CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「彼女について」よしもとばなな | main | 「どこから行っても遠い町」川上弘美 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
オリヲン座からの招待状
オリヲン座からの招待状 [DVD]
オリヲン座からの招待状 [DVD]

JUGEMテーマ:映画


製作年度: 2007年
監督: 三枝健起
上映時間: 116分
出演: 宮沢りえ, 加瀬亮, 中原ひとみ, 宇崎竜童, 原田芳雄, 樋口可南子, 田口トモロヲ

ある日、京都の小さな映画館“オリヲン座”から、ゆかりの人々に一通の招待状が届く。そこには、オリヲン座の閉館と謝恩最終興行開催の案内が記されていた。そしてその招待状は、かつてオリヲン座を遊び場とし、その後結婚して現在は別居中の夫婦、祐次と良枝のもとにも届いていた──。昭和25年の開館以来、オリヲン座の館主を務めてきた豊田松蔵(宇崎竜童)が病に倒れ、その弟子だった留吉(加瀬亮)が志を引き継ぎ、先代の妻トヨ(宮沢りえ)と映画館を守ることになった。映画産業が斜陽になり、周囲の人間に陰口をたたかれながらも、2人は映画を愛し、互いを思いやり続けた。

原作は浅田次郎氏の「オリヲン座からの招待状」「鉄道員(ぽっぽや)」収録だそうです。「鉄道員(ぽっぽや)」昔々に読んだけど忘れてます。

宮沢りえの演技がよかったな。ちょっと痩せすぎか…とは思うんだけど、かわいかったり、悲しかったり、慈しみだったりをすごく上手に表現していました。夫が亡くなった後鰹節を削りながら泣くシーンや自転車に乗るシーンはすごく印象的でした。こんな控えめできっちり主婦をする妻になりたいものです。

松蔵が亡くなり、トヨと留吉が二人で映画館を切り盛りしていくのですが、周りから陰口をたたかれます。その周囲の冷たい評価をどう乗り越えて行ったのか、ここら辺がはっきりと描かれていなかったのがちょっと不満かな。閉館を迎えた時の二人の関係は?蛍を蚊帳に放した時、初めて手を握った二人はその後どうしたんだろう?と気になりました。

みんな素敵だったんだけど大人になった祐次と良枝の演技がちょっと浮いてたような気がしなくもない。
| 見る(邦画) | 22:17 | comments(2) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 22:17 | - | - |
コメント
蛍を蚊帳に放した場面、情緒がありましたね。
その後、どうしたかは、想像にお任せになっていますが、関係があってもなかっても、純粋に相手を思う気持ちは変わらないだろうと思いました。
| | 2009/01/26 9:45 PM |
花さん、おはようございます。
蛍が静かに光っていて、静かで
そしてそっと手をつなぐ。
素敵でしたね。
| なな | 2009/01/27 10:01 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/1514
トラックバック
映画「オリヲン座からの招待状」
オリヲン座からの招待状 監督 三枝健起 出演 宮沢りえ, 樋口可南子, 中原ひとみ, 宇崎竜童, 加瀬亮 2007年 「オリヲン座は閉館することになりました」という閉館の知らせと最
| <花>の本と映画の感想 | 2009/01/26 9:41 PM |