見たような気がします。が、探せなかった…
| なな | 2009/02/16 8:44 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/1526
トラックバック
「イノセント・ゲリラの祝祭」海堂尊
イノセント・ゲリラの祝祭(2008/11/07)海堂 尊商品詳細を見る 東城大学医学部付属病院不定愁訴外来の責任者で、万年講師の田口公平は、いつもの...
| しんちゃんの買い物帳 | 2009/01/16 6:40 PM |
【海堂尊】イノセント・ゲリラの祝祭
 今日が貸出期限なんですが、次に予約している人ごめんなさい。この記事をアップしたら近所の返却ボックスに返しに行きますぅ…。(^^; 宝島社 2008/11/21 第1刷発行  久々の「田口・白鳥シリーズ」。彼らが登場しない作品も含めて勝手に「桜宮シリーズ」と呼ん
| higeruの大活字読書録 | 2009/01/29 11:05 PM |
○読書記録○ 「イノセント・ゲリラの祝祭」 海堂尊
さて、いよいよ「イノセント・ゲリラ」です。
| The 近況報告! | 2009/02/15 8:23 PM |
海堂 尊 著 『イノセント・ゲリラの祝祭』
イノセント・ゲリラの祝祭 【単行本】 リスクマネジメント委員会委員長田口公平が招聘された 厚労省主催の「医療事故調査委員会創設検討会...
| 『映画な日々』 cinema-days | 2009/05/04 12:06 AM |
イノセント・ゲリラの祝祭
海堂尊著「イノセント・ゲリラの祝祭」を読了しましたー。「チーム・バチスタの栄光」に始まる田口&白鳥シリーズの本編4作目です。 でも、間に色んな外伝(?)を読んだので、本編ではまだ4作目だとは、ちょっと信じられない気がします。それくらい、もう海堂ワール
| Yuhiの読書日記+α | 2009/05/07 11:21 PM |
イノセント・ゲリラの祝祭/海堂尊
JUGEMテーマ:読書 読書期間:2009/6/7〜2009/6/12 [宝島社HPより] 東城大学医学部付属病院不定愁訴外来の責任者で、万年講師の田口公平は、いつものように高階病院長からの呼び出しを受けていた。高階病院長の“ささやかな”お願いは、厚生労働省主催の会議出席
| hibidoku〜日々、読書〜 | 2009/07/26 9:48 PM |
イノセント・ゲリラの祝祭<海堂尊>−(本:2009年読了)−
イノセント・ゲリラの祝祭クチコミを見る # 出版社: 宝島社 (2008/11/7) # ISBN-10: 4796666761 評価:79点 厚労省が主催する「医療事故調査委員会創設検討会」に東城大学医学部付属病院不定愁訴外来の責任者、おなじみの田口先生が招聘される。 黒幕は白鳥
| デコ親父はいつも減量中 | 2009/12/06 9:26 PM |
「イノセント・ゲリラの祝祭」海堂尊
「イノセント・ゲリラの祝祭」をやっと手にした。今まで図書館で予約が多くて読めなかった。      この作品は、海堂による多くの作品と同様。「チーム・バチスタの栄光」の設定をそのまま取り入れている。舞台が桜宮市ではなく、霞ヶ関という点が少し違う。だが、
| りゅうちゃんミストラル | 2010/02/18 10:09 AM |
『イノセント・ゲリラの祝祭』 海堂尊
<田口・白鳥シリーズ>の4作目。こちらも放ったらかしにしておいたら文庫になってしまいました。 おまけに短編『東京二十三区内外殺人事件』を組み込んだ全面改稿版、ということでちょっと悩んだんですが、まあこちらが決定版だろうと文庫版でチャレンジ。 最近こう
| 【徒然なるままに・・・】 | 2010/10/04 11:25 PM |
医療行政の実態
小説「イノセント・ゲリラの祝祭」を読みました。 著書は 海堂 尊 おなじみの田口・白鳥シリーズ第4弾 今回は医療行政がテーマで ちょっと 小難しいテーマながらも しっかりと エンタメ作品として読めるから流石です どこまで 本当なの?と思わせるほどの 医療行政
| 笑う学生の生活 | 2011/04/29 10:23 PM |