CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「天使の歩廊-ある建築家をめぐる物語」中村弦 | main | キャッチ・ア・ウェーブ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「天才探偵Sen 公園七不思議」大崎梢
天才探偵Sen 公園七不思議 (ポプラポケット文庫)
天才探偵Sen 公園七不思議 (ポプラポケット文庫)
大崎 梢,久都 りか
JUGEMテーマ:読書


テストはいつも満点。成績は学年一。診断テストも決まってトップ。他人はぼくのことを天才という。みんなにいわれてしかたなく探偵することになったけど、ぼくが本気になったら―解けない謎はない。

大崎さんの児童書。図書館に1冊しかなくて結構長いこと待ちました。小学校高学年向きってj描いてある市、最初に「けっこうこわい話もでてくるけど、ついてきてほしいな」って書いてあったので息子には読ませませんでした。

さつき小学校始まって以来の天才っていわれる千は、ちょっとクールな男の子。幼なじみの明るくてかわいくて、千に対してはえらそうな香奈と、王子様みたいにかっこいいのに気弱で千の言う事を何でも聞く信太郎の3人で壁新聞を作っていた。いつもは千の憧れの保健の先生・万希先生と話をするため保健についての話題ばかりだが、今回は香奈と信太郎に言われ「さつき町公園の七不思議」について調べることに。

さつき町にある7つの公園にはそれぞれ不思議がある。調べていくうちに5年前に起こった事件との関係を見つけ出す3人。
児童書らしい物語。公園にまつわるちょっと怖い噂話。「蒼穹の涙」というダイヤモンド。ちょっと型破りなお母さんが出てきたり。

千が美人が好きで保健の万希先生にメロメロなのも笑っちゃう。

でもね、大人の視線で読むと気になっちゃうんだな。いくら急いでいるからって同じ公園にブランコを2台設置しちゃうかしら???工事する人たちおっちょこちょいすぎます。
| 本:あ行(大崎梢) | 20:44 | comments(2) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 20:44 | - | - |
コメント
児童書らしい、軽いミステリーでしたね。
登場人物の配置もよかったです。
微笑ましく読めました。

忘れてました(汗)。
今年も、よろしくお願いします。
| 藍色 | 2009/01/10 10:21 AM |
藍色さん、こんばんは。
イラストも漫画チックだし、本当に微笑ましかったです。
続編も読まなきゃ!

そういえば…忘れていましたね(汗、汗)
今年も宜しくお願いします。
| なな | 2009/01/10 8:43 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/1519
トラックバック
天才探偵Sen公園七不思議 大崎梢
絵・久都りか。ポプラポケット文庫。 主人公で語り手の渋井千はさつき小学校の天才六年生。 クラスメイトの香奈と信太郎の三人で作ってい...
| 粋な提案 | 2009/01/10 10:21 AM |